<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
【お知らせ】9/27(火)は休業日です。

いつも当店をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

本日9/27(火)は展示会出張のため休業させていただきます。

オンラインストアの発送業務やお問い合わせの回答も明日以降の対応となりますのでご了承下さい。

 

明日は通常通り営業しております。

ご不便をおかけいたしますがどうぞよろしくお願い致します。

DESCENTE ALLTERAIN 隠れた名品。HCS DOWN SHIRT



ご存知、水沢ダウンに代表される未来的で革新的なアウトドアレーベル「 DESCENTE ALLTERAIN 」


水沢ダウンの入荷から、その一角は賑わいを見せておりますが、ハイエンドなインナーダウンの入荷もありました。


インナーダウンの良さは、やはり、着用するフィールドが幅広いことでしょうか。


秋のライトアウターとして、冬はインナーダウンとして、非常に軽量な着心地も後押しして、これはヘビロテの一着となりそうです。

DESCENTE  ALLTERAIN / H.C.S DOWN SHIRT ¥26,000- (+tax)



シュラフ(寝袋)の構造をヒントに、熱を逃さずに蓄える力はピカ一。


このウェアにも DESCENTE ALLTERAIN のテクノロジーが惜しみなく注がれています。


アウトドアな雰囲気が出過ぎないスリムなライン、ナイロンの近未来的な光沢感も都会的な魅力に溢れます。


この雰囲気だったら、オンスタイルの羽織モノやインナーとして合わせていただけそうです。


毎シーズンブラッシュアップを続ける優秀なアイテム、隠れた名品です。


※9月27日(火)は都合により臨時休業致します。
オンラインストア等の発送も翌日以降順次対応致します。
ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

yarmo ワークブランドなだけあって、実に使える一枚。

便利な一枚が、イギリスの老舗ワークウェアメーカー 「yarmo / ヤーモ」から届いています。


バンドカラーシャツに加えられたのはパッチポケット。


簡素で土臭い、ワークなアイテムが多いのですが、このシャツはポケットも一つ見どころ。




カバーオールのような便利さと、シャツの気軽さが融合しています。


今までにも有りそうで無かったディテールは、バッグを持たない男性の皆様に、実に有り難い気遣い。


フラッと散歩に出かけるくらいなら、バッグは不要、これは便利です。






やや長さを出した着丈と、野暮ったさを残したサイズバランスが今の気分に丁度良い。


ワークブランドなだけあって、シワ感がかっこよく見えるというか、洗いざらしの感じも良い雰囲気です。


細いパンツとか、ジャケットのインナーにも、想像すると良さそうです。


財布、スマホ、カギ・・必需品をポケットに詰め込み、秋は軽快に出掛けたいです。

 

Bean's HP (オンラインストア)
Bean's Facebook
Bean's Instagram

スタッフ募集のお知らせ

GRAMICCI 待望の新型、今回もやってくれました

パンツのお問い合わせが増えています。


思い返してみると、確かに、シーズンの初めに決まって欲しくなるような気がします。


当店では、オールシーズンで、迷ったら "コレ" と自信を持ってオススメしている GRAMICCI ですが、


久々のニューモデルが登場しています。


くるぶし丈のスキニーデニムは、まさかグラミチ製とは思えない程に、"今" の空気を感じられる美シルエット。


いつも良い意味で期待を裏切るグラミチが今回もやってくれました。


この細さなのに、あの快適さなんです。

GRAMICCI / DENIM SLIM PANTS ¥11,800- (+tax)
Color : BLACK , ONE WASH




快適であることと、形がきれいなこと。


トレードオフの関係に有るようなこの2つの要望を、見事に両立しています。


加えて、デイリーに使いたくなるデニム生地なのも嬉しい気遣い。


一度履くとやめられなくなるグラミチですが、ますます深みにはまりそうな一本です。


 

Bean's HP (オンラインストア)
Bean's Facebook
Bean's Instagram

スタッフ募集のお知らせ

blundstone 雨が楽しみになる万能サイドゴア。

雨や雪、早く降らないかな・・そんな思考にさせてくれる一足です。


サイドゴアブーツの元祖として愛される「Blundstone / ブランドストーン」のブーツが入荷しています。


水とクッション性を意識した作りで、悪天候はこの靴にお任せ下さい。


"ギア"としての印象が強くありますが、イギリスのワークブーツに通ずるような雰囲気も感じられるフォルムで、ファッションアイテムとしても一線級。


このボテッとしたフォルムがワイド、ナロー問わず、様々なパンツと良くマッチしてくれます。


今季は Brown × Green と Black のラインナップ。


着用シーンに合わせて、お好みでお選び下さい。

Blundstone / Left ¥24,000-(+tax) , Right ¥23,000- (+tax)







まだ先の話しにはなりますが、春先に悩まされるのが,溶けかけの水を含んだ雪。


細菌まで通さないと言われるインソールの縫い付けと、オイルをたっぷり含んだレザーはそんな悩みもあっさりと解消です。


東北人にとっては、本当に強い味方となる一足。


キズも一つの良さになってくる一足ですので、on / off 、晴れ/雨 問わずご着用下さい。


くたびれた姿もまた魅力的に映る一足です。








 

REMI RELIEF ポップコーン生地は、出番の多い優等生
オシャレに、快適で、いい雰囲気で。


着るものに迷う今はそんなアイテムがあると凄く便利。


入荷が始まっております、REMI RELIEF のカットソーがそんなアイテムかもしれません。


REMI RELIEF 初のリラックスシルエットの提案は、デイリーに使える一枚。


一捻り効かせて、リラックスしたシルエットと、影を生み出すおうとつ感がアクセントに。

REMI RELIEF / ポップコーンBIGプルオーバー ¥12,800- (+tax)








秋の行楽に連れていきたいような、軽さと快適さがあります。


僅かに加えられた裾のスリットがふわっと軽く、珍しいポコポコした生地。


こういったクリエイティブな作りは自社工場を有する REMI RELIEF らしい提案で、今までのコーディネートにも新たな風を吹かせそう。


しっかり秋物なのに、重く見えないアイテム、矛盾していますが意外にも希少です。


この秋はこれ一枚で完結してしまう、出番の多い優等生です。





 
A.P.C. 今まさに着たい一枚。

どんなアイテムを紹介しようか・・良い意味で頭を悩ませる入荷が続いています。


店内はというと、SPELL BOUND 等のパンツ類も秋物に切り替わり、足元から頭の先までトータルでお選びいただけるようになっています。


先週よりA.P.Cの2016AWもスタートし、ここぞとばかりに厚みが増しています。


今がホットなA.P.C.より、今まさに着たい、そんな一枚の入荷がありました。


一見シンプルなギンガムチェックなんですが、配色が絶妙に良い。


秋の清々しい気候に映える一枚となりそうです。

A.P.C. / clift シャツ ¥24,000- (+tax)






流れる様な生地感は今時期に活躍が見込めそうです。


シンプルなんですが、なんだか良いなあ・・そう思えてくるのがA.P.Cのモノ作りのうまさ。


非常に快適で、合わせやすい、こういったベーシックなアイテムこそ素材と作り込みの良さがふんだんに表れます。


シャツという日常的に着用するアイテムにとっては、より大切なポイントの様な気がします。

 

 

Bean's HP (オンラインストア)
Bean's Facebook
Bean's Instagram

スタッフ募集のお知らせ

adidas "GAZELLE" シブいけどコレは履いてみたい。

adidas originals 「GAZELLE / ガゼル」


1968年に登場した万能型のトレーニングシューズ。


西ドイツや、フランスなど、ヨーロッパの生産が主だった頃の、オールドアディダスらしい、ぼってり、ぺったりしたシルエット。


オリジナルを踏襲したスウェードのアッパー素材に、内側と外側のスリーストライプで異なる素材を用いたアレンジ。


クラシックなディテールを壊さずに、ちょっとだけ加えられた新しいエッセンス。


その加減がちょうど良いんです。

ADIDAS ORIGINALS / GAZELLE OG 





インソールとタンがふかふかです。こう見えて、履き心地もグッド。


昔から長く愛用されていただけあって、この靴にも確かな理由がありそうです。


トレーニングシューズとしての実用性も優秀なんですが、"THE・adidas" と言っても過言では無い風貌はやっぱり合わせやすい。


リブパンツ、スリムなパンツはもちろん、程よいボリューム感なので注目のワイドパンツも納まりが良さそうです。


ハイテク・機能素材、そういったモノが溢れている今だからこそ、昔から有るモノの良さを再認識させられます。


シブいアイテムですが、これは履いてみたい。そう思える一足です。
SAINT JAMES 色違いで揃えたいモノ。




色違いで揃えたくなるモノ。


いろいろ思い浮かびますが、間違いなく SAINT JAMES もその一つ。


しかも、圧倒的人気のワイドボーダーに、秋を感じられるプレミアムなカラー。


ロングTシャツ以上、スウェット未満。痒いところに手が届くちょうど良さ。


替えの効かない頼れる一枚は、数え切れないファンがいるのも頷けます。


物欲を激しく刺激するとともに、頭を悩ますカラーリング。入荷しています。










 

「SOULIVE」凄みを感じるNEWブランド

「SOULIVE」今シーズンより新たに取り扱いをスタートしています。


デニムの聖地、岡山県児島にファクトリーを構え、丈夫さで有名な桃太郎ジーンズなども同ファクトリーより生産されています。


そういった優れた下地を活かし、日本の伝統的衣装や、ミリタリー、ワーク、そういったキーワードをデザインに落とし込んでいます。


注目の「和」のディテールもふんだんに盛り込まれ、大人なルックスもたまりません。


used と間違う生地感・加工感、随所にインディゴを使った染色など、確かな技術の元で製作された一着一着からは凄みを感じます。


目の肥えた大人達をも唸らせる、そんな仕上がりとなっています。


明日より店頭に並びます。ご注目下さい。







 
Check
SEARCH THIS SITE.