<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ガーメンツの一枚。結局これに辿り着いています。

Engineered Garments / Printed Cross Neck s/s Tee ¥10,000- (+tax)

 

毎年のことですが、夏の一枚に迷いながら、結局これに辿り着いているような気がします。

 

さり気ないクロスネックや、裾のスリット。カスレたようなプリントも。

 

プリントTee というと敬遠しがちな大人にも、手にとっていただきやすいと思います。

 

今シーズンは、「LOVE & MUSIC」 と ハイビスカスの2プリントをチョイスしています。

 

しっかりと着ごたえのあるボディなだけに、今の時期から夏場までガツガツ着用していただけそうです。

 

安心できる一枚なだけに、色違いやプリント違いで揃えたくなってしまう。

 

Teeシャツも店頭に増えてきました。

 

今日みたいな日のために、早めの一枚はいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

Paradise! 4/21より発売!!

]

 

ひょっとして皆様もご覧になった事があるのではないでしょうか。

 

巷で有名なあのロゴ「 Awesome! 」

 

ファッションデザイナーからスタイリスト、俳優、女優、アーティスト、モデル、などファッションコンシャスな著名人が集うバー「カスバ ( casba ) 」

 

Soloist. の宮下貴裕氏や UNDER COVER の高橋盾氏 、さらにはスタイリストの野口強氏や伊賀大介氏、俳優の松田龍平氏、山田孝之氏などとも親交のある名店。

 

そんなアンダーグラウンドな名店のオーナー、増田氏がデザイナーを務めるブランド「Paradise! (パラダイス!)」より届きました。

 

潔さのある、ストレートなメッセージ性と、ポップなデザイン。

 

スタイリングに使いやすい、Teeとキャップのベーシックなアイテムが揃いました。

 

4月21日0:00 より発売致します。

 

夏の1点にいかがでしょうか。

 

Paradise! の購入ページへ

 

長袖Teeのような感覚でblurhmsのプルオーバー。

 

暖かい一日でしたが、まだ半袖一枚って訳にはいかないような気がします。

 

シャツも肌に直接触れる事が増えてくるだけに、できるだけ気持ちのよい素材を。

 

そんな欲がでてきます。

 

様々な長袖シャツが揃った中でも、blurhmsの1枚は柔らかで滑らかな、優しいタッチ。

 

ブラックでの提案ですが、深めのVが涼しく魅せてくれる、使える1枚。

 

blurhms / Soft Ox Tailored Pullover Shirt ¥26,000- (+tax)

 

超高密度に、そして度重なる洗いが施されたオックスフォード生地。

 

しっとりと微光沢の生地は、触っただけではオックスフォードとは思えないような上質なもの。

 

そんな blurhms らしい拘りの生地を用いた、ミニラペルのVネックプルオーバー。

 

 

 


ラフすぎず、ちょっと気遣いのある一着が・・・。

 

そんな方に、丁度よい変化を与えてくれそうです。

 

シャツというよりは、長袖Teeのような感覚で着用いただくと良いかもしれません。

 

blurhms の商品一覧へ

Engineered Garments のハットが便利です。

花巻市も桜が開花したようで、今週末は暖かくなるそうです。

 

いよいよ行楽シーズン本番といったところでしょうか。

 

屋外での活動も増えそうですが、Engineered Garments のハットは便利かと思います。

 

毎シーズン定番の形ですが、今シーズンは4パターンをチョイス。

 

 

 

ブロード生地のネイビーに、ワックスコーティングのオリーブと、生地の良さをお楽しみいただける無地。

 

それと、フローラルジャガードのネイビーや、リージェントストライプの大人な主張がある柄物。

 

生地の違いで見え方もガラッと変わり、全く別物のように見えるのも面白い。

 

深めの被り心地で、ツバも下向きに設定されているので、シュッとコンパクトな印象に。

 

着るものも薄くなってきて、何か物足りなさを感じている方に、大人な印象のこんなハットはどうでしょうか。

 

 

 

 

Engineered Garments の商品一覧へ

BRENA この春は「良いシャツ」で。

昨シーズンより始動し、注目していただきたいブランド「BRENA / ブレナ」

 

春夏シーズンも入荷が始まっています。

 

本日の紹介は、真面目に製作された、作り手のこだわりを感じる一枚。

 

背筋が伸びるような、しっかり着用したいシャツです。

 

"良いシャツ" をお探しでしたら、必見です。

 

 

 

 


イタリアンカラーに、フタ付きポケット、裾はラウンドカット。

 

うんちく無しに、着用してみて伝わる大人感じ。

 

ネイビー・グレーのギンガム。

 

それとイタリア製のデニム素材。

 

今週末は暖かくなるようですので、良いシャツをさらっと合わせたいですね。

 

 

 

 

ハンガーに吊ってあると、見過ごしてしまいそうですが、拘り満載の一枚。

 

ドレスシャツ工場で製作されただけあって、触れていただくと分かるしっかり感。

 

脇や袖の縫製は肌当たりを考慮した「良いシャツ」の代名詞といえる、巻き伏せ本縫い。

 

へたりやすいボタン部分には補強のテープ、それに三つ穴のボタンも珍しい。

 

凄い拘りなんですが、親しみやすいギンガムとデニム生地というチョイスも面白い。

 

このブランドらしい遊びというか、ギャップがあって面白いバランス。

 

これからの日中はシャツ一枚で過ごせる日が増えてきそうです。

 

良いシャツを長く着用していただく、そんなチョイスも有りかとおもいます。

 

SPELL BOUND から届いた一本、なんだか使えそうです。

 

SPELL BOUND から届いたパンツ、なんだか使えそうです。

 

 

 

 

SPELL BOUND / 43-719Z ¥14,500- (+tax)

 

深い股上に、イージーなウエストゴム。そこからの、膝下まで程よく効いたテーパード。

 

楽でかっこよく履けるパンツ、もちろん夏までこの一本で。

 

デニムでもなく、チノパンでもなく、目の肥えた皆様にはこんな一本を推薦致します。

 

FatiguePantsのようなフロントのビッグポケットが、ひと工夫効いていますので、

 

慣れ親しんだいつものチノとは差別化して、ちょっと洒落た雰囲気で着用いただけそう。

 

縫製部分のびっしり入ったパッカリングも凄い・・。

 

ジャパンクオリティでさすがの加工感、雰囲気抜群です。

 

ブラック、ブルー、カーキ、オフホワイトのラインナップ。

 

安定のブラックに、フレンチワークのような絶妙なブルー。

 

ミリタリーな雰囲気で行くならカーキですし、ちょっとクリーンに、でも真っ白じゃないって方にはオフホワイトを。

 

どれもがそれぞれ個性があって使えそうです。

 

サイズ、色、揃いましたので、一度お試しいただきたい一本です。

 

 

 

 

 

bean's Online Storeへ

AiE 沢山の反響をいただいております・・。

昨日紹介した AiE ですが、沢山の反響を頂いております。

 

Painter Shirt の他に届いた、ロングシャツとL/S Tee もグッとくる仕上がりです。

 

 

コートとかガウンとか、そんなニュアンスで着用していただけるロングシャツ。

 

今年らしく色や柄を欲している方には、タータンチェックをオンしてみてもよいのではないでしょうか。

 

バンドカラーや深めのスリットが、ふわっと軽く魅せてくれます。

 

白が入ったチェックも加わり、爽やかに新鮮に見える。

 

胸のタックや袖口はダブルカフスの仕様と、こちらも非常に細かな仕様の爪痕が。

 

コートが苦手って方にも、シャツの延長線上で。

 

合わせてみると妙に納得できる一着、素敵です。

 

AiE / Tux Shirt -Hv.Weight Tartan Check ¥32,000- (+tax)

 

 

 

 

先行してビッグのスウェットで届いていましたが、ロングシーズン合わせていただけそうな、L/S Tee も揃いました。

 

ビッグシルエットで、背面にインパクトのあるプリント。

 

これから暖かくなってくると、普通のアイテムが物足りなくなってくるハズです。

 

一枚でサラッと着用するのであれば、これくらい攻めの一着も面白いのではないでしょうか。


 

 

 

 

AiE の商品ページへ

 

 

AiE の Painter Shirtガツンと揃いました。

 

ガツンと揃いました。

 

ちょうど1年前より取り扱いをスタートしている、ネペンテス発のmade in NEW YORKブランド「 AiE 」

 

ブリテッシュなイメージでちょっぴり効いた遊びと、Engineered Garments 譲りの洗練された生地のチョイスや作りの細かさ。

 

ふわっと春らしい軽さを演出する立体的な作りで、このブランドの顔と言っても過言ではない一着。

 

AiE より Painter Shirt が見ごたえ有る様々なファブリックで揃いました。

 

AiE / Painter Shirt -Regent St. ¥31,000- (+tax)

 

 

AiE / Painter Shirt -Floral Dobby St. ¥28,000- (+tax)

 

 

AiE / Painter Shirt -Tartan Check ¥27,000- (+tax)

 

 

フロントとバッグのヨーク部分に集められたギャザーが、演出する揺れ感。

 

たっぷりとられた身幅、たっぷりの袖、さらにはオープンカラーで、これからも涼しげに着用していただけます。

 

ただビッグなだけではなく、細かく作り込まれているからこそ、説得力ある一着に。

 

徐々に徐々に、ファンが増えているこの一枚、これはかっこいいですよ。

 

AiEの商品一覧ページへ

 

bean's Online Store

 

要求の多い欲張りな貴方に。nonnative CYCLIST BLOUSON

nonnative より春のスタイリングに使える一着です。

 

サイクリストブルゾンと名付けられた通り、機能性とファッション性を備えた都会的な香りのする一着。

 

春らしくて、機能的で、着やすくて、、様々な要求を求める欲張りな方にオススメさせていただきたいジャケット。

 

nonnative / CYCLIST BLOUSON POLY RIPSTOP DICROS® dew OVERDYED ¥49,000- (+tax)

(size 2 , 3 , 4)

 

軽量で撥水性を持ちながら、陰影のある豊かな表情を併せ持っています。

 

ポリエステル素材の常識を打ち破った最新素材、 DICROS dew を搭載した一着。

 

そんな好素材に対して、ライダースのようにシャープに見えるフォルムが、nonnativeらしく大人な印象に。

 

表面はリップストップ生地で、裏地はメッシュ素材。

 

暑い日と寒い日が入り交じるこれからの季節に、汗ばむ気候でもサラリと着用いただける肌馴染みの良い素材感です。

 

春のアウターというと、着用期間が短いのではと思いがちですが、そんな心配もご無用。

 

さらりとカーディガン感覚で着用いただけるので、他ブランドには真似できないくらい、長くお使いいただけそうです。

 

いろいろと、良いことづくめの一着。

 

春のお供として、大車輪な活躍ではないでしょうか。

 

「サイクリストブルゾン」と銘打っていますが、もちろん自転車乗りでなくとも。

 

むしろタウンユースでも、その利便性を存分に感じていただける一着です。

 

 

 

nonnative の商品一覧へ

 

 

A.P.C. NEW RELEASE !

ここ花巻は、猛烈に風が強い一日でした。

 

タイヤ交換は終わったという声が多数を占め、ちょっと寒い日でも無理して春物を着たい気分です。

 

春物もやっと全開で着用できる気候になってきました。

 

そんなところで、A.P.C. からパンツとスニーカーが届きました。

 

A.P.C. / PETIT NEW STANDARD ¥23,000- (+tax)

 


A.P.C. / Running Homme ¥25,000- (+tax)

A.P.C. / Techno Homme ¥25,000- (+tax)

 

 

 

定番型のスリムテーパード、PETIT NEW STANDARD のブラックウォッシュが届きました。

 

INDIGO のイメージが強い一本ですので、あえてブラックウォッシュは新鮮。

 

しっかり大人な雰囲気を持ち合わせたウォッシュ加工で、加工モノでもやんちゃに見えない、妙によく見える大人なバランス。

 

更に、真っ黒より軽く見えるので、春らしい洋服とも合わせやすい一本に。

 

ブランドの顔と言える、PETIT NEW STANDARDですので、紛れもなく美シルエット。

 

ありそうでなかった新色ですので、インディゴでエイジングを楽しみつつ、気分転換にブラックウォッシュも素敵ではないでしょうか。

 

 

一緒に合わせたスニーカーは、研究開発に3年を掛けたと云われる、ニューレーベル「A.P.C. SNEAKERS」よりリリースされた一足。

 

ブランド物のスニーカーとは思えないような、歩くのにうってつけの軽さとホールド感。

 

それなのに、ハイテクに見えないぼってりしたシルエットが面白い。

 

ボリューミーなシューズを合わせるスタイリングがじわじわと増えていますので、

 

フランス発のこんな一足はお使いいただきやすいのではないでしょうか。

 

A.P.C. の商品一覧へ

 

 

SEARCH THIS SITE.