<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
色選びも醍醐味。SAINT JAMES "PIRIAC"

SAINT JAMES の"PRIAC" 薄手生地の半袖ボーダー、今年も入荷しています。


薄手生地もまた所有欲を刺激する逸品。


薄手なのに、洗っても伸びず、それでいて肌触りも良い。


絶対的信頼感のある一枚です。


定番色に加えて、ワイドボーダーや、グレーベースのボーダーなど、少々変わり種も。

サイズはT4〜T6まで3サイズ。


SAINT JAMES というとジャストサイズでサラッと着用したい気持ちになりますが、


今年らしくあえてワンサイズ大きく、ゆったり着用する、なんてこともありだと思います。


単なるボーダーのように見えて、ブラックとネイビーや、白と生成りの違い、


逆パターンの配色など、それぞれ見え方に変化があって面白い。


どれにしようか考えるのもセントジェームスの醍醐味。


来週も夏日の予報です、サイズの揃っているうちに、お好みの一点をお探しください。




N.HOOLYWOODのパックTee.


N.HOOLYWOOD ミリタリーライン、TEST PRODUCT EXCHANGE SERVICEよりパックTEEが。


さすがはミリタリーラインというだけあって、かなりの拘りが隠されています。


ただでさえパックTeeという響きにはワクワクしてしまいますが、ミリタリーの要素が加わると増々気になります。





軍の支給品というイメージから、耐久性や肌触り、さらには動きを阻害しないストレッチ性に長けた一枚。


Teeとタンクトップからのラインナップになります。


実は、高級肌着メーカー ”アングル” とのコラボレーションで、綿100%とは思えない程に滑らかなタッチ。


パッケージは、特殊部隊や山岳部隊に配給される戦闘食料の包装をイメージした形状とデザイン。


ミリタリーレーベルなだけあって、包装までしっかりと魅せるところも抜かりなく。


アンダーウェアとしての位置付けですが、そんなの勿体無いほど、とても良い仕様です。


デザイナーの拘りが詰まった一枚を、その目でご確認下さい。







 
Engineered Garments の千鳥格子は涼しげ。


夏場は着るアイテムが少ない分、個々のアイテムに頼らざるを得ない部分がどうしてもある。


夏のイメージはあまりない千鳥格子ですが、ピンチェックのように極小サイズで爽やかで涼しげに。


派手さはなくとも、Engineered Garments のような細部まで作り込まれた一枚は、やっぱり存在感がある。


袖山のダブルステッチ、裾のパイピング、背中のタック・・・細かな仕様は、見た目にも着心地にも好影響が。


ジーンズやチノパンに、ローファーやサンダルのアメトラなスタイルに。


いや、ワイドパンツやスリムなパンツももちろんハマりそう。


夏場でも半袖シャツを重ねるという提案が浸透しています。


オープンカラーシャツを筆頭に、久々に着てみたいと思える半袖シャツが多数揃っています。


Engineered Garments / Coplay Shirt -Houndtooth ¥26,000- (+tax)



 
そろそろ香りのエチケットを。

気温はそんなに高くありませんがジメジメとした日です。

汗とか生乾きとか、どこからか不快な香りの漂ってくる梅雨がもうそこまで迫っています。

NY生まれの "The Laundress" や もうお馴染みの "retaW" など、欠品していた香りも今一度揃いました。

ファブリックスプレーから、ボディクリーム、カータグ等、お好みの香りをお選びいただけます。

ポータブルサイズですので、鞄に忍ばせておくだけで安心。

ムシムシ、ジメジメ、そんな日の気分も盛り上げてくれそうです。



 
快適な一枚をルーズに。Pyjama Clothing

「着心地の良さ」そこ一本で、多くの方より毎年リピートしていただいています。


繊維産業が盛んなベルギーのファクトリーにて、一貫体制で製作されるカットソーブランド「pyjama clothing」


取り扱いを始めてから既に5年ですが、毎年欠かさずオーダーしているのは、一言で「良い」から。


気持ち良くて、型くずれしづらい、デイリーに着用するウェアとしての最重要な条件を備えています。


そして今季は待望の新型、更にリラックスして着用いただけるルーズシルエットが。


ルーズな流れを上手に捉えつつ、いつもの上質で光沢ある生地、文句なしに快適な一枚です。

pyjama clothing / American Lax Tee ¥7,500- (+tax)
Color : Black , Navy , White







pyjama clothing / American Lax Tee の購入ページへ
HP
Instagram
グラスホルダーは天然石で夏らしく。Kaptain Sunshine

軽装になり、小物選びにも断然力が入ってきます。

超快適な素材感を肌で感じて頂ける Kaptain Sunshine ですが、ユニークなアクセサリーの提案がありました。

普段はあまり手にしない、グラスホルダーというアイテム。

サングラスが必須となるこれからの季節は、マストに使っていただけそうです。

通常だとチェーンとかレザーといった素材が多いところを、夏らしく天然石でアレンジ。

オニキス、ターコイズ、ハウライトの3パターンのラインナップ。

付属のSカンでネックレスとしても、嬉しい2WAYの仕様。

小物一つで、着こなしの幅も豊かに広げてくれそうなアイテムです。

Kaptain Sunshine / Glass Holder ¥16,000- (+tax)
(Black Onyx , Turquoise , Howlite)



 
夏仕様。orSlowのプルオーバー。

昼夜の気温差が激しく、着るものに困る日が続きます。


梅雨に入ればまた気温も少し下がりそうなので、まだまだ長袖は必須。


この時期の長袖は拒否反応も出がちですが、「麻」という素材感であれば、かなり快適に着用いただけそうです。


orSlowよりリリースされた一枚はそんな麻素材をインディゴ染で。


シワ感と退色感。経年変化の見られそうな両者の組み合わせはブランドらしい仕様です。


素材・色 のコンビネーションはまさに夏の着用を想定した一枚。

orSlow / PULL OVER SHIRT (indigo) ¥18,900- (+tax)



シャツというよりは、カットソーの感覚に近い一枚。


嫌なベタつきが少なくドライタッチなのは、吸水性、通気性に優れた麻の特徴。タンクトップや素肌の上にでも、もちろん。


ヘンリーネックやポケットといったディテールも、利便性に重きを置くワークウェアを熟知した "orSlow" ならではの仕様。


光りの加減や洗いにもよって表情が変わってくる強い存在感で、さらりと良好な雰囲気が得られそうです。


ナチュラルなイメージの強いリネン素材も、インディゴカラーだとより引き締まるような。


一見不便そうなプルオーバーシャツも、こんな仕様であれば身近に手にとっていただけそうです。
Made In France。ポロシャツのこんなサイズ感ならしっかり旬に。

今週末から突然の気温上昇で、Tシャツの一角は賑わっております。


引き続き、ルーズやビッグな提案が多いのですが、その波はポロシャツにも。


フランス発のニューレーベル「glacon / グラソン」からビッグポロの紹介です。


お硬いイメージのポロシャツも、こんなサイズ感であれば、しっかり旬で着やすい一枚に。

glacon / Big Polo Shirt ¥12,000- (+tax)



嬉しい Made In France


フランスでも古くからファクトリーが存在する街で創業し、超有名メゾン・デザイナーからも生産を依頼される名工房。


そんな工房のオリジナル生地は、風通しの良い特有のあの感覚はそのままに、目が細かいのでザラザラ感が少なく、滑らかです。


ビッグに対して、パンツはスッキリ目での提案を以前よりさせていただいていますが、ワイドパンツなんかも是非。


タックインしたり、袖をロールアップしたり。慣れ親しんだポロにはない、幅の広いスタイリングが楽しめそうです。


たかがサイズ感の変化のように思いますが、見た目にも着心地にもかなり見違えるような変化があります。


この暑さを乗り切る一枚に加えてみてはいかがでしょうか。
グッと夏を引き寄せるオープンカラー。N.HOOLYWOODより
数あるシャツの中でも、脚光を浴びるオープンカラーシャツ。


とても暑かった今日みたいな日でも、Teeの上にサラッと。


N.HOOLYWOODより素敵な一枚が届いています。


なんとなく、南国なイメージがあり、グッと夏を引き寄せる一枚です。

N.HOOLYWOOD / 271-SH14 Open Collar Shirt ¥21,000- (+tax)



南国リゾートなイメージのオープンカラーに、和を連想させる小紋柄。


どちらも夏のイメージだからでしょうか、相反するように思えるコンビがとても良い雰囲気です。


胸元の開きが男らしくも、小綺麗で程よく抜け感もある、絶妙なバランス。


N.HOOLYWOODらしくスラックスに合わせたり、


もしくは、旬のワイドパンツでメリハリをつけてもグッドバランス。


昨年あたりから徐々に、今年は一気に市民権を獲得したオープンカラーというディテール。


当店でも、オープンカラーが多数。


今まで手にしてこなかった一枚が超新鮮に映ります、試してみてください。



N.HOOLYWOOD / 271-SH14 Open Collar Shirt の購入ページへ
N.HOOLYWOOD の商品一覧

bean's HP
Instagram
SUICOKE クリエイティブな新型が多数。

まだまだ気温の上下動がありそうですが、足元にも快適さを取り入れたくなるような、そんな暑さです。


この季節の風物詩のような存在、 「SUICOKE」のニューモデルがとても良さそうです。


スポーツサンダルのイメージが強いのですが、今シーズンは独特なセンスの光るクリエイティブなモデルが多数で、


”思わず足を入れてみたい” そう感じるラインナップに。


従来の快適さに加えて、高級車にも使用されるフェイクスウェード素材や、


ダッシュできちゃいそうなホールド感、ラフに着用いただける新型など、どれもユニークで個性的。


快適かつ洗練された佇まいは、替えの利かない存在です。














 
SEARCH THIS SITE.