<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
N.HOOLYWOOD のスモックがこんな季節には丁度良い

シャツでもなく、カットソーでもない、絶妙なニュアンスの一枚です。


n.hoolywood より入荷があったのは、リネン素材のスモック。


プルオーバー仕様ながら、ポケット付きで素材感はシャツを連想させる頼れる感じに。


未だに着るものには困る、中間の季節に一枚で完結してしまう。


N.HOOLYWOODらしい、着用シーンをしっかりと捉えた優秀な一枚です。

N.HOOLYWOOD / 271-SH08 Smock Shirt ¥22,000- (+tax)






ほとんどブラックに近いようなダークトーンのネイビーは、麻 / レーヨンという豊かな風合いの素材感で表現されています。


軽さの感じるネックの広さと、素材の軽さ、相乗効果で、重すぎず合わせやすい印象です。


ご覧頂いたように、ややゆったり目のサイズバランスですが、袖、裾は絞って、しっかりメリハリが。


あると嬉しいポケットのディテールも、手を突っ込める安心感。


細部まで拘りの感じられるさすが "N.HOOLYWOOD" な一枚は、アクティブに動く季節には、非常に使えそう。


ここ数シーズン、素材を代えてリリースされる理由を、確かに感じて頂けるはずです。



N.HOOLYWOOD / 271-SH08 Smock Shirt の購入ページへ
bean's HP
Instagram
south2 west8 より、キュートでなんでも詰め込みたい逸品。
本日も沢山のご来店、ありがとうございました。


まだまだ風が冷たいのですが、徐々に徐々に、七分や半袖、サンダル等も入荷し始めています。


SOUTH2 WEST8 からも、行楽シーズンのお供に、グローサリーバッグのシリーズが入荷しています。


肩肘張らないコレくらいのキャッチーなバッグが使えそうです。

south2 west8 / grocery bag ¥8,000- (+tax)





深めの 2WAYで、例えるならヘルメットバッグくらいの使い勝手。


ラフな感覚でなんでも詰め込みたい、使えるサイジングです。


エコバッグ的な用途でも、着替えを入れてジムにも、書類や筆記用具を入れても。


サイズ感のみならず、この水彩画のような淡いトーンの魚拓プリントが清涼感があってキュートです。


なんだか愛着が湧いてくるような、はずしのアイテムでしょうか。


ブラック、ブラウン、ホワイトの3色で、プリントも数パターン、ユニークな中からお好みをお探し下さい。


コーディネートもシンプルになりつつあるので、これくらいのインパクトも加えてみたいです。





 
gravis / cardif 誰とも被らない、かっこいいやつをお探しの方に。

90年代を通過してきた皆様にはまさに、懐かしの。


その時代を知らない私にとっては、とても新鮮な。


「gravis」というブランド。


誰とも被らない、かっこいいやつをお探しの方に提案したい一足です。

gravis / cardiff ¥8,000- (+tax)







実は、2WAYタイプになります。


かかとのストラップの着脱でスライドインでの着用も可。


歩く事が多い日はストラップでしっかりホールド。


BIRKENSTOCK でも無く、SUICOKEでも無く、GRAVISならではの作りといったところでしょうか。


しっかりとボリューム感があるので、今の季節から、ソックスに合わせて履きたいところ。


スポーツな合わせには勿論のこと、一周回って都会的な香りも強くするので、どんなパンツにも迷わず合わせたい。


ブランドも作りも含めて、なんだか気にる一足です。


bean's HP
Instagram



 
Football Teeで大人なインパクトを。uniform experiment


プリントTeeのパッと目に飛び込んでくるインパクトが久しぶりに気になります。


毎シーズン欠かさずラインナップされる、uniform experiment らしいキャッチーな一枚。


しっかりと主張があって、これくらいの季節は映えそうです。

UNIFORM EXPERIMENT / 3/4 SLEEVE NUMBERING FOOTBALL TEE ¥14,000- (+tax)

ナンバリングの主張はあるんですが、フットボールT-Shirtの肩口のラインを排除したり、同色にまとめたヨークなど、



馴染みやすく大人でミニマルに仕上げられています。


コレ一枚でも主役な存在ですが、柄物を合わせてもなんだか収まりが良い。


夏場なんかは、無地Tee、ポケTeeだとなんだかシンプル過ぎて・・・なんて事も多いので、


案外これくらいのインパクトがあったほうが合わせやすかったりするのではないでしょうか。


薄くも厚くもない、程よい生地の厚みも、ロングな活躍が期待できます。


ブラック、ネイビー、ホワイトの3色、どれもが良く頭を悩ませそうです。

スペシャルなSAINT JAMES

毎年、毎シーズン、いつも見ているのに、春になるとやっぱり気になっちゃう "SAINT JAMES"


定番のバリっとした "ウエッソン" も欠かせないところですが、初夏まで着用できる薄手の "モーレ" も良い。


インナーから一枚着まで、真夏以外ならオールラウンダーで活躍する、モーレにスペシャルなバージョンが登場しています。





made in Franceに拘る、アンダーウェアメーカー「ル・スリップ・フランセ」とのコラボレーション。


ネイビーと生成りのコンビネーションに、胸ポケットは逆配色、右裾にはブランドロゴが。


程よいワンクッションが、サラッと単純にコーディネートを組んでも見映えの良さを演出してくれそうです。


こういうとても活躍しそうな一枚は、シンプルにまとめたい夏には欠かせない。


従来のセントジェームスよりも、使いやすさを更に感じられる、パワーアップした一枚です。


bean's HP
Instagram
春の準備は靴下から。

春の準備はここから。なんて方もいるのではないでしょうか。


柔らかで見た目も履き心地も軽い、春仕様。ソックスが揃いました。


これからはくるぶし丈やショートパンツの着用も増えてきそうなので、冬は疎かにしていたソックスも忘れずに支度したいところです。


本当に細かなところですが、個性が表れてくるところが靴下選び、全体の印象もグッと変わってくるのもここ。


どんなパンツ、どんな靴にあわせようかな〜とか、いろいろ想像して選ぶのも楽しいものです。


お好みの靴下がきっと見つかるはずです。


一枚で主役に。REMIRELIEF のフェイクレイヤードTee

一枚で気楽にオシャレに。


REMI RELIEF のフェイクレイヤードTeeが主役級の一枚です。


ドライな着心地の鹿の子素材と、袖は切りっぱなしのカットソー。


合わせの難しい半袖と長袖のレイヤードは、レミレリーフならではの素材の切り替えで、一層上級者的な雰囲気に魅せてくれます。


サイズのバランスと、生地の表情が良いからこその一枚。





ポロシャツに連想される、鹿の子という素材に要注目。


吸汗性、通気性、それに速乾性と、春夏に必要とされる要件を備えた好素材。


快適なんだけどポロシャツはちょっとなあ・・なんて思いますが、カットソーに落とし込むと、また異なった雰囲気です。


身幅もゆったりと設定され、サラリとしていて、まるで別モノ。


レイヤードされることで得られる、脱力感のあるグランジな雰囲気も良いです。


存在感のある一枚は、パンツ選びも苦労知らず。


ショートパンツでも、サンダルでも、今すぐから真夏まで、ヘビーに着まわしたい一枚です。


REMI RELIEF の通信販売ページへ
bean's HP
Instagram
FROM LOSANGELS CALIF

遠路はるばる、ロサンゼルスはカリフォルニアから。


本日、国際便で到着しました。


楽しみにしていた MIS の2017モデル。


バッグや小物が必要不可欠な、GW前には紹介できそうです。


改めてアナウンスさせていただきます。お楽しみに。
ストリートな風を。F-LAGSTUF-F



風が強い一日でしたが、暖かいです。


サラッと一枚で、存在感のあるロングスリーブもそろそろ出番です。


久しぶりの紹介ですが、F-LAGSTUF-F の存在感あるロングスリーブなんかがそろそろ出番でしょうか。


ストリートな風を感じられる一枚。


シンプルになりすぎる春は、かえってコレくらいのインパクトが良さそう。


袖のロゴ、モザイクのプリントなんかもしっかりと今の空気を。


何のプリントなのか一見分からない。


そんな雰囲気もまた、東京のストリートシーンを席巻する F-LAGSTUF-F らしいバランス感。


こういう空気感も新鮮で気ごたえを感じます。


たまには、こんな一枚も取り入れてみても良いのではないでしょうか。



F-LAGSTUF-Fの販売ページへ

「COYOTE」 hobo SPECIAL DELIVERY


HOBO® S/S 2017 SPECIAL DELIVERY 4/15 ON SALE


「COYOTE」


誰もが一度は耳にしたことがある、「DANNER」「WILD THINGS」 という米軍サプライヤー。


そんな両者がタクティカルラインで培った高い機能性を活かしつつ、


アメリカ海兵隊の標準カラーであるコヨーテをベースにした HOBO 別注のコレクション。


ハイテクでありながらも、タウンユースで快適に着用頂けるようにカスタマイズし、街に映えるコヨーテというカラーで。


DANNER / DACHYON 6 " Lightweight Boots ¥18,500- (+tax)

WILD THINGS / X-PAC Nylon Backpack 25L ¥23,000- (+tax)

WILD THINGS / X-PAC Nylon Pouch 2L ¥5,500- (+tax)


スウェード、ナイロン、ファスナー、ベルト、同じコヨーテカラーでも、素材の異なりによる明暗がとても良い表情です。


それがミリタリースペックのパーツとなるとなおさら。


随所随所で取り入れていきたいこのカラーは、洋服でなくアクセサリーだと落とし込みやすいはずです。


至極のコラボレーションは明日より発売です。


HOBO® S/S 2017 SPECIAL DELIVERY 販売ページへ

SEARCH THIS SITE.