<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
FUTURE PRIMITIVE / FP CHINO COAT (RAW EDGE)



楽しみにしていました。待望の入荷です。


今季より取り扱いを初めた、「FUTURE PRIMITIVE / フューチャープリミティブ」というブランド。


適正価格で良いモノを、そんな想いと感度の高いデザインがマッチしたリアルクローズ。


当店でもやっとの事で取り扱いすることができたファーストデリバリーは、ワイドラペルのチノコートから。


超が付くくらい上質な生地なのに、全てのエッジをカットオフで仕上げています。


まさしくエッジの効いた、相反するコンビネーションが新鮮です。


加えてサイズバランスも良好。


春の空気をたっぷり含んでくれそうなシルエットは、スタイルを選ばず楽しんでいただけそうです。


仕上がりの良さに少々興奮気味です。


3色全部着用してみましたので、ご覧ください。


FUTURE PRIMITIVE / FP CHINO COAT (RAW EDGE) ¥37,000- (+tax)
COLOR : NAVY , BLUE , BEIGE










 

FUTURE PRIMITIVE / FP CHINO COAT をオンラインストアで見る
Bean's オンラインストア (HP)
Instagram

Kaptain Sunshine の Safari Shirtがフレッシュです。

「サファリシャツ」


巷に溢れるスプリングウェアの中でも断然、暖かいシーズンが似合う一着。


元々は、サファリに出かける為に、快適さと機能性を求めたウェア。


そんなサファリシャツも、Kaptain Sunshine の手に掛かれば、より快適素材でタウンウェアとして着やすい一枚に。

Kaptain Sunshine / Safari Jacket ¥29,000- (+tax)


Kaptain Sunshine とくれば、今回はどんな生地か・・・。


用いられたのは、コーデュロイのように凹凸あるピケ素材。


立体感の生まれるこの生地は、奥行きある表情で軽快さの強い印象。


ミリタリーウェアを彷彿とさせる、4つのマチ付きポケットと、カバーオールくらいの着丈感は、親近感の強いディテールです。


襟付きのウェアを紹介するのは久々ですが、ストンと落ち感のあるサイズバランスが逆に、すっきり見えてくる。


シャツジャケット的な感覚で、袖を通した時に感じる快適を感じていただけそうです。


重く見えすぎないオリーブのジャケットなので、インナーはベージュなんかのサファリカラーで渋めも良く似合います。


ショートパンツに、袖まくりして。そんなスタイリングも映えそう。


一見シンプルに見えるアイテムが、素材や細かなディテールが非常に効いています。


サファリジャケットというフレッシュな感覚をお楽しみ下さい。



【臨時休業のお知らせ】

いつも当店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
3/28(火)は業務上の都合により、臨時休業とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、お間違えないようよろしくお願いたします。
臨時休業のお知らせ

いつも当店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

3/28(火)は業務上の都合により、臨時休業とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、お間違えないようよろしくお願いたします。

 

 

KIJIMA TAKAYUKIのレザーベルト バケットハット


まだまだ肌寒いですが、晴れの比率が確実に増えてきました。


そろそろでしょうか。被り物がほしくなってくる季節です。


豊作な KIJIMA TAKAYUKI のラインナップの中でもユニークな一点の紹介。


ハットメーカーならではの、手の込んだ愛着の湧いてくる仕様です。


背面のカットオフとレザーベルト。この生地の大人な印象を柔らかく中和させてくれます。

KIJIMA TAKAYUKI / 171107 レザーベルト バケットハット ¥15,000- (+TAX)

程よい長さのツバとレザーベルトのバランスが、合わせるモノを選ばず被っていただけそうです。


シャリっとしたシャツから、フライトジャケット、天然素材なんかにも良くマッチしそう。


とにかく合わせやすいし、背面から見た時の愛らしさが被りたい気持ちを強めてくれます。


純粋に日除けとしても。型くずれを余り気にしなくて良さそうで、機動力も高い。


手持ち無沙汰になりやすいシーズンの、純粋に、アクセントとしても。


スタイリングにしても、機能面でも、この手のハットには助けられたなぁ、、って経験が結構あります。


被ってみると、やっぱり良いな〜と感じられる KIJIMA TAKAYUKI のハット。しっくりくる感じは別格です。



KIJIMA TAKAYUKI のバケットハットをオンラインストアで見る
Bean's オンラインストア (HP)
Instagram

 

ALLTERRAIN のパッカブルアウター

DESCENTE ALLTERRAIN のスプリングウェアの第二弾


何かとユースフルな撥水性のあるパッカブルライトアウター。


ALLTERRAIN と一目で分かる、フードの隠されたボリューム感のある襟周りがクールです。


ここが作る都会的な一枚は、いつもの洋服選びの視点とは切り離して別のかっこよさがあります。

DESCENTE ALLTERRAIN / SUPER SONIC STRETCH WOVEN PACKABLE JACKET ¥26,000- (+tax)





絶妙な襟のボリュームと開き具合、それとフードを出したシルエットもスマートで良い雰囲気。


超音波溶着により縫い目の肌当たり軽減と、それにより実現した4方向に伸びるストレッチ性。


例に漏れず、このウェアにも詰め込まれた技術の結晶。着用せずとも快適だと想像できます。


優秀でガチガチのアウトドアウェアに引けを取らないのに、さり気なく魅せるバランス感覚が秀逸すぎます。


あると便利なハイテクウェア。物欲を刺激する一枚です。

 
泰八郎謹製。これ以上無いくらい最高の。


自分の一部として、常に身につけるモノだからこそ、その良さは何倍も感じて頂けるはず。


「泰八郎謹製」


・・・国内シェア96%と云われる産地 "鯖江" の中でも類まれな存在です。


製品に成るまで約3年という厳格な管理が必要な、超肉厚なセルロイド製。


どの角度からでも感じられる、色気のあるツヤ感と柔らかみ。


金属の芯を使わずに製作される、「ノー芯」と呼ばれる伝統製法。


セルロイドで、ノー芯で、手造りで、これ以上無いくらい最高のプロダクト。


道具として永く永く使って頂ける、珠玉の銘品。3月25日(土)より販売致します。




uniform experiment × 泰八郎謹製 ¥40,000- (+tax)
color : black , brown




気軽に良い雰囲気を纏う。Engineered Garments の Loiter Jacket




この時期は何を着るのが良いんですか〜そんな声が増えています。


やっぱり、薄手のジャケットやブルゾンは欠かせないところです。


中に着込んで防寒しても良いし、Teeの上にシャツ感覚でサラッとも羽織れる、便利なやつ。


真っ先に思い浮かぶのが Engineered Garments のジャケットです。


シャツ、ストールなんかとも合わせて、しっかり防寒しつつ春を取り入れる。


上質で大人なコレクションには今年も脱帽、特に、グレーというカラーも新鮮で積極的に取り入れたいカラーです。


Engineered Garments / Loiter Jacket -Lt.Weight Twill ¥45,000- (+tax)



ふわっと揺れてみたり、光りの加減でグレーの濃淡を感じて頂ける、奥の深いアイテムです。


サラッとした生地感なだけに、他と比べると余計に良さを感じていただけそうです。


そんなアイテムだけに、何も考えずいつものアイテムに合わせていただくだけで、良い雰囲気を纏えそう。


日差しが暑かったり、室内で、ちょっと暑くなったら無造作にまとめて持ち歩く。


シワが似合う素材感だけに気軽に持ち運び下さい。


春の提案は、ついつい手が伸びちゃいそうな、どれも快適で気持ちの良い素材感です。


いつもいつも大きく期待を超える仕上がり、手に取ると魅力に引き込まれてしまいそうな、ヤミツキな一点です。


Engineered Garments の Loiter Jacket をオンラインストアで見る

Bean's オンラインストア (HP)
Instagram

Knife Wingより待望のリメイク。

楽しみにしていた方も多かったのではないでしょうか。


Knife Wing よりリメイクシリーズが待望の入荷です。


今回はスウェーデンミリタリー生地と、ユーロワーク生地をM-65ライナーをモチーフにリメイクしています。


しっかりと要所は抑えつつ、生地の風合いを活かしたやりすぎないリメイク感。

Knife Wing / Swedish Liner JKT ¥15,000- (+tax)


Knife Wing / Euro Work Liner JKT ¥15,000- (+tax)









しっかりと丁寧に仕立てられた一着は、丁度よいリメイク感で手に取っていただきやすいかと思います。


JKTとしての着用を見越して、フロントには貼り付けポケットが加えられています。


ちょっとした小物を入れられる安心感に、アクセントとしても違和感無いバランス。


ライナーJKTというとナイロン生地のイメージが強いので、この素材感だと使える気配がぷんぷんしています。


オリーブ・ブルー、どちらも絶好のバランス、早めに着比べて見て下さい。

Knife Wingの商品をオンラインストアで見る

Bean's オンラインストア (HP)
Instagram

歴史的名作 "GERMAN TRAINER" がアップデート。

ドイツ軍が使っていたトレーニングシューズ = GERMAN TRAINER (ジャーマントレーナー)

当時と同じ木型、ソール、マテリアル、さらには機械まで同じものを使用した、完全なる復刻モデル。

見覚えがあるこの形、当時はPUMAとadidasが生産しており、現在ではマルタンマルジェラ等、幾多のブランドがベースとしているこの形。

そんな歴史的名作とも言えるこのシューズが、アップデートを遂げています。



TANAKA UNIVERSAL / GERMAN TRAINER #3183 ¥22,800- (+tax)

アッパーは贅沢にも全面スウェード、ソールはマラソンソールを。

定番のガムソールとは違って、グリップに優れ、軽快な印象を強く感じます。

ソールの色もあえてハニーカラーなのも良いですね。

潔くミリタリーパンツにも、スリムなフォルムはスキニーなんかにも合う。

このカラーで、この素材で、このソールで。

今までとちょっと違うスペシャリティ溢れる一足がとてもクールです。

何気ない一枚がしっかりと。A.P.C.のスウェットシャツ。



トレンドに流されない確実なクオリティは "間違いない" そう思っていただけそうです。


A.P.C.から入荷のあった丁度よい肉感のスウェットは、重宝しそうな雰囲気に満ちています。


ややゆとりを持たせたシルエットと、旬なダークベージュというカラーが着用意欲を引き上げてくれそう。


スウェットだけどルーズに見えない、光沢のあるボディ。


何気ない一枚なのに、しっかり見えてしまう A.P.C. らしい一枚です。

A.P.C. / Bros スウェットシャツ ¥17,000- (+tax)


ベージュではなく、ダークベージュなのがキモ。しっかりと今な空気に。


高級感のあるこういうスウェット生地は、春といえまだまだ寒い東北の地では息の長い活躍をしてくれそうです。


しっかりと確信いただける突き詰められたクオリティが今季も光ります。

SEARCH THIS SITE.