<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CURLYの名作パーカーが再び。

本日からスタートした MORE SALE

 

初売り〜MORE SALEと、2018年に入ってから2回目のご来店という方も。

 

いつもありがとうございます。

 

セールアイテムの対象も増え、見応えある店内ですが、春物の入荷も少しずつ始まっています。

 

春物といっても、レイヤードでしっかり生きてきそうな生地感。

 

こんな一枚なんかがまさにそう。

 

CURLYの名作パーカーが再び入荷しています。

 

 

霜降りの表情が素敵な一枚です。

 

あご下までカバーしてくれるネック周りの造りや、着心地をサポートするラグランスリーブ、

 

更には、ファスナーを開けて着用した時に、美しく見えるよう設計されたシルエットの美しさ。

 

無駄を削ぎ落としたシンプルな一着ですが、他との違いを感じていただけるかと思います。

 

アウターの中に合わせても丁度良い厚さなので、真夏以外だったら年中着用いただけそうな一着です。

 

MORE SALEをご覧頂いたついでに、ちょっとチェックしてみてください。

 

curly / RAFFY ZIP PARKA ¥16,800- (+tax)

 

 

 

 

 

ニットパーカーという面白い提案。CURLYより。

本日もご来店ありがとうございました。

 

暖かいアイテムを探しに、駆け足でのご来店が増えています。

 

そんな中で、curlyらしい気の利いた提案がありました。

 

ニットの暖かさと、フードのある安心感を満たした、WOOL100%のニットパーカー。

 

ゆとりあるシルエットですが、フードはあえて小振りに。

 

メリハリ付けて、だらしなくならないように配慮された一枚。

 

スタイリングによく馴染む、暖かい一枚をCURLYからいかがでしょうか。

 

CURLY / PADDINGTON PARKA ¥19,500- (+tax)

 

裾のスリットや両脇に設けられたポケットなど、欲しい仕様がしっかり備わった一枚。

 

WOOL100%なので、そんなに厚手ではありませんが、しっかり暖かい。
 

撮影は、夕方の肌寒い時間帯でしたが、快適でした。

 

スウェットパーカーやマウンテンパーカーも好きなんですが、どうしてもラフすぎたりスポーツすぎたりしてしまう。

 

いつもそんな事を思っていたので、ニットパーカーという提案がとても新鮮に感じます。

 

ポイントをしっかり抑えた、CURLYらしいセンスが光る一枚ではないでしょうか。

 

今日くらいだったら、一枚着で。もう少し寒くなったらアウターやコートの中にも。

 

かさばらないので様々なシーンでお使いいただけます。

 

なんか良いセーター無いかな、なんて考えていた方に、ニットパーカーというアイテムも候補に推薦したい一枚です。

 

 

 

ベロアもCURLY製となれば親しみやすい表情に。

 

秋冬にしか味わえない、暖かみのある素材感が気になってきます。

 

中でも、ベロアやコーデュロイといった生地が、今季は特に提案の多い素材。

 

CURLY から入荷のあった、その名も "パディントントレーナー"。

 

着心地にも見た目にも、柔らかくて暖かい、ゆったりリラックス感漂うシルエット。

 

ネーミングは、クマのパディントンからでしょうか、、

 

いずれにせよ、そんな名前がぴったりはまる一着です。

 

CURLY / PADDINGTON TRAINER ¥16,500- (+tax)

ベロアの上品な雰囲気と相反する、ゆとりのあるサイジングが丁度よいバランスです。

 

細かなところでは、裾が絞れたり、ポケットがあったり。

 

何気ないようで、あると嬉しい作り込みの数々。

 

散々ご覧頂いた後になってしまいますが、滑らかでヌメリのあるベロア生地ですが、

 

しっかり洗えるのもとても気が利いています。

 

ベロア生地の質感が、アウターの中からでも、良い表情を覗かせてくれます。

 

なかなか取っ付きにくいベロアという生地も、CURLY製となればチャレンジしやすいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

CURLYのニットデニム。これはスゴいです。

これはすごい。

 

第一印象はデニムなのに、スウェットパンツやジャージのような快適さ。

 

実はニット編みで製作されたニットデニム。

 

カットソーやニットが得意な CURLY らしく、快適な着用感は保持しつつ、誰が見ても遜色無い表情に仕上げられています。

 

デニムの硬さが苦手な方や、快適性を求める方に。

 

CURLY が製作するプロダクトの素晴らしさを再認識することが出来る一本に仕上がっています。

CURLY / MAZARINE ST TROUSERS (173-43082AQ) ¥21,200- (+tax)

COLOR : ANTIQUE INDIGO

 

糸の表面だけを染めるロープ染色という技法でインディゴ染めされており、芯の部分は染めきらずに白いままで。

 

そんな特殊な染色による色のメリハリが、奥行きと深みのある唯一無二のトーンに。

 

更には、デニムの産地、岡山県は児島の職人の手で一本一本ヒゲやアタリの加工が加えられています。

 

クセの少ない、スラックス型でスリムなシルエットは、デイリーウェアとしても快適に日常を過ごしていただけそうです。


再三言いますが、デニムではありませんが、徐々に退色していく、色落ちの過程も楽しんでいただけそうです。

 

ストレッチ入りのデニムも良いのですが、これはこれで、魅惑の履き心地です。

 

ワイドパンツやトラックパンツの快適さから離れられないのと同じく、

 

このパンツも着用者の心を鷲掴みにする一本かと思います。

 

騙されたつもりで試してみてください。

品良く多彩な色使いで。CURLYのボーダーL/S

やはり秋冬シーズンは、多彩な色を取り入れてみたいです。

 

curly からもそういった提案が。

 

定番となるコシの強いボーダー素材に、裾と袖にはジャガード織りを。

 

重ね着にも見るディテールは、一枚でサマになってしまう存在感と便利さがあります。

 

ジャガード部分には、それぞれネイビー、オリーブ、赤茶の3色がボーダー色を考慮して使われています。

 

CURLY製となると当たり前のように感じてしまいますが、もちろん着心地に優れた一枚。

 

今回はスラックスと合わせてみましたが、嫌味の無い配色で、とても品良く纏められています。

 

秋物の手始めに今季も心地の良い提案が多い、CURLYから初めてみてはいかがでしょうか。

CURLYの突き詰められた一枚。

CURLY の無地Tee


直接肌に触れるモノだからこそ、その良さを強く感じて頂けると思います。


不快感の高まる夏にはなおさら、快適さの基準は高く設定しておきたい。


常に旬なシルエットを提供しつつ、着用せずとも分かる、上質な肌触り、拘りの縫製。


定番として君臨し続け、突き詰められたこのシリーズは、絶対の自信を持ってオススメ出来る一枚。


クルーネックとVネックの2型が今シーズンの最終入荷です。


普遍的で間違いの無い一枚を、ちょうどお探しの頃ではないでしょうか。


CURLY ✕ MOONSTAR

梅雨ですが、それを感じさせないくらいの快晴、気持ち良いくらいです。


今週末なんかは、絶好のTシャツ日和ではないでしょうか。


夏を快適に過ごすためのアイテムがガツッと揃っていますが、本日から発売のこんな一足も店内の充実度を更に上げてくれています。


ローテクだけどハイテク・・?


クオリティに拘る CURLY ✕ MOONSTAR の気になる一足が入荷しています。


"CURLY" と "MOONSTAR"


両者とも日本生産に拘りを持つ、名ファクトリーのコラボレーション。


なんとも独特で流麗な仕上がりを見せるフォルム。ベースは70'Sのスニーカー。


ヒールカウンターやソールの色・厚み、そして、壊れにくくしなやかなヴァルカナイズ製法で。


MOONSTAR が生み出すプロダクトのクオリティは、実物を手にせずともお分かりの方も多いかと思いますが、CURLYが関与するとそこだけじゃない仕掛けが。


実にカーリーらしい仕様で、アッパーにはカットソー素材が使われています。


この靴のここが "ミソ" なんですが、綿100%の柔らかな風合いを保ちつつ、NUMBER PLUS という特殊な撥水加工が施されています。


しっかりローテクなフォルムでありながらも、着用者の目線に立った、CURLYらしい嬉しい気遣い。


ボテッとしすぎないので、パンツの丈の変化があるこの時期でも幅広く着用いただけそうです。


夏物は殆ど完納、今週末は天気も良いようなので、充実の店内を覗いてみてはいかがでしょうか。






 

CURLYらしいトッピングで。



毎回、紹介のたびに早々と店頭から姿を消してしまうCURLYのアイテム。


適度なひねりと、工場直営ならではの信頼のクオリティ。どれをとっても、良質で良作。


そして、今回入荷した "ADVANCE HS TEE" も気軽で程よい作り込みが、とても使えそうです。









ややゆとりのあるサイジングに、スソはカットオフ。異素材が付けられたマチも軽さを付与してくれています。


見た目はドライでガッシリ、光りの加減でムラのようにも見えるテクスチャーが、Good On とか Good Wearに共通する、アメリカンな感じに。


でも、着心地はさすがCURLY、よく考えられています。


ちょっとルーズなサイズバランスに加えて、厚すぎない生地のバランスで、親しみやすさをプラス。


馴染み深いあの感じに、CURLYらしいトッピングが加わった、デイリーな一枚です。

CURLYの表情豊かなサマーニット


Tシャツ類も全開の店内ですが、今年は多種多用な生地での提案が多いような気がします。


サーマル、ワッフル、鹿の子、シアサッカー、ヘビーウェイトから上質なモノまで本当に様々です。


CURLYから入荷のあったTeeも、豊かな表情を覗かせています。


リネンを混紡した、表情豊かなサマーニットで、とろんとしたドレープ感のある一枚。


ナチュラルな雰囲気の強いリネンは、あえてのダークトーンで中和しつつ、夏らしく。

CURLY / CLOUDY HS TEE ¥8,800- (+tax)





不思議な感じがしますが、あんまり重たく見えない、ダークトーン。


素材の光沢感や、襟や裾の断ち切り処理も軽さを演出する、ひと工夫。


ただ、それだけでは終わらないのがCURLY。


表地は粗い表情に対して、裏地には素肌に着れるほどに滑らかな生地がチョイスされています。


サマーニットというとそれなりの着心地になってしまうところを、包まれるようなソフトタッチに。


ノーマークだったこんな一枚も、活躍が期待できそうです。

 

curlyの5分袖は3シーズンで。

カットソーの良さを肌で感じられるこの時期は、全アイテムをカットソーで提案するCURLYにとってまさに力の見せ所。


表情豊かなワッフル素材で製作された5分袖Teeが優秀な仕上がりです。


一枚着でもレイヤードでも映える設計は、”半袖一枚で” となかなか踏み切れない気候をよく捉えています。

CURLY / CLOUDY QS TEE ¥6,800- (+tax)
COLOR : INK BLACK , OLIVE , GRAY , WHITE



こういう生地って伸びる、、そんな懸念も織り込み済み。


組織に変化を加えた編み立てで、型崩れしづらい仕様に。


元々は、素材・生地や縫製の分野を生業としてきたCURLYらしい気遣いが。

五分袖というある意味で中途半端な仕様がまた面白い。


裾のラウンドや生地の柔らかい凹凸感とあいまって、一枚着でもとても新鮮なニュアンスに。


インナー使いでも、もたつかずスッキリと着用頂ける、七分と半袖の良いとこ取り。


Tシャツ=夏とは言わずに、春〜秋まで3シーズン、ガツガツ着用頂ける一枚です。


紹介が追いついていませんが、CURLYの夏コレクションも本格始動。


オンラインストアもカタログ代わりにご覧下さい。



curly 通信販売ページへ
HP
Instagram
SEARCH THIS SITE.