<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CURLY 爽やかで味のある色合いのボーダーTee

今日から6月です、予報では雨でしたが天気に恵まれ月の初めを迎えることができました。

 

春夏物もばっちり入っているので是非ご来店ください。

 

さて、じめじめとした嫌な暑さが続き何を着ようか考えるのも面倒...という方もいるのでは?

 

そんな日でもさらっと一枚で清涼感溢れるスタイリングが可能なとっておきのカットソーのご紹介。

 

CURLYから"BRUSH BORDER TEE"

 

CURLY / BRUSH BORDER TEE ¥6,400- (+tax)

 

 

クルーネックとボートネックの中間のような首回り、非常に柔らかな着心地が特徴的。

 

裾はラウンドしておりレイヤードスタイルでも着用していただけます。

 

さらにこちらはほぼ手作業に近い方法で染められており、非常に手間と時間をかけた一着です。

 

均一ではなく部分によって染まり方が違うのがポイント。

 

掠れたような色合いで味わい深い一枚になっています。

 

シンプルなものが多いボーダーTeeですがこういった拘り溢れるものだと愛着が湧きそうです。

 

じめじめとした暑い日でも清潔感、清涼感のあるスタイリングが期待できそうです。

 

 

CURLY の商品一覧へ

 

 

 

 

 

 

 

 

シャツのようなカットソーのような。CURLYのスモック

 

 

昼間は薄着でも過ごせそうな陽気です。

 

でもカットソー1枚、シャツ1枚は心もとないような・・。

 

CURLY のカットソーというかシャツというか、絶妙なニュアンスの一着が使えそうです。

 

CURLY / NOMADIC LS SMOCK SHIRTS ¥12,800- (+tax)

 

ボタンレス、カラーレスでボックスシルエットの一着は、シャツのようでもあるし、カットソーのようでもあるし、絶妙です。

 

スラックスのようなアイテムと合わせればシャツに見えるし、

 

カジュアルなデニムのようなアイテムと合わせればカットソーのように見える。

 

さらには、襟付きのジャケットに合わせるのか、ブルゾンに合わせるのか、そこでも見え方が変わってきそう。

 

着るものに困るこの時期においては、こんな一着が使い回せそうです。

 

シャツかカットソー、迷っている。

 

そんな方に、そのどちらも補ってくれる欲張りな一着は想定外だったのではないでしょうか。

 

 

CURLYらしいデニムの提案。MAZARINE HZ PARKA

良い天気ですね〜。そんな言葉が沢山聞こえた一日でした。

 

暖かくなってくると、デニムが恋しくなってきます。

 

デニムシャツ、デニムパンツは皆様お手持ちかと思いますので、ひとひねり効かせた一着はいかがでしょうか。

 

着心地や素材感にフォーカスしたCURLYらしいデニムの提案です。

 

CURLY / MAZARINE HZ PARKA ¥21,200- (+tax)

 

一見すると、春らしい淡いトーンのデニムパーカー。

 

柔らかく、着心地を重視したこちらは、ニットデニムと呼ばれる素材を使用しています。

 

カットソーさながらの肌触りなのに、しっかりデニムらしい味わい深い変化が見られる。

 

スウェットみたいな伸びそうな生地でもなくて、しっかりと張りがある。

 

矛盾しているようですが、すべてが成り立った、カットソーの気持ちよさとデニムの美しさを両立した素材になります。

 

そんな好素材をハーフジップパーカーに落とし込んだ一着。

 

フードの立ちや、程よいゆとりあるシルエットが、この季節にちょうど良さそう。

 

良い雰囲気が漂ったデニムパーカーは、CURLYらしい容易なスタイリングを可能とする一枚です。

 

 

 

CURLY の商品一覧へ

bean's online store

 

CURLY サッと羽織れるフライトジャケット。

CURLY / SINGULAR G8 BLOUSON ¥25,900 (+tax)

 

春物ならではの撥水加工が効いたジャケットだと、雪も気にせず外出できそう。

 

CURLYより、G-8 (WEP) フライトジャケットをベースに製作された一着が届きました。

 

WEPのシブさを残しつつも、着用しやすいバランスで、さらには機能性も高められています。

 

 

 

巷にはフライトジャケットが蔓延していますが、意表を突いて WEP のディテールはとても新鮮。

 

PRIMEFLEXという、生地の張りとストレッチ性を兼ね備えた繊維を採用し、

 

肩周りがストレスフリーの、超快適な着心地に仕上がっています。

 

ストレッチ性があるのに、撥水性も確保し、天候が安定しない春先には怖いもの無しな仕様なのも嬉しい。

 

いかにもアウターには見えないし、シャツほどは軽くない、絶妙なバランス。

 

しっかり見えるのにサッと羽織れる気軽さが、この一枚にはあります。

 

着用シーンがしっかりと見えてきて、実にCURLYらしい、便利な一着です。

 

CURLY の商品ページへ

Bean's online store へ

 

 

CURLYらしい仕掛けの効いたコットンニット。

 

 

眩しい日差しが差し込んだ一日。ちょっとだけ春も近くなってきたのでしょうか。

 

店内は、着々と春の準備が進んでいます。

 

中でも、CURLY のコットンニットは今すぐ活躍しそう。

 

ざっくり編みの豊かな表情と、CURLYらしい仕掛けが効いた一枚の紹介。

 

CURLY / ASSEMBLY CREW KNIT (181-35012) ¥15,700- (+tax)

 

しっかり気ごたえのあるニットですが、軽やかさが感じられるのは、

 

ゆとりあるサイズ感とサイドのスリットが効いているから。


お得意のポケットのディテールも、さり気なく嬉しい仕掛けです。

 

インナーでも、一枚でも、スウェットのような感覚で着用いただける厚さだけに、

 

使える幅はとても広いのではないでしょうか。

 

ブラック、オレンジ、グレーの3色からなるラインナップ。

 

ブラック、グレーが使いやすいのは言うまでもありませんが、オレンジも今季らしいナイスカラー。

 

やっぱり2月に入ると、気持ちは春物でソワソワしてしまいます。

 

オンラインストアやブログで紹介できていないアイテムも多数ありますので、店舗も覗いてみてはいかがでしょうか。

 

CURLY の商品を見る

bean's online storeへ

 

CURLYの名作パーカーが再び。

本日からスタートした MORE SALE

 

初売り〜MORE SALEと、2018年に入ってから2回目のご来店という方も。

 

いつもありがとうございます。

 

セールアイテムの対象も増え、見応えある店内ですが、春物の入荷も少しずつ始まっています。

 

春物といっても、レイヤードでしっかり生きてきそうな生地感。

 

こんな一枚なんかがまさにそう。

 

CURLYの名作パーカーが再び入荷しています。

 

 

霜降りの表情が素敵な一枚です。

 

あご下までカバーしてくれるネック周りの造りや、着心地をサポートするラグランスリーブ、

 

更には、ファスナーを開けて着用した時に、美しく見えるよう設計されたシルエットの美しさ。

 

無駄を削ぎ落としたシンプルな一着ですが、他との違いを感じていただけるかと思います。

 

アウターの中に合わせても丁度良い厚さなので、真夏以外だったら年中着用いただけそうな一着です。

 

MORE SALEをご覧頂いたついでに、ちょっとチェックしてみてください。

 

curly / RAFFY ZIP PARKA ¥16,800- (+tax)

 

 

 

 

 

ニットパーカーという面白い提案。CURLYより。

本日もご来店ありがとうございました。

 

暖かいアイテムを探しに、駆け足でのご来店が増えています。

 

そんな中で、curlyらしい気の利いた提案がありました。

 

ニットの暖かさと、フードのある安心感を満たした、WOOL100%のニットパーカー。

 

ゆとりあるシルエットですが、フードはあえて小振りに。

 

メリハリ付けて、だらしなくならないように配慮された一枚。

 

スタイリングによく馴染む、暖かい一枚をCURLYからいかがでしょうか。

 

CURLY / PADDINGTON PARKA ¥19,500- (+tax)

 

裾のスリットや両脇に設けられたポケットなど、欲しい仕様がしっかり備わった一枚。

 

WOOL100%なので、そんなに厚手ではありませんが、しっかり暖かい。
 

撮影は、夕方の肌寒い時間帯でしたが、快適でした。

 

スウェットパーカーやマウンテンパーカーも好きなんですが、どうしてもラフすぎたりスポーツすぎたりしてしまう。

 

いつもそんな事を思っていたので、ニットパーカーという提案がとても新鮮に感じます。

 

ポイントをしっかり抑えた、CURLYらしいセンスが光る一枚ではないでしょうか。

 

今日くらいだったら、一枚着で。もう少し寒くなったらアウターやコートの中にも。

 

かさばらないので様々なシーンでお使いいただけます。

 

なんか良いセーター無いかな、なんて考えていた方に、ニットパーカーというアイテムも候補に推薦したい一枚です。

 

 

 

ベロアもCURLY製となれば親しみやすい表情に。

 

秋冬にしか味わえない、暖かみのある素材感が気になってきます。

 

中でも、ベロアやコーデュロイといった生地が、今季は特に提案の多い素材。

 

CURLY から入荷のあった、その名も "パディントントレーナー"。

 

着心地にも見た目にも、柔らかくて暖かい、ゆったりリラックス感漂うシルエット。

 

ネーミングは、クマのパディントンからでしょうか、、

 

いずれにせよ、そんな名前がぴったりはまる一着です。

 

CURLY / PADDINGTON TRAINER ¥16,500- (+tax)

ベロアの上品な雰囲気と相反する、ゆとりのあるサイジングが丁度よいバランスです。

 

細かなところでは、裾が絞れたり、ポケットがあったり。

 

何気ないようで、あると嬉しい作り込みの数々。

 

散々ご覧頂いた後になってしまいますが、滑らかでヌメリのあるベロア生地ですが、

 

しっかり洗えるのもとても気が利いています。

 

ベロア生地の質感が、アウターの中からでも、良い表情を覗かせてくれます。

 

なかなか取っ付きにくいベロアという生地も、CURLY製となればチャレンジしやすいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

CURLYのニットデニム。これはスゴいです。

これはすごい。

 

第一印象はデニムなのに、スウェットパンツやジャージのような快適さ。

 

実はニット編みで製作されたニットデニム。

 

カットソーやニットが得意な CURLY らしく、快適な着用感は保持しつつ、誰が見ても遜色無い表情に仕上げられています。

 

デニムの硬さが苦手な方や、快適性を求める方に。

 

CURLY が製作するプロダクトの素晴らしさを再認識することが出来る一本に仕上がっています。

CURLY / MAZARINE ST TROUSERS (173-43082AQ) ¥21,200- (+tax)

COLOR : ANTIQUE INDIGO

 

糸の表面だけを染めるロープ染色という技法でインディゴ染めされており、芯の部分は染めきらずに白いままで。

 

そんな特殊な染色による色のメリハリが、奥行きと深みのある唯一無二のトーンに。

 

更には、デニムの産地、岡山県は児島の職人の手で一本一本ヒゲやアタリの加工が加えられています。

 

クセの少ない、スラックス型でスリムなシルエットは、デイリーウェアとしても快適に日常を過ごしていただけそうです。


再三言いますが、デニムではありませんが、徐々に退色していく、色落ちの過程も楽しんでいただけそうです。

 

ストレッチ入りのデニムも良いのですが、これはこれで、魅惑の履き心地です。

 

ワイドパンツやトラックパンツの快適さから離れられないのと同じく、

 

このパンツも着用者の心を鷲掴みにする一本かと思います。

 

騙されたつもりで試してみてください。

品良く多彩な色使いで。CURLYのボーダーL/S

やはり秋冬シーズンは、多彩な色を取り入れてみたいです。

 

curly からもそういった提案が。

 

定番となるコシの強いボーダー素材に、裾と袖にはジャガード織りを。

 

重ね着にも見るディテールは、一枚でサマになってしまう存在感と便利さがあります。

 

ジャガード部分には、それぞれネイビー、オリーブ、赤茶の3色がボーダー色を考慮して使われています。

 

CURLY製となると当たり前のように感じてしまいますが、もちろん着心地に優れた一枚。

 

今回はスラックスと合わせてみましたが、嫌味の無い配色で、とても品良く纏められています。

 

秋物の手始めに今季も心地の良い提案が多い、CURLYから初めてみてはいかがでしょうか。

SEARCH THIS SITE.