<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CURLY夏の定番。やっぱりこれ、良い。

CURLY / SDH HS CN TEE ¥6,800- (+tax)

 

 

この夏に、気持ち良い一枚でお探しでしたら、

 

迷わずこちらを。

 

いつも快適な着心地を提案してくれる CURLY が、

 

「理想の生地作りを追求し完成した」

 

と言うのですから、只者ではない。

 

春先に長袖で提案させていただいたモデルの、

 

半袖バージョン。

 

 

手に取る人、手に取る人から、

 

「良いですね」の声が聞こえてきますが、

 

確かに良いんですよね。このTシャツ。

 

ファーストタッチから気持ち良い。

 

しかも、繊細で心地良い生地なのに、

 

ハリがあって、型崩れもし辛い。

 

 

ちょっと長めの袖とか、ラウンドした裾の感じとか、

 

単なる無地じゃない見え方も、

 

CURLY ならでは。気が利きすぎています。


夏の恒例、定番として提案されるこのシリーズですが、

 

やっぱり良いなと思える一枚。

 

今年も一枚どうでしょうか。

 

 

CURLY のかすれボーダー。新鮮です。

お客様の皆様には、マスクの着用と消毒にご協力いただき、

 

誠にありがとうございます。

 

スタッフもマスク着用で対応させていただいております。

 

引き続き、ご協力をよろしくお願い致します。

 

--------------------------------------

 

CURLY から毎年欠かさずリリースされているボーダーTeeですが、

 

ひとつとして同じ物は無く、

 

毎シーズンアップデートが繰り返されています。

 

毎年手に取る方に喜ばれる一枚ですが、

 

今年は更に良い仕上がり。

 

 

CURLY得意の滑らかで繊細な、、

 

というよりも、どちらかと言えば

 

屈強な生地にアップデート。

 

珍しいなぁと思いますが、これはこれで良い。

 

地厚な生地ですので、汗ジミ・型崩れは気にしなくて良いし、

 

ガンガン着用できる嬉しい一枚。

 

 

なんとも言えないカスレた色味が、

 

パキッとしすぎず、夏らしい空気感を演出する一枚。

 

白黒ボーダーは鉄板ですが、

 

カスレた表情にボーダーと来ればブラウンやサックスも

 

コーディネートに良くハマる。

 

 

程よくゆとりのあるサイジングに、裾のスリット。

 

優秀なそんなバランスは変わらず健在。

 

アップデートされたオンスのある生地は

 

シルエットも強調してくれて、

 

良い見え方がします。

 

 

ボーダーはボーダーでもカスレボーダーって凄く新鮮。

 

ユニークなブルーやブラウンで攻めて見るのもどうでしょう。

 

CURLY のかすれボーダー、優秀です。

 

<credit>

Cap:KIJIMA TAKAYUKI / Jet Cap (No.201104)

T-shirt:

Pants:UNIVERSAL PRODUCTS / No Tuck Wide Chino Trousers -Camel

Bag:hobo / POWER RIP®︎ POLYESTER HANDLE POUCH

便利な羽織りをお探しならCURLYから。

 

 

今日は非常に暖かく、まさしく春だなって天気でしたが、

 

日が暮れてくるとやっぱりまだ肌寒かったり。

 

やっぱり春のコーディネートには、サッと羽織れるカーディガンが好ましいです。

 

カットソー、シャツ、ニット等の、

 

シンプルな服装にプラスしたい、

 

CURLYのカーディガンが非常に便利。

 

 

シャリっとした肌離れの良い快適素材が、まあ楽。

 

ジャージー素材みたいなとろみと光沢、

 

それでいてシャツのようなハリ感のある生地が、大人っぽさを引き出してくれます。

 

スナップボタンやシャーリング、絶妙な丈感といった、

 

ジャケットライクなデザインもあってか、

 

かっちりしすぎない程度のバランスなのがまた使いやすいんです。

 

とりあえずサッと羽織れば良く魅せてくれる、

 

便利な羽織りが、今から夏までしっかり活躍してくれます。

 

 

 

<styling>

・Tops : CURLY / BRIGHT CARDE "Kersey" (D.Navy) ¥17,200-(+tax)

・Knit : CURLY / ASSEMBLY CREW KNIT (Bondi Blue) ¥16,300-(+tax)

・Pants : CURLY / KIPS EZ TROUSERS (Gray) ¥17,500-(+tax)

 

CURLYの商品一覧へ

パーカー1枚でもCURLYが作ると優秀に。

 

到着を待ってました!

 

ってぐらいのナイスタイミングで届いたCURLYのプルオーバーパーカー。

 

厳しい冷え込みで、フード物の確保は急務。

 

パーカーをお探しでしたら、迷わずコレ。

 

皆様も一度は着用したことがあるスウェットパーカーだからこそ、

 

袖を通してみてこの良さを感じていただけるはずです。

 

 

秋冬仕様の裏起毛で、沢山の空気を含んだような、ふんわり生地。

 

程よく肉厚ながら、スウェットのずっしり感は皆無。

 

インナーでもギリギリかさばらないし、一枚でも薄すぎない感じ。

 

これぐらいの絶妙なバランスって案外見つからないんです。

 

肩周りの自然な落ちを演出するラグランスリーブや、

 

首周りのクロスした生地使いはボリューミーで見た目にも暖かい。

 

パーカー1枚でもCURLYが作るとこんなに優秀。

 

スタイリングにフードを加えたい皆様に、カーリーのプルオーバーが使えますよ。

 

CURLY / RAFFY PO PARKA ¥13,800- (+tax)

 

<STYLING>

・TOPS : CURLY / RAFFY PO PARKA (GRAY) ¥13,800- (+tax)

・INNER : CURLY / CLOUDY 2B HN TEE (Brick) ¥10,800- (+tax)

・PANTS : EVCON / CORDUROY WIDE PANTS (Brown) ¥20,000- (+tax)

 

今年もCURLYのジップパーカーが手放せない。

花巻祭りも今日が最終日となりました。

 

店舗前を、賑やかに華やかに練り歩く山車の数々。

 

今年は3日間とも天候に恵まれ、心做しか例年よりも活気づいて見えました。

 

祭りの熱に負けず劣らず、店内の秋物も勢いづいています。

 

 

やっぱり涼しくなり初めの微妙な季節は、

 

楽に脱ぎ着できる羽織り物が活躍します。

 

そんなグッドなタイミングで良さそうなものが。

 

CURLYから、今年も着たい名作「RAFFY ZIP PARKA」が届いています。

 

秋冬仕様の裏起毛。

 

ですが着てみるとそこまでの厚みは感じない、良いバランス。

 

シルエット、フードのボリューム、大人っぽく魅せてくれる霜降り。

 

羽織りにもインナーにも、ラフに格好良く決めれる1枚が手放せません。

 

 

CURLY / RAFFY ZIP PARKA ¥16,800-(+tax)

 

風が強い日には首周りをすっぽりと覆ってくれるジップディテール。

 

開けて着るにしても、カットソーの上からサッと羽織るだけで様になっちゃう。

 

どちらの着方にせよ、完成されたシルエットバランスは、

 

CURLYならではの拘りをひしひしと感じます。

 

支持され続けている定番アイテムなだけに、他には無いなと思わせてくれる一着。

 

「ジップパーカーならCURLYで間違いなし」

 

それくらい洗練されていて、他のアイテムにも良く馴染む万能っぷり。

 

まずは試してみてください。「やっぱりこれじゃなきゃ」そう感じていただけるはずです。

 

 

CURLYの商品一覧へ

CURLY usedのような味わい深い仕上がり。

 

さすがはCURLYです。

 

古着のようなフェード感のある独特の色味に、

 

ラグランスリーブ仕様の、ビンテージライクな一着。

 

ふっくらとした弾力のある生地感は、春先、抜群に丁度良い。

 

CURLY / Frosted Crew Sweat -Grage ¥16,200-(+tax)

 

ひとしきりにスウェットといっても、様々ありますが、

 

だらしなくならない上手くバランスのとれた、

 

こんな一枚なら、コーディネートに組み込むのが楽しくなりそうです。

 

シンプルな見た目ですが、脇下のリブガセットや、

 

サイドのポケットなど細かなディティールにも注目すると、

 

ブランドならではの拘りを感じていただけます。

 

味わい深いカラーリングは、グレイジュとライトブルーの2色。

 

上質なスウェットをお探しでしたら、春らしいこんな一枚がオススメです。

 

 

CURLYの商品一覧へ

スウェットジップパーカーならコレ一択。

毎シーズンマイナーチェンジを繰り返し、リリースしている、

 

CURLYの名作「RAFFY ZIP PARKA」。

 

誰しも一枚は持っている、スウェットパーカーですが、

 

やっぱりこの一枚が最高に良い。

 

そう思っていただける代物です。

 

CURLY / Raffy Zip Parka -Charcoal ¥16,800-(+tax)

 

 

少々早めの春夏仕様ですが、

 

今からでも充分使っていただける一着。

 

首周りまですっぽりと包み込んでくれるフードが、風の強い日にはありがたい。

 

今時期ですと、ニットの上からさらりと。

 

秋冬は中間着として、と考えるとオールシーズン使える万能アイテムです。

 

シンプルながら、洗練されたデザインは、

 

多くのスタイルに馴染みやすいはず。

 

スタイリングの定番として、確実に重宝する一点となっています。

 

 

CURLYの商品一覧へ

 

@1989_line
友だち追加

CURLY ラフに着れる大人なセーター。

良い色ですよね...

 

徐々に冷え込んできたこの時期に丁度良い、

 

肉厚で柔らかなセーターがCURLYより入荷しています。

 

 

秋冬の大人の綺麗目スタイリングにかかせないセーターですが、

 

ビッグに着こなせば、今っぽいラフなスタイリングができます。

 

ボリュームのあるサイズ感を、キュッと締まった太いネックや長すぎない丈感によって、

 

だらしなくならない、まとまりのあるシルエットに。

 

シンプルな見た目でありながら細かい拘りにより、バランスのとれたシルエットを実現しています。

 

ラグランスリーブに袖リブのロールアップや、サイドのスリット、ポケットなど、

 

細かいディティールが加わり、少しくだけた感じで着れるセーターが新鮮に感じました。

 

CURLY / AZTEC CN SWEATER ¥17,500-(+tax) 

 

 

そしてこの色。

 

イエローだけど、きつすぎない少しくすみのある、落ち着いたカラー。

 

秋冬のこの時期に映えるような、上品なカラーリングに目を惹かれます。

 

コートなどのインナーで、差し色としても素敵だと思います。

 

一枚で着てマフラーを巻いたり、中に襟シャツを使ったスタイリングなども良さそう。

 

着てみて思いましたが、本当に気持ちの良い着心地で、

 

スタイリングの主役としてこの時期から活躍を期待できそうです。

 

CURLYの商品一覧へ

 

@1989_line
友だち追加

CURLY 爽やかで味のある色合いのボーダーTee

今日から6月です、予報では雨でしたが天気に恵まれ月の初めを迎えることができました。

 

春夏物もばっちり入っているので是非ご来店ください。

 

さて、じめじめとした嫌な暑さが続き何を着ようか考えるのも面倒...という方もいるのでは?

 

そんな日でもさらっと一枚で清涼感溢れるスタイリングが可能なとっておきのカットソーのご紹介。

 

CURLYから"BRUSH BORDER TEE"

 

CURLY / BRUSH BORDER TEE ¥6,400- (+tax)

 

 

クルーネックとボートネックの中間のような首回り、非常に柔らかな着心地が特徴的。

 

裾はラウンドしておりレイヤードスタイルでも着用していただけます。

 

さらにこちらはほぼ手作業に近い方法で染められており、非常に手間と時間をかけた一着です。

 

均一ではなく部分によって染まり方が違うのがポイント。

 

掠れたような色合いで味わい深い一枚になっています。

 

シンプルなものが多いボーダーTeeですがこういった拘り溢れるものだと愛着が湧きそうです。

 

じめじめとした暑い日でも清潔感、清涼感のあるスタイリングが期待できそうです。

 

 

CURLY の商品一覧へ

 

 

 

 

 

 

 

 

シャツのようなカットソーのような。CURLYのスモック

 

 

昼間は薄着でも過ごせそうな陽気です。

 

でもカットソー1枚、シャツ1枚は心もとないような・・。

 

CURLY のカットソーというかシャツというか、絶妙なニュアンスの一着が使えそうです。

 

CURLY / NOMADIC LS SMOCK SHIRTS ¥12,800- (+tax)

 

ボタンレス、カラーレスでボックスシルエットの一着は、シャツのようでもあるし、カットソーのようでもあるし、絶妙です。

 

スラックスのようなアイテムと合わせればシャツに見えるし、

 

カジュアルなデニムのようなアイテムと合わせればカットソーのように見える。

 

さらには、襟付きのジャケットに合わせるのか、ブルゾンに合わせるのか、そこでも見え方が変わってきそう。

 

着るものに困るこの時期においては、こんな一着が使い回せそうです。

 

シャツかカットソー、迷っている。

 

そんな方に、そのどちらも補ってくれる欲張りな一着は想定外だったのではないでしょうか。

 

 

SEARCH THIS SITE.