<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
KIJIMA TAKAYUKI のニットキャップが2型。良いですよ。

 

KIJIMA TAKAYUKI のニットキャップが揃いました。

 

キレイな編み地がスタイリング引き締めてくれそうなウール100%のニットキャップと、

 

アルパカさんの暖かな雰囲気が柔らかさを演出してくれそうなニットキャップの2型。

 

帽子屋さん謹製のキャップだけあって、被り心地と着用時のフォルムの良さは、右に出るもの無し。

 

頭が痒くなってきたー。そんな経験せずに済みそうです。

 

それぞれ相反する雰囲気ですが、それぞれがまたまた使えそうな雰囲気ではないでしょうか。

 

帽子などの被り物があると、冬のアウターとのバランスも取りやすいはず。

 

帽子と言えば、真っ先にオススメしたい KIJIMA TAKAYUKI のニットキャップ。良いですよ。

 

KIJIMA TAKAYUKI / KN-172906 ¥9,000- (+tax)

material : alpaca100%

 

KIJIMA TAKAYUKI / KN-172802 ¥8,000- (+tax) 

material : wool100%

KIJIMA TAKAYUKI 機動力の高い逸品。

パリッと、軽くて、たためるハット。


気候の変化が激しい今であれば、機動力の高いこんなハットの良さを確実に感じていただけそうです。


"KIJIMA TAKAYUKI" というと、キャップ、ベレー、そんなアイテムも取り扱いがございましたが、ブランドの強みはやっぱりハット。


秀逸な作りの良さは被ったその瞬間から感じて頂けると思います。


本日紹介の逸品も、「春と夏」という2シーズンを良く理解した、利便性に富んだ仕様。

KIJIMA TAKAYUKI / 171224 バケットハット ¥12,000- (+tax)
color : navy , khaki






コットン/ナイロンのパリッと張りの強い、型崩れの少ない生地。


シワも良く映る素材感は、折りたたんでカバンやポケットに、日除けやスタイリングのワンポイントに。


アイレットは☆型で、さり気ない遊びが心を掴みます。


被ってみて分かりましたが、驚きの軽さはもとより、程よく下に向いたツバもバランスの取りやすい一因に。


このハットも例に漏れず、完成度の高さを感じて頂ける良作です。
KIJIMA TAKAYUKIのレザーベルト バケットハット


まだまだ肌寒いですが、晴れの比率が確実に増えてきました。


そろそろでしょうか。被り物がほしくなってくる季節です。


豊作な KIJIMA TAKAYUKI のラインナップの中でもユニークな一点の紹介。


ハットメーカーならではの、手の込んだ愛着の湧いてくる仕様です。


背面のカットオフとレザーベルト。この生地の大人な印象を柔らかく中和させてくれます。

KIJIMA TAKAYUKI / 171107 レザーベルト バケットハット ¥15,000- (+TAX)

程よい長さのツバとレザーベルトのバランスが、合わせるモノを選ばず被っていただけそうです。


シャリっとしたシャツから、フライトジャケット、天然素材なんかにも良くマッチしそう。


とにかく合わせやすいし、背面から見た時の愛らしさが被りたい気持ちを強めてくれます。


純粋に日除けとしても。型くずれを余り気にしなくて良さそうで、機動力も高い。


手持ち無沙汰になりやすいシーズンの、純粋に、アクセントとしても。


スタイリングにしても、機能面でも、この手のハットには助けられたなぁ、、って経験が結構あります。


被ってみると、やっぱり良いな〜と感じられる KIJIMA TAKAYUKI のハット。しっくりくる感じは別格です。



KIJIMA TAKAYUKI のバケットハットをオンラインストアで見る
Bean's オンラインストア (HP)
Instagram

 

KIJIMA TAKAYUKI 今シーズンも魅惑のアイテムが並びます。



入荷ラッシュが止まりません。


色とりどり軽快なヘッドウェアが並び、一層春らしさが増した店内。


KIJIMA TAKAYUKI からもキャップ、ハット、ベレーが顔を並べています。


個人的にも様々なメーカーの帽子を被っていますが、ここの被り心地は最高です。


蒸れやすい春夏シーズンなら、なおさら良さを感じていただけそうです。


ヘリンボーン、バーバリークロス、リネン、カットオフ。


快適で表情豊かなファブリック、ユニークなバランス感。


個々のアイテム紹介はまた後日させていただこうと思っています。


一度被ったら他のは・・・なんて声も多数。今シーズンも魅惑のアイテムたちが並びはじめました。





KIJIMA TAKAYUKI の商品一覧を見る

Bean's オンラインストア (HP)
Instagram

 

KIJIMA TAKAYUKI 両A面なハットです。

これは斬新。両A面なハットです。


2枚の生地を貼り合わせられたリバーシブルハットは、なんだかお得感があって嬉しいです。


シンプルな一方と、冬を意識させるもう一方、相反する組み合わせは使える幅が本当に広い。


KIJIMA TAKAYUKI からリバーシブルハットが入荷しています。

KIJIMA TAKAYUKI / 162935 Reversible Hat ¥18,000- (+tax)







気になるカラーリングは black × black と、gray × khaki の2パターン。


裏返す事で生じる生地のダメージも考慮して、しっかり型どられた形状記憶素材。


使い込むとフニャフニャに。なんて事も無さそうです。


万能性が垣間見えるクセの少ないオモテ面と、ニット等と良く合いそうなウラ面。


様々な姿で楽しんでいただけるアイテムは、秋の装いを一層豊かなものへ。


ブランドコンセプトが示すとおり、"様々なスタイリングに合うハット" 正にそれを具現化している一点です。

 

 

Bean's HP (オンラインストア)
Bean's Facebook
Bean's Instagram

スタッフ募集のお知らせ

久々のマリンキャップは便利です。

昼間は日傘を差している方も増えたように感じます。


日差しが強くなってきたからでしょうか。


メンズだと日傘というチョイスはあまりないので、この時期だとハットの出番が増えています。


ハットは私も愛用者の一人で、夏には間違いなく欠かせないアイテムではありますが、たまには違うモノを被りたい日もあります。




徐々に入荷が始まっている秋物の中に、マリンキャップがありました。ナイスなタイミングです。


久しぶりにKIJIMA TAKAYUKIからオーダーしたもので、秋物と言ってもコットン/ポリエステルのオールシーズンファブリック。


被り心地も最高なのでこれは使えそうです。

KIJIMA TAKAYUKI / マリンキャップ (162714)  ¥11,000- (+tax)
color : black , navy

久しぶりのマリンキャップは新鮮で、上品な光沢感と生地のハリ感があり、被っていて気持ち良い。


程よくふっくら感が生まれる感じも、計算ずく。


シンプルなように見えて、着用すると感じる良さは流暢です。


急な用事に、レジャーに、旬の野球観戦に・・


折りたたんでカバンに忍ばせて置いても良いし、ちょっとした外出に、さっと被れる気軽さがあります。


秋口には、セントジェームスと合わせたり、薄手のジャケットに合わせたり、、万能に使えそう。


絶妙なトーンの違いでブラックとネイビーのラインナップです。


お好みで合わせてみて下さい。



オンラインストアからの購入はこちら

Bean's HP (オンラインストア)>
Bean's Facebook
Bean's Instagram

スタッフ募集のお知らせ

KIJIMA TAKAYUKI 夏場は特に最高です。
岩手県花巻市 最高気温:26度


猛暑という感じではありませんでしたが、遂にTeeシャツやショートパンツを着用することが出来る一日でした。


そろそろ被り物も衣替えが必要そうです。


KIJIMA TAKAYUKI のハットは夏場、特にその良さをわかって頂けるかなと思います。


リネンやパルプ素材をチョイスし、今シーズンは5型のラインナップ。







表面をよく見ると、程よい光沢と細かく繊細な編み模様が特徴。


注意しないと気づけないプロダクトですが、そういった繊細な仕事が着用時のフィーリングを高めます。


不思議と締めつけ感の少ないハットは、ムレやカユみとは無縁で、夏でも快適に着用いただけます。


着用を重ねる程に頭に馴染んでいくといったイメージがあります。


KIJIMA TAKAYUKI 製のハット全てに言えることですが、どれをとっても気取らず、


コーディネートに自然と馴染んでくれるようなニュートラルな雰囲気も良いんです。


帽子嫌いの方でも気に入っていただけるかと思います。


ワイドブリムから、リボン付き、プレーンなディテールまで、お好みでお選び下さい。



オンラインストアで KIJIMA TAKAYUKI の商品を見る

style1
Hat : KIJIMA TAKAYUKI / オーバーサイズワイドブリムハット(161343) Beige
Tee : Goodwear / Tee
Bandana : Needles / Bandana - Polka Dot - (Bordeaux)

style2
Hat : KIJIMA TAKAYUKI / ワイドブリムハット (161106) NAVY
L/S Tee : TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. / sc.0016a. crew neck l/s tee (aluminum , 46)
Necklace(1) : FLAGSTUFF / NAVAJO CHAIN (Silver925)
Necklace(2) : Nina Johnson / Navajo Chain Short Link (Silver925) 


Bean's HP (オンラインストア)
Bean's Facebook
Bean's Instagram


スタッフ募集のお知らせ
"KIJIMA TAKAYUKI" 気軽に被りたい新型ハット

日の出ている時間も段々長くなり、このブログを執筆している18時現在は、空がキレイな赤に染まっています。


休日には、外出することも増えてくる時期かと思いますが、気軽に被れるハットはやはり便利。


KIJIMA TAKAYUKI から入荷しました6パネルハットは、ライフスタイルに気軽に溶け込む一着。


ドライで軽量な被り心地、それに小さくまとめる事が出来る気軽さは、外出の度に被りたくなりそうな機動性。

KIJIMA TAKAYUKI (161226) 6パネルハット ¥11,000- (+tax)
color : black , navy , khaki



6パネルのハットはアウトドアなイメージがあります。


気軽にそういったテイストを取り入れられますし、ハットクリップ等を装着すれば、サイクリング・登山・ハイキング等リアルな現場でも活躍しそう。


カサカサっとしたコットン×ナイロン生地は、家庭での洗濯も可能で、夏でも衛生的に着用できるのは嬉しいポイント。


ブラック、ネイビー、カーキの三色はどれも落ち着いた自然な雰囲気で、今のフィーリングにもしっくりきます。


ワイドブリムや、かっちりしたイメージが強くありますが、こういったカジュアル感あるアイテムも非の打ち所の無い仕上がり。


いつもとまたちょっと違った雰囲気の新型ハットは、アウトドアすぎない、丁寧な作りこみによる上品さも残されており、着こなしの幅もグッと広げてくれそう。


これからの季節は出番が多そうです。



オンラインストアでこの商品(UNUSED / US1108 )を購入する
オンラインストアで UNUSED  のアイテムを見る

Bean's HP

Bean's オンラインストア
Bean's Facebook
Bean's Instagram

 
ワイドブリムをリネン素材で。
KIJIMA TAKAYUKI よりハットの入荷がありました。


秋冬だとラビットファーやウールといった素材が多かったのですが、春夏は軽快な印象の麻を使用。


特有のざっくりした素材もたまらないですが、今後の経年変化も期待できる、着用が楽しみなファブリックです。


レーヨンのリボンがブリムエッジまでトリミングしていて、キュッと引き締めてくれます。


フェルトのハットともまた違った印象なので、新鮮な気持ちで被っていただけると思います。

KIJIMA TAKAYUKI / ワイドブリム パイピングリネンハット ¥15,000- (+tax)

麻=夏 のイメージの通り、通気性、吸湿性にも優れる丈夫な素材なので、蒸れも気にせず快適に着用いただけます。


日差しよけとして、鞄の中にクシャっと忍ばせておいても便利です。


親しみのある形になりますが、異素材で仕立てられることで、コーディネートもまた違った雰囲気で楽しんで頂けるのではないでしょうか。


※Barbour 2016AWの予約受注会を開催しております。
詳細はスタッフまでお問い合わせ下さい。

※休業日のお知らせ
2016年2月10日(水)は都合により休業致します。
オンラインストアの発送も翌日以降となりますのでご了承下さい。


Bean's HPへ
Bean's オンラインストアへ
Bean's Facebook ページへ
Bean's Instagramぺージへ


 
"KIJIMA TAKAYUKI" のショール
「KIJIMA TAKAYUKI」 というと、最高品質のハットメーカーですが、昨日入荷したワッフルのショールも素晴らしい雰囲気を放っています。


190cm × 65cm という特大のショール。


わずかな光沢感と滑らかな生地感がオンオフ問わず大活躍しそうです。


コートの上からスッポリ羽織っていただくだけで、強烈な雰囲気を放つコーディネートが完成します。

KIJIMA TAKAYUKI / サーマルショール ¥9,000- (+tax) (BLACK , KHAKI)




ストールとして長さがあるので、ラフに垂らしても良いし、首元にボリュームをプラスしてみても良い。


ブラックもカーキも清潔感の有る色味で、どんなコーディネートもハットが最高に良く似合うスタイルに。


裾処理もフラットシームで、細部の作りこみまでニクい仕様。


巻き方、合わせ方で無限大に使えるショールは、今までのコーディネートをさらにおしゃれに、楽しいものにしてくれそう。


主役としても脇役としても、素晴らしいアクセントになってくれるので、どう巻くか迷ってしまう、そんな悲鳴が聞こえてきそうなアイテムです。



Bean's HPへ
Bean's オンラインストアへ
Bean's Facebook ページへ
Bean's Instagramぺージへ

 
SEARCH THIS SITE.