<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
両A面な新型Liner Jacket 。 Engineered Garmentsより

 

先にオンラインストアには掲載していましたが、Engineered Garments のコートがようやく着れそうです。

 

軍モノのライナーコートをデザインソースに、首周りと袖口にはリブを配置し、冷気をシャットアウト。

 

リバーシブル仕様で、表地は大人なブロード生地、裏側は光沢あるサテン生地にキルティングを。

 

優等生とワルが共存するような、それぞれ全く異なる雰囲気。

 

でもどちらも使える両A面な一着です。

 

Engineered Garments / Liner Jacket  -KASHA PC POPLIN ¥81,000- (+tax)

 

そういえばリブ付きのコートって着たことがないような・・・。

 

見た目以上に親しみやすく着やすい仕上がりで、リブがスッキリ引き締まった印象を持たせます。

 

リバーシブルですが、しっかり保温性も保たれ、なおかつ軽量。

 

今シーズンよりリリースされた一着ですが、たまらなく良いです・・。

 

このブランドには何度やられてきたことか分かりませんが、着たら負けな気がする一枚と言えそうです。

 

これはかっこいいです。

 

コレだけで完結してしまう便利なモッズコート。Engineered Garments

 

 

 

インナーやパンツがあまり見えないので、コレだけで完結してしまう。結構便利なアイテムです。

 

Engineered Garments より入荷のあった、 HIghland Parka は包容力のあるオーバーコートの仕様で。

 

お得意のリップストップ生地をたっぷりと、大きく生地が遊ぶサイジング。

 

米軍が使用していたM-51モッズコートがベースで、防風の役割を果たしてくれる一枚です。

 

Engineered Garments と云うだけでもうお分かりのとおり、サマになる圧倒的な雰囲気をビシビシと感じます。

 

定番だからこそ安心感がある一枚を、普段のブルゾンやジャケット、ニットなんかの上からバサッと。

 

車社会だとコートって着づらい一枚かもしれませんが、コーディネートの面では大助かり。

 

サラリと一枚で、旬な雰囲気と高い完成度に。着回して着倒してやってください。

 

Engineered Garments / Highland Parka ¥69,000- (+tax)

Engineered Garments / Rounded Collar Shirt 大人を魅了する一枚。

毎年買い足したくなる一枚です。

 

細かい仕様を見ればみるほど、気になってくる Engineered Garments のシャツ。

 

今季は新型の Rounded Collar Shirt が3パターン入荷しています。

 

シャツが便利に感じる季節、しっかり作り込まれているだけに、雰囲気良く着用いただけそうです。

 

Engineered Garments / Rounded Collar Shirt ¥27,000- 〜¥29,000- (+tax)

 

 

見ればみるほど深みのある、複雑なヘリンボーンやグレンチェック。

 

上品な雰囲気のラウンドカラーやボタンを見せない比翼の前開きなど、

 

あえてドレッシーな仕様が、野暮ったく見えずスマートに。

 

非常に細かなところですが、縫製も高級シャツなどに採用されるシングルニードルで、

 

緻密で徹底した作り込みが伺えます。

 

一見するとシンプルな一枚ですが、毎シーズン気になってしまうのは、他では真似出来ない作りの良さがあるから。

 

今季も目の肥えた大人たちを魅了する、優秀な一枚。

 

サラッと羽織るだけで完結してしまいそうな、設計された一枚をお楽しみください。

Engineered Garments 熱狂的なファンを持つバッグ。

Engineered Garments から、熱狂的なファンを持つ逸品です。

 

ショルダーポーチやトートも素材感が秋冬仕様となれば、重厚で重みのある雰囲気を引き立たせます。

 

ちょっとしたお出掛けに便利なショルダーポーチや、1泊くらいならラフに詰め込めるトートバッグ。

 

全体的に、シックにまとめられたカラーにとてもそそられます。

 

定番だからこそ、買い逃してこられた方も多いのではないでしょうか。

 

今季も既に色が欠けてきていますので、お早めにご覧ください。

 

 

Engineered Garments 2018ss先行予約会のお知らせ

visvim , Engineered Garments , 明日の告知になりますが、ニューブランドも。

 

 

今週末よりスタートを控えています。

 

 

店内は、秋物の意識が強まりつつありますが、既に2018SSもご覧いただけます。

 

 

今週末は、Engineered Garments 2018SSの先行予約会を開催致します。

 

 

春夏らしく、ビビットで軽快な印象のカラー、定番色でも素材感に拘ったウェア、サラッと一枚着でも主役になる柄シャツ。

 

 

新型多数で、ユニークかつ新鮮な提案です。

 

 

スタッフまでお気軽にお声がけ下さい。

 

 

明日はニューブランドの紹介を。併せてそろそろウェアの紹介も増やしていきます。

 

 

オンラインストア、インスタグラムも更新が活発になってきますので、ちょっとした合間にでもご覧下さい。

 

 

 

夏の必需品。Engineered Garments 「Fatigue Short」
【臨時休業のお知らせ】
6月30日(金)は棚卸しの為、臨時休業とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。





Engineered Garments より、もうお馴染みの「Fatigue Shorts」


ベイカーパンツをショート丈に、スッキリと大人な香りのする絶妙なバランスです。


ショートパンツだからと言って、なにもラフにまとめず、シャツにサマージャケットのスタイリングなんかもサマになる。


ディテールから生地、縫製まで、忠実でしっかり作り込まれた一本だからこそ、様々な着こなしを可能に。


定番色のネイビー、オリーブに加えて、今年はグレー推し。


上下で色味の差を付けるのも定石ですが、淡めのTeeなんかと合わせても上級者な雰囲気で面白そう。


夏だからこそ、洗練の一本があるとスタイリングもだいぶ楽に纏められそうです。


普遍的に見えて、着用するとやっぱり良い。


「Engineered Garments = 設計された洋服」を感じる事ができる、夏の必需品です。






 
買い足したい一枚。Engineerd Garments "WORKADAY"

Engineered Garments WORKADAY のレーベルからもTeeが届きました。


無地と、newプリントの2型。


アイコン的である、クロスネックと裾のスリットのディテール。


変わらずあり続けるこのシリーズは、シーズン毎に買い足したくなる、そんな一枚です。


夏だからこそ着たくなるプリントモノも、気の抜けたようなフリーハンド調で、ポケットに重なるように。


ちょうど今日、インナーに数年前のWORKADAYのTeeを着用していましたが、改めて見てみると首周りの伸びも無く頑丈。


しっかりした着用感と、普遍的なシルエットは永く着用いただける欠かせない一枚です。

Engineered Garments / Printed Crossover Neck Pocket Tee ¥8,500-
Engineered Garments / Crossover Neck Pocket Tee ¥7,500-

Engineered Garments 通信販売ページへ
HP
Instagram

 
Engineered Garments の千鳥格子は涼しげ。


夏場は着るアイテムが少ない分、個々のアイテムに頼らざるを得ない部分がどうしてもある。


夏のイメージはあまりない千鳥格子ですが、ピンチェックのように極小サイズで爽やかで涼しげに。


派手さはなくとも、Engineered Garments のような細部まで作り込まれた一枚は、やっぱり存在感がある。


袖山のダブルステッチ、裾のパイピング、背中のタック・・・細かな仕様は、見た目にも着心地にも好影響が。


ジーンズやチノパンに、ローファーやサンダルのアメトラなスタイルに。


いや、ワイドパンツやスリムなパンツももちろんハマりそう。


夏場でも半袖シャツを重ねるという提案が浸透しています。


オープンカラーシャツを筆頭に、久々に着てみたいと思える半袖シャツが多数揃っています。


Engineered Garments / Coplay Shirt -Houndtooth ¥26,000- (+tax)



 
Engineered Garments の完成された一枚を。

あっという間に4月も残りわずか、この辺の桜は今が身頃でしょうか?


シャツ一枚、サラリと羽織るのに丁度良い気候です。


それこそ、デニムなんかが爽やかで軽快。今の季節にベターな生地ではないでしょうか。


そういえば、Engineered Garments の Work Shirt シリーズからも、とびきり良い雰囲気のデニムシャツが届いています。

Engineered Garments / Work Shirt -Lt.Weight Denim ¥26,000- (+tax)





ワークシャツの名に相応しい数々の補強。


加えてデニム素材となれば、超屈強であることは間違い無し。


向こう数年間はデニムシャツは不要かと。


洗いざらしで、シワのある表情すらも、ワークシャツという形だと良い見映えに感じられます。


プレス不要で、しわしわ、クチャクチャでも、ガンガンご着用いただけます。


困った時の一枚、信頼の一枚。心強い相棒になってくれるはずです。


Engineered Garments からは他にもボタンダウン、バンドカラーなども。


"らしい" マドラスチェックや、オックスフォードでパッカリングが美しいものなど。


どれもが着込むほどに愛着が増してくる細かい作り込み。


Engineerd Garments の完成された一枚をご体感ください。

Engineered Garments / Work Shirt の購入ページへ
Engineered Garmetns 商品一覧ページへ
bean's HP
Instagram

気軽に良い雰囲気を纏う。Engineered Garments の Loiter Jacket




この時期は何を着るのが良いんですか〜そんな声が増えています。


やっぱり、薄手のジャケットやブルゾンは欠かせないところです。


中に着込んで防寒しても良いし、Teeの上にシャツ感覚でサラッとも羽織れる、便利なやつ。


真っ先に思い浮かぶのが Engineered Garments のジャケットです。


シャツ、ストールなんかとも合わせて、しっかり防寒しつつ春を取り入れる。


上質で大人なコレクションには今年も脱帽、特に、グレーというカラーも新鮮で積極的に取り入れたいカラーです。


Engineered Garments / Loiter Jacket -Lt.Weight Twill ¥45,000- (+tax)



ふわっと揺れてみたり、光りの加減でグレーの濃淡を感じて頂ける、奥の深いアイテムです。


サラッとした生地感なだけに、他と比べると余計に良さを感じていただけそうです。


そんなアイテムだけに、何も考えずいつものアイテムに合わせていただくだけで、良い雰囲気を纏えそう。


日差しが暑かったり、室内で、ちょっと暑くなったら無造作にまとめて持ち歩く。


シワが似合う素材感だけに気軽に持ち運び下さい。


春の提案は、ついつい手が伸びちゃいそうな、どれも快適で気持ちの良い素材感です。


いつもいつも大きく期待を超える仕上がり、手に取ると魅力に引き込まれてしまいそうな、ヤミツキな一点です。


Engineered Garments の Loiter Jacket をオンラインストアで見る

Bean's オンラインストア (HP)
Instagram

SEARCH THIS SITE.