<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
最高のコットンニットを。Kaptain Sunshine

肌触りが良いですね〜そんな声が多々聞こえてくる Kaptain Sunshine 。

 

元々生地屋だったルーツもあって、オリジナル生地を製作するなど、

 

このブランドのストロングポイントで、アイテム一つ一つから並々ならぬ拘りが感じられます。

 

そして今回入荷があった一枚は、デザイナーさんからも "最高のコットンを使っていますよ" と声が漏れるほど。

 

世界的な綿の産地、インド綿の中でも0.025%のみという希少さで、世界最高峰と云われるスビン綿をニットに。

 

シルクのようと形容されるように、しっとりと滑らかで、できれば毎日でも着用したいくらいのクセになる極上触感。

 

そんな最高なポテンシャルを秘めたコットンニットですが、シンプルにまとめすぎず Kaptain Sunshine らしく遊びを入れたディテールに。

 

 

 

ややゆとりのある設計のコットンニットは、長袖Teeのような感覚で着用していただけます。

 

春らしい軽さが感じられるのは、着丈の違うサイドのスリットがふんわりと空気を含むから。

 

上質な素材のニットというとシンプルなデザインのモノがとても多いのですが、

 

旬なディテールに落とし込んだならではの一枚だと思います。

 

シルキーなタッチとゆとりあるシルエットが混ぜ合わさり、これは本当に快適。

 

シルエットと生地の表情が優れた一枚ですので、サラリとシンプルに合わせていただくのが良いかと思います。

 

Navy と Orange Brown どちらも光沢があって良いです。手にとって良さをご体感ください。

 

Kaptain Sunshine / Crew Neck Long Sleeve Pullover Knit ¥29,000- (+tax)

Color : Navy , Orange Brown

 

 

スマートで素敵なモールスキンJKT。Kaptain Sunshine の Butcher Jacket

室内に居ると日差しが暖かいですが、一転して屋外は強風。

 

特有の身にしみる寒さ、これから続きそうです。

 

寒さをしのぐ生地というと沢山あると思いますが、Kaptain Sunshine のモールスキンが肉厚でポカポカしてきます。

 

ワークなイメージの強いモールスキンに、シェフジャケットのようなイメージの一着。

 

独特の起毛感とダブルのボタンが、上品ですが土臭くもある、大人な雰囲気に仕上がっています。

 

 

 

さすがキャプテンサンシャインな、独特なヌメリのあるタッチと、男臭い光沢感があります。

 

元々はフランスやドイツで、ワークウェアやミリタリーウェアとして採用されてきた、

 

耐久性の高いモールスキンという生地を、とても上質な雰囲気に。

 

Kaptain Sunshine / Butcher Jacket ¥46,000- (+tax)

 

飾り気のあるダブルのボタンの配置ですが、同色でまとめられ、さり気ない主張に。

 

ボタンの掛け方を変えてみたり、楽しみ方は数通り。

 

頑丈な生地ゆえに、非常に着込み甲斐がありそうです。

 

一癖も二癖もありますが、流行りにとらわれず、上質でルーツを感じる Kaptain Sunshine らしい雰囲気。

 

今シーズンはパッときていない、という大人にも。スマートで素敵な一着です。

 

こんな一枚が結構便利だったり。KAPTAIN SUNSHINEのヘビーネル

ちょっと鮮やかで、秋の空に見映えしそうなネルシャツです。

 

シャツでもジャケットでも、程よいウェイトの一枚が、KAPTAIN SUNSHINEより入荷しています。

 

どっちつかずなようで、いざ蓋を明けてみるとこんな一枚が結構便利だったりします。

Kaptain Sunshine / Utility Open Collar Shirt ¥27,000- (+tax)

ミリタリーシャツのようなポケットに、オープンカラーというちょっと旬を加えて、落とし込みやすいディテールです。

 

usedライクなざっくり素材と大胆な配色のチェック。

 

こういったざっくりした感じは、秋冬の醍醐味のような気がします。

 

さすが Kaptain Sunshine を感じていただける快適生地で、

 

滑らかで柔らかく、ヘビーネルのあのゴワッと感は皆無。


新品だとこういう雰囲気はなかなか見つからないかと思います。

 

一枚でもアウターの中にでも、ぱっと見ると大胆ですが、

 

こんな一枚こそコーディネートに良い味を加えてくれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

Kaptain Sunshine こんな雨の日に。

大雨ではありませんが、シトシトと・・・本日から梅雨入りのようです。


冴えない天候が続きそうですが、雨の日スタイルみたいなものがあると、外出する気も起きてきそう。


Kaptain Sunshine から提案のあった、 Sunshine Hat と Short Smock が、こんな日には丁度良いかもしれません。


雨の日にハット。意外なようで、しっかり雨を防ぎ "ドアtoドア" なこの辺の生活ではとても便利。


上に着用したシャツ生地のスモックは、納得の気持ちよさと涼しさ。そんなに被りませんが、あると嬉しいフード付き。


両者それぞれに隠された、Kaptain Sunshineらしい着用意欲をそそる機能的な仕掛け。


片手大に小さくなるパッカブル仕様のハットと、便利なポケット付きのルーズな一枚。


それぞれがさらりと涼しいけど、梅雨空も良く似合う。


雨だと重くなりそうな足取りを、一層軽くしてくれそうですね。



 
Kaptain Sunshineの一枚は60's西海岸のイメージで。


快晴ですが丁度よい気温、快適な一日です。


夏物、特に半袖は全開のラインナップ!


Kaptain Sunshine からも面白い一枚が入荷しています。


このブランドは快適素材が多い中で、しっかりと着ごたえのある一枚は、60'sの西海岸なイメージで。


Kaptain Sunshine / West Coast Tee ¥8,500-
Color : Olive , Khaki , White






染み込みプリントに、サイドにシームが無い丸胴編みにて製作されています。


ガシッとした生地への配慮として、サイドの縫製によるストレスを排除。


しっかり着込んで、洗い込んでいくと、プリントもusedのような表情を覗かせそうです。


詰まった首周りや背面まで施されたプリントも、拘りの一つ。


何気ないように見えて、作り込まれた拘りの一枚は、着用するとやっぱりかっこいい。


夏であればコレくらい思い切ったラインTeeも挑戦していただきやすいのではないでしょうか。
グラスホルダーは天然石で夏らしく。Kaptain Sunshine

軽装になり、小物選びにも断然力が入ってきます。

超快適な素材感を肌で感じて頂ける Kaptain Sunshine ですが、ユニークなアクセサリーの提案がありました。

普段はあまり手にしない、グラスホルダーというアイテム。

サングラスが必須となるこれからの季節は、マストに使っていただけそうです。

通常だとチェーンとかレザーといった素材が多いところを、夏らしく天然石でアレンジ。

オニキス、ターコイズ、ハウライトの3パターンのラインナップ。

付属のSカンでネックレスとしても、嬉しい2WAYの仕様。

小物一つで、着こなしの幅も豊かに広げてくれそうなアイテムです。

Kaptain Sunshine / Glass Holder ¥16,000- (+tax)
(Black Onyx , Turquoise , Howlite)



 
Kaptain Sunshine の Safari Shirtがフレッシュです。

「サファリシャツ」


巷に溢れるスプリングウェアの中でも断然、暖かいシーズンが似合う一着。


元々は、サファリに出かける為に、快適さと機能性を求めたウェア。


そんなサファリシャツも、Kaptain Sunshine の手に掛かれば、より快適素材でタウンウェアとして着やすい一枚に。

Kaptain Sunshine / Safari Jacket ¥29,000- (+tax)


Kaptain Sunshine とくれば、今回はどんな生地か・・・。


用いられたのは、コーデュロイのように凹凸あるピケ素材。


立体感の生まれるこの生地は、奥行きある表情で軽快さの強い印象。


ミリタリーウェアを彷彿とさせる、4つのマチ付きポケットと、カバーオールくらいの着丈感は、親近感の強いディテールです。


襟付きのウェアを紹介するのは久々ですが、ストンと落ち感のあるサイズバランスが逆に、すっきり見えてくる。


シャツジャケット的な感覚で、袖を通した時に感じる快適を感じていただけそうです。


重く見えすぎないオリーブのジャケットなので、インナーはベージュなんかのサファリカラーで渋めも良く似合います。


ショートパンツに、袖まくりして。そんなスタイリングも映えそう。


一見シンプルに見えるアイテムが、素材や細かなディテールが非常に効いています。


サファリジャケットというフレッシュな感覚をお楽しみ下さい。



【臨時休業のお知らせ】

いつも当店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
3/28(火)は業務上の都合により、臨時休業とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、お間違えないようよろしくお願いたします。
Kaptain Sunshineの "on the road jacket" 一度お試しください。
本日も吹雪いたり、晴れ間が見えたり不安定。


やっぱり春夏シーズンのタフに着れる一着は欠かせないと感じます。


KAPTAIN SUNSHINE から届いた on the road jacket が撥水性も備えた優れもの。


今日みたいな雪の舞う日も、躊躇せずご着用下さい。弾いちゃうんです。


旬のフライトジャケットとバラクーダのG9を融合させた、特異なディテールも必見です。

Kaptain Sunshine / on the road jacket ¥37,000- (+tax)
color : olive , navy




マットでシャリ感のある生地感は、間違いなくテンションのあがる Kaptain Sunshine ならではのあの感じです。


クラシックなイメージのこのブルゾンに、間違いなくマッチしています。


これからの時期には余計に快適ではないでしょうか。




あえて野暮ったさがのこるディテールは、アメリカンなアイテムにも合うし、スラックスなんかにも余計に合う。


フライトジャケットとスイングトップが上手く共存しています。


素材の良さと、ディテールの巧さ、一枚でそれぞれの良さを存分にお楽しみいただけます。


ありそうで無かった、一度袖を通してみていただきたい一着です。




Kaptain Sunshine のアイテムをオンラインストアで見る
Bean's オンラインストア (HP)
Instagram




 
KAPTAIN SUNSHINE 今シーズンも心を鷲掴みにされています。


誤魔化しの効かない、生地の気持ち良さをダイレクトに味わえる季節です。


良質な生地で展開されるキャプテンサンシャインのコレクションは、肌に直接触れる機会の多い春物が良く映ります。


快適な待望の春物第一弾は、コーチジャケットから。


シャリっと、沢山の空気を含んだ生地は、ゆったり設計されたアイテムと好相性。


良く見ると生地はリップストップ。でも軍モノのあのドライな感じとは違う。快適なんです。

Kaptain Sunshine / Track Jacket ¥29,000- (+tax)
color : green , white





病みつきな着心地は、中を薄くして、さらっと着たい衝動に駆られます。


実際はまだまだ寒い季節ですが、厚手のインナーも重ねられる、ゆとりのあるサイズバランス。


2色展開でグリーンとホワイト。


冬の間は落ち着いたカラーにシフトしていたので、フレッシュなこういったカラーも惹かれます。


着心地の良さという確固たる理由があるここのアイテムたち。


今シーズンも心を鷲掴みにされています。


Kaptain Sunshine / Track Jacket をオンラインストアで見る
Bean's オンラインストア (HP)
Instagram


 

最高にクールです。 kaptain sunshine × 第一ゴム

遂に雪が降り始めてきました。


年甲斐もなく、ちょっとワクワクしてしまった反面、外出するのが億劫になってしまったり。


でも、素敵なレインブーツなんかがあると、いつもは嫌な降雪も「待ってました!」となるかもしれません。


総理大臣賞を受賞するなど、手作業で名品を作り続ける北海道は小樽の「第一ゴム」と、


Kaptain Sunshine のコラボレーションアイテムが最高にクールです。

Kaptain Sunshine / Laceup Rain Boots ¥26,000-(+tax)

実際に着用してみて、吸い付くような、レインブーツとは思えない履き心地には驚きました。


厳冬で坂道の多い小樽、そんな街に暮らす人々の知恵と工夫、経験が詰め込まれた一足です。


ひび割れしない柔軟なゴム素材、スタッドレスタイヤのように、ガッツリと雪面に食いつくソールの形状。


フロントがレースアップなのもまたミソで、レインブーツのガボガボ脱げそうになるフィット感の悪さを細部までマイサイズに。


日本の職人による手作業で製作されたレインブーツ、最高峰の履き心地なのはお分かりいただけると思います。


今回、Kaptain Sunshine が提案したこのディテールは、50年代にコンバース社よりリリースされたレインブーツがイメージソース。


長すぎず、短すぎない、そしてレースアップがアクセント、合わせやすい印象です。


丈の長いコートや、バブアーみたいなレインコートと併せていただけると、男臭く、上品で、かっこいいです。


ついつい後回しになりがちな、気の利いたこういうアイテムのプレゼントも素敵ではないでしょうか。


もちろん、自分へのプレゼントでも。たまらない一足です。

SEARCH THIS SITE.