<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
夏でも欲しいミリタリーなショーツ。A VONTADE

まだまだ夏はこれから、

 

今シーズンも様々なショートパンツを紹介してきましたが、

 

ミリタリーな雰囲気はあんまり無かったところ。

 

 

イージーベルト仕様にアップデートされた、

 

A VONTADE のショートパンツ。

 

夏にテンションの上がるリップストップに加えて、

 

他に見かけない大ぶりなポケットも格好良い。

 

スポーティな雰囲気に寄りがちなショートパンツも、

 

ちょっぴり土臭ささが加わると、新鮮に映る。

 

 

大雑把なので、とりあえずポケットに詰め込みがちなんですが、

 

この季節になると、ミリタリーパンツってやっぱり便利だなと痛感します。

 

軍モノならではの "機能美" 。たまらないですね。

 

 

ウエストのイージー「ベルト」っていうのも気の利いた仕様で、

 

締めつけ感がなく、片手でも締められる。

 

紐だと以外に面倒なんですよね。

 

股下にはマチが設けられていますので、

 

可動域が広く、動きも阻害しない。

 

軍モノらしさと機能性を高めた優秀なショートパンツ。

 

ショーツは履かない、と言わずに、

 

たまにはどうでしょうか。格好いいですよ。

 

<Styling>

Jacket : A VONTADE / Combat Tropical Short Jacket (Tan)

Short Pants : A VONTADE / Fatigue Shorts (Olive)

Sandal : JOJO / SANDAL -Black (ネオプレン/ブラックコルク/Black)

迷ったらこれ。A VONTADE のシャツジャケット。

暖かかったり寒かったり、難しい気候には、シャツジャケットが便利。

 

その名の通り、シャツのようにも、ジャケットのようにも、

 

インナー次第で違った見え方に変化するので、

 

難しいと云われる春のスタイリングにはピッタリではないでしょうか。

 

 

タフでありながら、厚手すぎない、丁度良い生地感で製作された、

 

A VONTADE の 「Combat Tropical Short Jacket」

 

ジャングルファティーグジャケットをベースに、

 

VONTADE らしくオリジナリティあるバランスに

 

ナイスアレンジが施されています。

 

 

 

通常4個あるポケットを真ん中2個のみにアレンジを加えています。

 

いかにも戦闘服的なバランスが中和され、

 

スイングトップ的なバランスにも見えるような気がします。

 

少し肌寒い本日はジップフーディを重ねてみましたが、

 

シャツジャケットですので勿論こんな着用もアリ。

 

程よいアレンジが様々な重ね着も良く魅せてくれます。

 

 

ミリタリーなイメージそのままに、

 

少々雑に扱うぐらいが丁度よい生地感ですので、

 

便利ジャケットとして常に携行しておきたい一枚です。

 

しかも厚くないので、インナーには半袖で、夏前まで対応可。

 

1989でもシャツジャケットの便利さにお気づきの方が急増中。

 

A VONTADE のこれ、良いですよ。

 

 

<Credit>

Jacket / A VONTADE / Combat Tropical Short Jacket (Olive) ¥23,000-(+tax)

Hoodie / REMI RELIEF / スペシャル加工裏毛 ZIPパーカ (Black) ¥18,000- (+tax)

Pants / A VONTADE / Mil. Cookman Trousers w/Belt (Tan) ¥19,000- (+tax)

Shoes / Paraboot / THIERS (Rocade) (Black) ¥42,000- (+tax)

 

サルベージパーカー。ファン急増中。

 

 

 

軍モノのレプリカとは違う、A VONTADE らしい解釈を加えたサルベージパーカー。

 

ファンも多いリップストップ生地を用い、これからの季節には軽快で快適。

 

間違いなく使えるネイビーはもちろん、

 

今季の目玉とも言える、柔らかなタマムシ色のリップストップも唯一無二。

 

フード付きのシャツ、そんなニュアンスなので、

 

これからの季節に紛れもなく使える一着です。

 

 

 

大きなフタ付きポケットに、ボリューミーなフードが特徴のサルベージパーカー。

 

"サルベージ=海難救助"

 

その名の通り、1940年代にU.S.NAVYで使われていたウェアがモチーフです。

 

一枚でサラリと着用するのはもちろん良いですし、

 

まだまだ寒いこの気候下ではこの上からアウターを羽織っても良し。

 

様々な見え方のする、結構便利なウェアなんです。

 

 

 

首周りのボリュームと、ヒモの垂れたこの感じがグッとくる。

 

アクセサリーも何も不要なぐらい、前面のディテールが秀逸すぎます。

 

近年、様々なブランドからリリースされ、

 

見かける事が多くなったプルオーバーのフードシャツ。

 

サルベージパーカーと言います。

 

いろいろ見てきた中でも、グッと来る要素が満載の A VONTADE からの提案。

 

カットソーやスウェットを着る感覚で、薄手のシャツ生地をサッと被る。
 

この形のファンが急増中ですが、これは使えますよ。

 


TOPS : A VONTADE / Salvadge Parka -Modify- (Khaki)

 

ボアのプルオーバー。便利過ぎます。

今年も残り3週間、寒い日が続き、

 

あったかアイテムが欠かせません。

 

今年は特に見かけることの多いボアのアイテムですが、

 

羽織るタイプではなくて、プルオーバーのこんな変わり種が使えそうです。

 

A VONTADE / Wool Pile Mock Pullover -Wool Sheep Pile (Dk.Brown) ¥21,000- (+tax)

 

昼間であれば今日みたいに一桁台の気温でも、アウター不要な暖かさ。

 

頼れる暖かさに加えて、着やすさも最高です。

 

肉厚でごわっとしてアウターが羽織れない、そんなボアじゃなく、

 

カットソーとかに近いような、厚すぎない生地感です。

 

アウターとしてのボアは良く見ますが、中間着としてのボアは初めて。

 

首はモックネックで、裾はスピンドル仕様となれば、

 

インナーとしても、いろんな変化を付けて楽しんでいただけそうです。

 

 

 

袖にリブがついていたり、ポケットがついていたり、スピンドルがついていたりと、

 

ちょっとアウトドアっぽさも落とし込みつつ、

 

一枚でもインナーでもどちらでも使いやすい。

 

冬にニットやスウェットを着用する感覚で、優秀なボアの長袖はどうでしょうか。

 

便利すぎて病みつき注意です。

 

 

 

<Styling>

Cap : Needles / Casquette (Wool Lt. Melton)

Tops : A VONTADE / Wool Pile Mock Pullover -Wool Sheep Pile (Dk.Brown)

Bag : 吉岡衣料店 / drawstring bag -S-. w/concho. (Black)

 

 

雨の日にも着たい、男心くすぐるアノラック。

 

シトシト雨で冴えない天候でしたが、

 

こういう気候にこそ手が伸びるアイテムってあると思います。

 

見かける事が増えてきたアノラックパーカーというアイテムですが、

 

A VONTADE 製はひと味違って、アウターとなりうる一着。

 

 

 

 

ハンティングジャケットを彷彿とさせるマチ付きのポケットや、

 

軍モノのアノラックを彷彿とさせる、防風を意識した首周りのディテール。

 

イギリスのハンティングジャケットと

 

英国海軍のスモックを融合させたという

 

機能性満載のフロントの作り込みには、

 

グッと来るものがあります。

 

生地にはパラフィン加工を施し、

 

撥水性と防風性をもたせ全天候型に。

 

極めつけに、クタッとしてくる経年変化も楽しめる。

 

 

ブリティッシュな裏地をチラリと覗かせても良いですし、

 

この時期らしくタートルネックなんかで併せてみたり。

 

プルオーバーだからこそ、インナーで遊べる首元のディテール。

 

パンツには、季節感のあるコーデュロイやウールなど

 

起毛感のあるパンツと合わせたいですね。

 

 

英国な雰囲気をチラリと覗かせたり、

 

ストールを巻いてみたりも素敵ですね。

 

プルオーバーというと、すぽっと被るだけと思いきや、

 

飽きさせない色んな着方があるA VONTADE のアノラック。

 

絶妙なバランスで成り立つこの一着は、

 

雰囲気抜群ですので、町中でもしっかり映えてくれるはず。

 

A VONTADE のアノラック、ノーマークだったって皆様も手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

<styling>

Outer : A VONTADE / British Anorak Parka (Black)

Tops : A VONTADE / 26/2 BD Turtle Neck Sweat (Amber Mix)

Pants : A VONTADE / Cotton Suede Easy Trousers (Ciger Brown)

 

A VONTADEの商品一覧へ

 

A VONTADEのグッとくる生地とディテール。男心くすぐられます。

 

            

 

この渋さといい男らしい雰囲気といい、

 

セットアップでも着たくなる、A VONTADEのアイテムが非常に熱いです。

 

イギリス軍のミリタリージャケットをベースに、

 

スウェードみたいに起毛させた、ブランド独自のモールスキン素材で。

 

ワークっぽさとか、土臭さみたいなのを感じつつ、

 

艶や陰影などで上品さも交えた、なんとも面白い生地感。

 

セットアップのみならず、単体での存在感もしっかり感じさせてくれますし、

 

第一印象で男心をグッと鷲掴みにしてくるこの感じ...。

 

たまりません。

 

A VONTADE / IKE Short Jacket (Ciger Brown) ¥29,000-(+tax)

 

 

 

見た目の格好良さだけではありません。

 

この時期の冷たい風さえも通さない、防寒性も備わった生地。

 

横にたっぷりと、着丈は短く。な絶妙なバランス感ですので、

 

中にしっかり着込めますし、この上からまたアウターを重ねても良さそう。

 

前後にタックを入れた立体的な見え方は、後ろ姿のフォルムも完璧。

 

デニムジャケットみたいな雰囲気としても楽しめる、良いバランスです。

 

A VONTADE / Cotton Suede Easy Trousers (Ciger Brown) ¥23,000-(+tax)

 

同素材で作られたパンツは、

 

サイドゴアブーツがまあ良く馴染む。

 

革靴とベストマッチなこんな一本ですが、実はイージー仕様。

 

サッと楽に履けますし、ベルト要らずでドローコードを通した快適ウエスト。

 

でも全くラフに見せないバランスって、着用する側にとって非常に有り難いですよね。

 

楽だけどしっかり魅せてくれる。

 

それもセットアップでビシッと決めれたら、最高じゃないでしょうか。

 

もちろん単体使いでも、それぞれしっかり男らしさを上げてくれそう。

 

屋内で着るのに丁度良い、こんなアイテムが手に取りやすいはずですし、

 

大人っぽい雰囲気、他ではあまり見ない生地やディテール。

 

物欲が高まるのも納得です。

 

 

<CREDIT>

・Jacket : A VONTADE / IKE Short Jacket (Ciger Brown) ¥29,000-(+tax)

・Pants : A VONTADE / Cotton Suede Easy Trousers (Ciger Brown) ¥23,000-(+tax)

・Shoes : BLUNDSTONE / Low Cut Side Gore #1611 (Black) ¥20,000-(+tax)

 

A VONTADEの商品一覧へ

今年のアウターはこれで決まり。便利な一着がA VONTADEから。

 

A VONTADEらしさ全開の、男心くすぐる一着が届いています。

 

60年代のアウトドアやミリタリーの要素をミックスして出来上がった、

 

ハーフジップのアノラック。

 

一見するとガッシリとしたヘビーなイメージかもしれませんが、

 

触れてみると、着てみると、

 

デザイン性のみならず、その以外な快適さにグッときます。

 

薄すぎず厚すぎず、これなら重ねることも出来そうだなってボリュームなんです。

 

あれこれ考えず、ただ頭からバッと被るだけ。

 

ただそれだけで様になっちゃう、ヘビロテ確実の便利な一着です。

 

A VONTADE / Explorer Parka ¥32,000-(+tax)

 

 

使われている素材は、防風性と撥水性を備えたコットンナイロン生地。

 

しかもナイロンにはコーデュラ社の糸を採用した、

 

ガシガシ着ていただける超頑丈仕様。

 

ゆったりとしたビッグなシルエットを、

 

ドローコードでお好みのバランスに調整。

 

野暮ったすぎないバランスが、ジップのアクセントも加わってシンプルに格好良い。

 

今年のアウターは何着ようか悩んでる方、

 

着るだけで様になる、便利な一着が便利ですよ。

 

A VONTADEの商品一覧へ

A VONTADE 主役の一本をラフに。

台風のような悪天候から、一転して晴れたりと、

 

なんとも曖昧な天気ですが、気温は常にジメっとした暑さ。

 

A VONTADEから入荷したこの一本は、こんな時期でも涼しく履けそう。

 

存在感のあるマルチストライプに、ゆとりあるサイズ感は、

 

なんとも和な雰囲気で、サンダルとの相性も抜群です。

 

A VONTADE / Lax Easy Pants -Navy Stripe ¥18,000-(+tax)

 

コットンリネンを使った、通気性の良いイージーパンツ。

 

ふわっと立体的な腰回りに、膝下からテーパードの掛かった、

 

パジャマパンツのようなゆったりとしたシルエットです。

 

ついついヘビロテしてしまう、ワイドでイージーな仕様も、

 

こんな色使いならマンネリ解消、スタイリングの幅も広がりそうです。

 

カットソー、シャツ、アロハ。ラフに合わせて足元はサンダルで。

 

ちょっとしたリゾート感漂う、そんなコーディネイトもオススメです。

 

A VONTADEの商品一覧へ

今年の夏の一枚に、半袖スウェットを

今年の夏はどんな一枚を手にしようか、

 

すでに頭を悩ませている方もきっと多いはず。

 

ここ2週間くらいで、Tシャツのラインナップがグッと増えてきましたが、

 

他に無い一枚でお探しでしたら、今から使えるこんな一枚はどうでしょうか。

カンガルーポケットのついた、A VONTADEの半袖スウェット。

 

パッと思い浮かぶスウェットの厚さではなく、

 

チャンピオンのヘビーオンスTとか、GOOD ONぐらいの、

 

しっかり生地のTシャツくらいな生地感。

 

厚手過ぎても困りますが、テロっとして透けちゃうのも嫌。

 

どっちつかずがちょうど良い、ナイスな生地感の半袖スウェット。

生地は厚すぎないとは言っても、

 

しっかりスウェットのディテールは組み込まれています。

 

カンガルーポケットやリブといったディテールはもちろん、

 

生地は横向きで使ったリバースウィーブだったり、

 

ネックが伸びないように、リブで挟み込んだバインダーネック。

 

動きやすさを考慮した、サイドのハギのディテールなどなど、

 

グッとくるディテール満載で良く作っています。

 

A VONTADE / Reverse Crew Top S/S ¥13,000- (+tax)

color : Oatmeal , Amber Mix

ヘビーオンスのしっかり生地ですので、

 

夏のハードな着用でも、数シーズンは余裕でこなしてくれそうです。

 

スウェットのディテールが単調過ぎないスタイリングに魅せてくれて、

 

結局は、こんな一枚が便利なのかな〜と思います。


ビッグTeeとかポケTeeとかヘンリーTとか、、

 

ひとえにTシャツ一枚とっても色々ありますが、

 

半袖スウェットTee、こんな一枚も候補の一つにいかがでしょうか。

 

A VONTADE の商品一覧を見る

A VONTADE 唯のカットソーとは一味違う、魅力的な一着。

ぽかぽかと暖かい、実に良い天気です。

 

こんな日に丁度良く一枚で着れる、良いカットソーがありますよ。

 

ゆったりとリラックスシルエットの、A VONTADEのボートネックTee。

 

 

元々は船乗りが着ていた作業着がベースとなる、ボートネックカットソー。

 

各所に設けられたワークウェアらしい、首元の補強や大きなポケットなどのディティールが光る一枚です。

 

艷やかな光沢、滑らかで柔らかくもずっしりとしたウェイトは、

 

型崩れなども気にすること無く、一枚でさらっと着れる安心感があります。

 

ボートネック独特の首元のフォルムや、ゆとりのあるリラックスシルエット、

 

腕時計やバングルなどをちらっと見せれる、七分袖は涼しげに見えます。

 

敢えて大きいサイズをチョイスし、9分袖くらいで着用するのもオススメ。

 

サイドに付いた大きなパッチポケットは、Tシャツだけどシャツやジャケットを着ている感覚に。

 

従来のカットソーにはないような、少し変わったディティールが新鮮です。

 

今からがっつり夏場まで、さらっと一枚で様になる一着が重宝するはずです。

 

A VONTADE / Boatneck 3/4 Sleeve -White ¥13,000-(+tax)

 

A VONTADEの商品一覧へ

SEARCH THIS SITE.