<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
しっかりしつつ着崩す大人なローブ。A VONTADEより

雨・風の移り変わりが激しい一日でした。

 

ちょっと覗いた晴れ間で急いで写真を。

 

久しぶりの紹介になりましたが、A VONTADE のローブコートがかっこいいです。

 

縦のラインを強調するショールカラーと、カバーオールとコートの中間の様な着丈。

 

旬な和のテイストで変化を加えつつ、サラリと大人でリラックス感漂う雰囲気に。

 

 

オーバーサイズは多数あれど、ちょっとユニークな提案かと思います。

 

ざっくり着用いただけるサイジングですが、大人を感じるショールカラーや貼り付けポケットなんかがしっかり引き締める。

 

それに加えて、上質すぎるマットでドライなウールサージ素材が、シックな空気を強めます。

 

ライニングはレーヨン/コットンで滑らかな着心地と保温性も高められています。

 

要所要所でしっかり上質な作り込みながらも、崩すのがお上手な A VONTADE らしいバランス。

 

しっかりしつつ着崩す、しっかり大人の方にもおすすめしたい一着です。

 

A VONTADE / WOOL ROBE COAT ¥39,000- (+tax)

 

A VONTADEのレザーライダース。

お知らせ

9月26日は展示会出張の為、17:00閉店となります。

ご迷惑おかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

レザーライダース。

 

男なら誰しもが憧れ、一度は手にしたことがあるアイテムかもしれません。

 

特に、秋とか春とか季節の変わり目には、言わずと知れた便利アイテム。

 

Tシャツの上から無闇に羽織るだけで得られる、たまらない存在感があります。

 

A VONTADE のダブルライダースが、革・作り・シルエットともに最高の仕上がりです。

 

ライダースは今季のターゲット外だったなんて方にも、不意な出会いかと思います。

 

A VONTADE / Roadmaster Jacket ¥94,000- (+tax)

size : S , M , L

 

とてもマットな仕上がりの皮革になります。

 

あえて未完成の、仕上げ過ぎないオイルが染み込んだ皮革が採用されているためです。

 

着用を重ね、体に馴染み、やがては美しい光沢が得られる。

 

皮革の成熟に伴う着る喜びを感じられる、ブランドの意図が見て取れる仕様。

 

ゴツゴツしたファスナー、びしっとくるフィッティング。

 

革質のみならず、そんなパーツの仕様も、ラグジュアリーに仕上げすぎず、

 

程よい土臭さがコーディネートにも落とし込みやすそうです。

 

 

フロント、袖、背面にもファスナーが。

 

明けたり閉めたり。男心をくすぐる数通りの着用方法もダブルライダースの楽しみかもしれません。

 

上着にはゆったり目が・・・、そんな提案の多いシーズンではありますが、やっぱり革ジャンはびしっと来ないと。

 

時代に流されずに、びしっと男らしく仕上げたいと思うときも、やっぱりあります。

 

毎シーズン改良が加えられ、ブラッシュアップされるブランド定番のアイテムなだけに、やはり完成度は高い。

 

爽やかな秋晴れにサラッと、革の織りなす雰囲気がとても映えそうな季節です。

 

バンドカラーも新鮮なカラーと素材感で。A VONTADE

 

昼は暑いけど、夜は寒い。

 

カバンに突っ込み、さっと着れる薄手の羽織りがあると便利です。

 

A VONTADE から丁度よさそうな素材感でデリバリーがありました。

 

親しみ深いバンドカラーシャツですが、これまた新鮮なカラーと素材感で。

 

インディゴ染めとブラックの2色展開で、パリッと立体的な表情のタイプライター生地。

 

A VONTADE / Banded Collar Shirt ¥19,000- (+tax)

(color : BLUE INDIGO , BLACK)

 

シワがだらしなく見えない、そんな生地感です。

 

ミニマルでクリーンなイメージのバンドカラーを、頑丈な生地で、あえてシワを残し・・。


アイロンでシワは綺麗になるのですが、洗いざらしの無骨な表情を魅せる一枚もまた新鮮。

 

それこそ、重みのある秋物アイテムなんかとは良く合いそうな。

 

インディゴを着用してみましたが、爽やかなこんなカラーも、重苦しい秋冬のスタイリングに幅を持たせてくれそうです。

 

今日くらいだと、Tシャツの上からカーディガン感覚で。

 

バンドカラーというと定番なイメージですが、色や素材のトータルな視点から、使える気配のする一枚です。

 

 

良い大人にもオススメしたいショートパンツ。




ショートパンツに夏らしい鮮やかなカラーも良いですが、グレーという中間色を持ってくるのも、新鮮で大人な感じがします。


A VONTADE からの提案のあった、濃淡の異なる2色のグレー。


Engineered Garmentsからも提案が合ったカラーで、ここ数年はあまり見かけなかっただけに、とても新鮮に映りました。


ベースはミリタリーパンツで、大容量のLポケや大きめのヒップポケット、深めの股上、そして、涼しいリップストップ生地。


ミリタリーパンツというと土臭いイメージですが、落ち着いたトーンが品性を加えてくれているような気がします。


ショートパンツは若いなあ・・そんなことを言っている方にも、これは試して頂きたい一本。


ネイビー、グレー、ホワイト、そんな間違い無いカラーでまとめてみても良いかもしれません。


旬のオープンカラーもニュアンスを変えて。A VONTADEより


ぐずぐずした天気で、じわっと汗をかくような梅雨特有のあの感じです。


本日も沢山のご来店がありましたが、半袖シャツ、特にオープンカラーの勢いが止まりません。


Tシャツ一枚だとなぁ・・そんな梅雨時の微妙な気候に、半袖シャツはやっぱり便利。


A VONTADE によって提案されたオープンカラーシャツも、絶妙なニュアンスが他には無い感じです。


A VONTADE / Vacances Shirt ¥16,000- (+tax)
Black ,  Khaki , White






リラックス感を与えてくれる、イタリアンカラーとふわっと膨らみのあるシルエット。


旬のアロハとかレーヨンシャツも良いけど、 ”夏” なイメージが強すぎる・・。


親しみのあるシャリのある生地で、当店では馴染みの強いこの3色で、断然合わせていただきやすい一枚。


取っ付きにくいような気がするイタリアンカラーも、着用してみると程よいアクセントに感じられ、クリーンで爽やか。


スラックスからデニムパンツまで、いつものシャツを羽織るように。程よく効いたクセが逆に使い易い。


着用季節が夏となると、少しくらい個性のあるアイテムこそ見映えしそうです。


A VONTADE らしさの感じられる大人な中にも旬を加えた一枚です。
夏だからこそ楽しみたい V-NECK PULL OVER


特にオープンカラーへの注目度が高い今年ですが、


それに通ずるようなVネックのプルオーバーも面白いアイテムかと思います。


プルオーバーのVネックという開放感が、とてもとても新鮮な感じに。


TシャツのVネックはNGでも、シャツ生地であれば親しみやすく感じて頂けるはずです。


A VONTADE から入荷のあった一枚で、鮮やかに快適に夏を過ごせそうです。


A VONTADE / V-NECK PULLOVER SHIRT S/S ¥13,000- (+tax)
color : dk.indigo , blue indigo






シルキータッチで風に揺れる程の軽い素材感は、本日の暑さでも不快感ゼロ。


例に漏れず、この一枚もルーズ。


ダブルの袖口、深すぎないネックの開き、扱いやすい着丈のバランスなどは、A VONTADEらしい細かくも確かな作り込み。


ダークインディゴは確実に扱いやすく感じて頂ける安定のナイストーン。


対して、着用したブルーインディゴも、ネオンカラーが注目される今だと、断然旬なトーン。


夏だからこそ、ワードローブの一つに加えたい色と形を、お楽しみください。



 
A VONTADE 快適でスッポリ被りたい一枚。

A VONTADE / HOODED SKIPPER SHIRTS ¥21,600-


フード付きって妙な安心感があります。


今日みたいな風の強い日なんかは、すっぽり被りたい。


シャリ感のある生地であると同時に、シルキータッチ。


なんとも気持ちいい一枚です。



極めて細い糸で、緻密に織られた生地は、触覚と聴覚に響く。


この時期はどうしても気持ち良いこんな生地を手に取りがち。


もう少し暖かくなったら、インナーを薄くして、肌に近い位置で合わせてみたいです。





フード付きですが、スキッパー型の襟元で、見た目も着心地も軽さを感じられます。


見た目以上に、着てなお良さを感じられる、完成度の高さを伺える A VONTADE らしいプロダクト。


ソリッドなネイビーか、より春を感じられるストライプか。


それぞれ違って、それぞれ良い。


帽子とかデイパックとか、ちょっとした小物を足しても良さそうです。


何かとさっと着用できるこんな一枚には、毎年ついつい頼りがちです。

 
リネン×カバーオール "A VONTADE"


徐々にですが、過ごしやすい気温の日が増えています。


日々の気温の変化と共に、着心地の良いモノが着たくなってくる頃です。


テロっと、サラッと、シャリッと・・・様々な提案がなされている春夏シーズン。


中でも、リネンを使った A VONTADE のアイテムがとても快適そうです。


快適な着心地と、表情豊かな天然素材。


シワやクタッとした感じがとても良く似合う、軽快な印象のカバーオールです。

A VONTADE / Selvedge Linen No Collar Coverall ¥29,000- (+tax)




ナチュラルなリネン本来の色目と、肩の力が程よく抜けた、ノーカラーのディテールがとても良いバランス感です。


後ろからの見た目を少し引き締めてくれるような、気が効いたセルビッチのディテール。


そして、この素材感。


雰囲気の良さに加えて、洗い込む毎に見られる経年変化もワクワクしてきます。


柔らかくも、芯のある、快適でドライな素材感は、育て甲斐があります。


古くは縄文時代より使われていたリネンという素材感への着目は、A VONTADE らしいところ。


春夏だからこそ楽しめるリネンという素材感を、親しみ易いディテールでお楽しみください。


A VONTADE /  Selvedge Linen No Collar Coverall をオンラインストアで見る
Bean's オンラインストア (HP)
Instagram

A VONTADE オリーブ、ミリタリー、好感触の一枚。


冬もオリーブ、春もオリーブ。


不思議と、冬は重く見え、春は軽く見える万能的な色。


シーズンに関係無く、この手のミリタリーシャツは欠かせないピースになっています。


様々なブランドからリリースされるミリタリーシャツですが、今回は 「A VONTADE」 から。


ベトナム戦争時のユーティリティーシャツをイメージして、シャリっと気持ちの良い素材感で。

A VONTADE / Utility Shirts 19,000- (+tax)




おおよそのアーミーシャツに想像されるゴワっとしたバックサテン生地ではなく、


カサっとした音や感触が気持ちの良い、細番手の糸で仕立てられたブロード生地、いつ着てもクセになる好感触です。


シャツジャケットというのが正しいでしょうか、重すぎず丁度よい厚さなので、


インナーをシャツからTシャツに切り替えて頂ければ真夏を除いてロングシーズン活きるアイテム。


オリーブ、ミリタリーというエッセンスも加われば、外出時には必ず持ち出したい一枚になりそうです。



営業時間のお知らせ
下記、変則的な営業となります。ご確認下さい。

2月1日(水) 18:00閉店
2月8日(水)  臨時休業
2月14日(火) 18:00閉店
2月22日(水) 18:00閉店


上記以外は通常営業(11:00〜19:30)となります。
ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。



 

ベロアのフライトジャケットがクールです。A VONTADE

「A VONTADE」


確かなバックボーンのある洋服作りは、皆様からもご好評いただいています。


リリースのあった、ベロア素材を使ったフライトジャケットがクールな表情を覗かせています。


アメカジな雰囲気が強くなりがちなフライトジャケットも、この素材となれば大人の気品が。





光りを蓄え、鈍い光沢を放つ、好素材にご注目ください。


しっかり雰囲気ある一着は、実はスタイリングにも取り入れやすく、上品な印象に。


冬を意識した、コシの有る素材使いと、裏地まで、袖通しも滑らかな一着。


スリムに仕上げすぎず、あえて野暮ったさを残したサイズバランスもまた良好。


いつものフライトジャケットも、素材が変わればまた違った印象で、着こなしの幅も広がっる一着となりそうです。

 

SEARCH THIS SITE.