<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
長袖Teeのような感覚でblurhmsのプルオーバー。

 

暖かい一日でしたが、まだ半袖一枚って訳にはいかないような気がします。

 

シャツも肌に直接触れる事が増えてくるだけに、できるだけ気持ちのよい素材を。

 

そんな欲がでてきます。

 

様々な長袖シャツが揃った中でも、blurhmsの1枚は柔らかで滑らかな、優しいタッチ。

 

ブラックでの提案ですが、深めのVが涼しく魅せてくれる、使える1枚。

 

blurhms / Soft Ox Tailored Pullover Shirt ¥26,000- (+tax)

 

超高密度に、そして度重なる洗いが施されたオックスフォード生地。

 

しっとりと微光沢の生地は、触っただけではオックスフォードとは思えないような上質なもの。

 

そんな blurhms らしい拘りの生地を用いた、ミニラペルのVネックプルオーバー。

 

 

 


ラフすぎず、ちょっと気遣いのある一着が・・・。

 

そんな方に、丁度よい変化を与えてくれそうです。

 

シャツというよりは、長袖Teeのような感覚で着用いただくと良いかもしれません。

 

blurhms の商品一覧へ

blurhms "BLACK" シワさえもかっこよく。

 

blurhms の今季の提案は「黒一色」 で。

 

様々なブランドから、今までになかったような鮮やかなカラーでの提案が多い中、

 

今シーズンはあえてブラックのみという提案が、逆に目立ち新鮮に感じました。

 

単調に見えがちなブラックという色も、優れた縫製や風合いのよい素材感だと、立体的で奥行きの感じられる仕上がりに。

 

シワさえもかっこよく見えてしまう、男らしく色気のある生地を用いた "Kendo Jacket" の紹介です。

 

blurhms / Kendo Jacket ¥24,000- (+tax)

 

 

その名の通り、剣道着のディテールを取り入れた一枚。

 

まさかナイロン素材とは思えないほど、風合い豊かに仕上がっています。

 

blurhmsの得意分野である、パッカリングやシワ感の表情が本当にかっこいい。

 

そんな表情の良さや、空気をよく含む独特なサイジングで、ブラックなのにとても軽快な面持ちに。

 

長袖はもちろん。暖かくなったらTシャツ、タンクトップなんかと重ねて見ても良さそうです。

 

フロントやサイドにコードの仕掛けがありますので、ニュアンスを変化させてみるのもアリ。

 

オールブラックだからこそ素材感や作りの良さが際立ち、伝統を感じるディテールは溶け込みやすくなっているように思います。

 

素材感を変えて他にもオールブラックなアイテムが揃っています。

 

良さを共感していただけるクオリティかと思います。一度手にとってみてください。

 

 

 

 

blurhms の商品一覧ページへ

bean's online store へ

 

 

 

 

それにしても良い色。blurhms より

【開店時間のお知らせ】

9月30日(土)は13:00よりオープン致します。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

" Ash Purple , Forest , Camel "   

 

それにしても良い色。

 

目の詰まった生地で、引っ張ってもほとんど伸びず型くずれが無さそうです。

 

シンプルなスウェットのように見えて並々ならぬ作り込みが伺える、 blurhms からの提案です。

 

blurhms / Freedom Sleeve Sweat Shirt ¥15,000- (+tax)

 

自然な落ち感が得られる、フリーダムスリーブの一枚。

 

ヴィンテージスウェットに見られる、曲線を用いた袖付けは、腕の可動域を広げられるように工夫されたもの。

 

思った程厚手では無く、程よいウェイトなのも、ドロップさせるのに丁度よいバランス。

 

生地が袖に溜まるこの感じ。

 

そこまで想定しているであろう秀逸な一着です。

 

絶妙なフェードカラーとサイズバランスが、シンプルなように見えて、しっかり存在感を感じていただけそうです。

blurhms テクニックの効いたキーネック。

 

AWシーズンもなお、キーネックのディテールが良く感じます。

 

今回入荷のあったキーネックは、blurhms から。

 

縫製工場出身メンバーで構成されるという blurhms の芸の細かさを感じることが出来る作り込み。

 

今日みたいな秋晴れには、スッキリと爽やかに着用いただけそうな一枚です。

 


 

blurhms / Grafting Skipper ¥14,000- (+tax)

Color : Black Navy , Off White

異なる3枚の生地をドッキングしています。

 

断ち切り・ロック、と異なる処理・異なる肌触りの生地を、適材適所に配置しています。

 

こういう作りに良くある、着用時の違和感は皆無で、さらり一枚素肌の上からでも。

 

3枚それぞれの生地が異なる生地にも上手く馴染んでくれるので、パンツや羽織りの生地も選ばない、合わせやすい一面も。

 

奇抜さはありませんが、よく作り込まれているだけに、しっかりした存在感が、

 

着るものに困る季節には、サラリと主役を張ってくれそうです。

 

blurhms 派手なブランドではありませんが、テクニックの効いた洋服が、着ていて面白い表情を覗かせてくれそうです。

blurhms から上質で良好な雰囲気で。

 

18時。甲子園の状況が気になりますが、こちらも気になる入荷がありました。

 

blurhms から上質で良好な雰囲気のウェアが今季も届いています。

 

ファーストデリバリーは、今から活躍しそうなシャツブルゾンと、上質な定番ウェアの提案です。

 

カバーオールのディテールを、キュプラ混の上質な素材感で製作され、土臭くも品良く纏められています。

 

ネイビー、バーガンディ、グレーベージュの3色のラインナップで、

 

キレイ目な雰囲気から、ワルな一枚だったり、落ち着いた印象にも、雰囲気の異なる仕上がりに。

 

 

上質な定番ウェアを提案するROOTSTOCKのラインからは、クルーネックのポケットL/S TEE。

 

サイドにシームが無い丸胴ボディは、「最高の着心地を追求した」と云うほどに快適な一枚。

 

ややゆったり目のサイズ感は、これからはサラッと一枚で。

 

こちらは、ブラック、グレー、ホワイトの3色から。

 

しっかり肉感のある生地ですが、繊細で気持ちの良いタッチはクセになりそうです。

 

生地、縫製、ロングライフそういったキーワードを掲げるブランドの最高を謳う一枚、最高です。

 

 

 

 

 

blurhms 凝ったモノ造り。


今シーズンより取り扱いを初め、あまり紹介はできていませんでしたが、


blurhms のアイテムは自然と手に取っていただく方が多いように思います。


程よいクセと、凝ったモノ造りが早速好評頂いています。


入荷のあった、Switch Over Tee も一枚で着用するこれからの季節に主役を張れる存在です。

blurhms / Switch Over Tee ¥13,000- (+tax)



Switch Over(= 切り替え) その名の通り、素材を切り替えた一枚。


同色の切り替えですが、麻と綿の素材によって生まれるコントラストが、派手すぎず程よい存在感に。


サイズ感もメリハリ付けやすく、ルーズ。


身頃の縫製もフラットで当たらない様に、麻の快適さも、ゆとりあるサイズ感も、快適な要素が多数あります。


ビッグシルエットにも目が慣れてきた頃かと思いますので、更に一手間加えた、これくらいの主張も面白いかもしれません。



blurhmsの通信販売ページへ
HP
Instagram

SEARCH THIS SITE.