<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
【迷う季節もどうにかしてくれそうな存在感】nonnativeのコットンセーター

 

 

春夏シーズンのニットが凄く良いです。

 

気持ちいいし、ならではの凹凸ある表情や、生地の落ち感も良い。

 

すでにご覧いただきましたように、さすがnonnativeな、

 

色の抜け方も最高に素敵な一枚。

 

nonnative / HUNTER MOCK NECK SWEATER COTTON YARN VW ¥22,800- (+tax)


 

色も最高ですが、ネックや裾のカットオフされた仕様もちょうど良い。

 

冬から春への移り変わりに、お使いいただきやすいディテール。

 

はっきり言い表せないような、絶妙なトーンの2カラー。

 

何を着ればよいかわからない季節も、どうにかしてくれそうな存在感があります。

 

ニットというと敬遠しがちですが、ロングスリーブTeeや薄いスウェットと思っていただければ。

 

暦の上では春に突入しました、こんな一枚をサラリといかがでしょうか。

 

 

nonnative の商品一覧へ

 

 

【ウルトラスウェードのコンビが、良い】nonnative のフェイクスウェードブルゾン。

本日からスタートしている nonnative の春夏コレクション。

 

生地チョイスの良さや、発色の鮮やかさといった、

 

業界でも随一の良さは春夏こそ強く感じていただけそうです。

 

どうしてもシンプルになってしまう季節に、

 

作りの良さによる説得力を感じていただけると思います。

 

入荷があった中でも、今すぐお召いただけそうな、フェイクスウェードのブルゾンの紹介。

 

 

 

 

ひらひらっとシャツのような軽快感のある素材に対して、

 

袖は重みのあるウルトラスウェードのコンビ。

 

2面性を備えたコンビネーションが、様々な季節に対応してくれる万能さがある一着。

 

シャツのような、アウターのような良い意味でのどっちつかずな一枚ですので、

 

肌寒い今は重ね着に対応し、ゴールデンウィークくらいになったらTシャツの上からさらりと。

 

ロングシーズンの着用を可能にさせてくれます。

 

nonnative / EDUCATOR BLOUSON NYLON TAFFETA WITH ULTRASUEDE ¥58,800- (+tax)

 

 

サファリやハンティングといったキーワードの2019SSシーズンだけに、

 

BeigeとかKhakiといったカラーも気になります。

 

明るすぎない、深みの強いベージュですので、土臭くメンズらしく合わせていただけそう。

 

nonnativeらしい淡いトーンの組み合わせも良くまとまりそうです。

 

スタートしたばかりですが、さっそく誘惑に負けそう。

 

お試しくださいなんて言葉が要らないくらいに、自然と手が伸びてしまう出来栄えです。

 

nonnative の商品一覧へ

【春物の欲が・・】nonnative 2019春夏

本日からスタートした、2019年春夏コレクション。

 

SOPHNET. 、uniform experiment.、 visvimの立ち上げに

 

沢山の皆様にお越しいただき、ありがとうございました。

 

少量ですが、nonnativeからも、春物が届きました。

 

 

ファーストデリバリーは、キャップとTシャツとなりますが、

 

ブランドらしい、鮮やかで美しい色からのスタート。

 

春物の欲を掻き立てる絶妙〜な仕上がりです。

 

昨年の夏も好評だった、6パネルのキャップに、動物のロゴと鮮やかなカラーのTシャツ。

 

ついこの前まで、冬の訪れを楽しみにしていましたが、

 

春らしいこういうアイテムを見ると、早く春が着てほしい一心です・・。

 

店内も毎日少しずつ春物が増えてきました。

 

セールになっている冬物を見つつ、春物もお楽しみください。

 

 

 

nonative の商品一覧へ

 

この厚さだからこそ良い、nonnativeの極上セーター。

 

雪から雨に変わり、冷え冷えとした1日でしたが、

 

屋内は暖房が暖かく、厚着しすぎると暑い...なんてことも。

 

そんな中、こんなセーターが主役級に活躍。

 

厚すぎず薄すぎない生地感が絶妙です。

 

屋内では一枚で、外ではアウターを羽織って...

 

温度調整のしやすい、こんな一着を求めている方も多いのでは?

 

nonnative / HIKER SWEATER W/C YARN -BEIGE ¥29,000-(+tax)

 

素材は上質なコットン×ウール。

 

軽くて柔らかくて...ずっと着ていたくなる極上セーター。

 

柔らかいアクセントの効いたリブもポイントです。

 

端々のみならず、サイドにも。

 

シンプルながら一枚で大人のスタイリングに。

 

着膨れせずに暖かく、重ね着のしやすいセーターが、

 

スタイリングの幅を広げてくれそうです。

 

 

nonnativeの商品一覧へ

 

@1989_line
友だち追加

nonnative 圧倒的な軽さで快適に。

「やっぱり楽なのが一番。」

 

そんな声を耳にしますが、快適な着心地というのは、

 

一度味わうと癖になりますよね。

 

今の時期ですと、重ね着を気持ち良く楽しみたい。

 

軽くて暖かいアウターで、冬のスタイリングを快適に。

 

 

フワっと気持ちの良い、アクリルパイル生地を使用。

 

これが非常に軽くて暖かい。

 

タートルやフード、シャツの上からさらりと。

 

軽量アウターの使いやすさを感じていただけるはず。

 

nonnative / SOLDIER LONG CARDIGAN ACRYL HIGH PILE -BLACK ¥62,000-(+tax)

 

軍モノのライナージャケットが、ベースとなっているこの一着は、

 

ディティールにも抜かりはありません。

 

オールブラックながら、袖口とポケットの切り替えがアクセントに。

 

なによりノーカラーの首元が、

 

これからのレイヤードをより楽しくしてくれそうです。

 

< credit >

Tops : nonnative / SOLDIER LONG CARDIGAN ACRYL HIGH PILE

Shirt : nonnative / OFFICER PULLOVER SHIRT COTTON DOUBLE TWILL

Pant : nonnative / CYCLIST EASY RIB PANTS TAPERED FIT POLY TWILL Pliantex

Accessories : nonnative / HIKER NECK WARMER POLY FLEECE POLARTEC

 

nonnativeの商品一覧へ

 

@1989_line
友だち追加

nonnative ソルジャーコート

 

nonnative の冬物が出揃いました。

 

本日ピックアップする「SOLDIER COAT」は、モッズコートをベースにしつつ、

 

しっかり nonnative らしさを残して現代的にアレンジが加えられています。

 

当時用いられていた生地や機能美はしっかり踏襲しつつ、

 

洋服と合わせやすい雰囲気に仕上がったナイスバランス。

 

今年も様々なタイプのアウターが揃いましたが、やっぱり視線は軍モノに。

 

 

 

 

フードを排除したミニマルなデザインは、

 

今日くらいだとそのままスッキリと合わせられるし、

 

雪降る頃には、フードやネックウォーマーなんかとの重ね技も。

 

ゆったりシルエットですので、気温の低下とともに、インナーで調節していく。

 

この季節から、しっかり真冬まで、そして来春までも見込める一着です。

 

 

真冬の防寒アウターも気になりますが、車移動が多い経験上、

 

さっと羽織れるウェイトのアウターは重宝するはず。

 

軍モノの良さにオリジナリティが加えられ、

 

都会的なレイヤードを可能にする一着。使えそうですよ。

 

nonnative / SOLDIER COAT C/N OXFORD ¥65,000- (+tax)

 

 

 

nonnative の商品一覧ページへ

nonnative / GORE-TEX® 3L

 

GORE-TEX 素材の中でもプロフェッショナル用に開発されたという、

 

8000メートル級の登山にも対応する 「GORE-TEX PRO®」素材。

 

GORE社のテクノロジーの最高峰に位置するこの素材は、

 

生産が厳しく管理され、国内での使用が認められたメーカーはわずか数社のみ。

 

そんなスペシャルな GORE-TEX® PRO を用いたジャケットが、nonnative から届きました。

 

nonnative / ALPINIST HOODED JACKET NYLON RIPSTOP WITH GORE- TEX PRO® 3L ¥90,000- (+tax)

size : 1 , 2

 

nonnative らしいとてもキレイな発色に、90's な雰囲気の肩周りの切り返し。

 

GORE-TEX® PRO素材を用いたウェアっていかにもアウトドアな、強烈な色が多いように感じますので、

 

こういった柔らかな中間色は、デイリーに手に取りやすいはず。

 

水が入らないようなフタ付きポケットや、比翼仕立ての前開き。

 

やや長めに設定された着丈の動きづらさを解消する、ラウンドした裾の仕様もユニークです。

 

カジュアルで親しみやすい雰囲気ですが、恐ろしいくらいのハイスペック。

 

そんなギャップが、このブランドらしくてそそられます。

 

いつかは・・・。ある種の憧れのような存在のGORE-TEX。

 

耐久防水、透湿、防風、なんでもこなせる最強のアウターをお探しでしたら、

 

nonnative製の最高な一着をいかがでしょうか。

 

10月6日(土)より全国一斉発売となります。

 

 

 

 


 

重ねの提案。nonnative のプルオーバーシャツ

 

nonnative から届いた、プルオーバーシャツ。

 

ヘンリーネックで、プルオーバーでロング丈。

 

nonnative ではスタイリングに欠かすことのできないピース。

 

今シーズンは、フロントのポケットを排除し、クリーンで合わせやすい印象に改良されています。

 

良い色、良いシワ感で、しっかり厚手の秋冬仕様。

 

nonnativeらしさある優れた風合いなので、さらっとかぶるだけでしっかり決まる。

 

nonnative / OFFICER PULLOVER SHIRT COTTON DOUBLE TWILL ¥27,000- (+tax)

 

一枚で着用するのも良いですが、やっぱり重ねて楽しみたいのがロング丈。

 

重ねた上着から思いっきり出過ぎると難しくなるかもしれませんが、

 

こんな感じのバランスだったら良く見えると思います。

 

今回はゆったりカーディガンで合わせましたが、コートやブルゾンも重ねていただけそうなバランス。

 

こうやって重ねて着用してみると、首元のヘンリーネックの仕様も良いアクセントに感じます。

 

今は一枚で着用できる気温ですが、先を見据えてもこんな一枚はきっと活躍してくれるはず。

 

着丈の長いアイテムも挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

nonnativeの長袖ポロシャツ。この時期に丁度良い。

一昨日辺りから涼しくなり、過ごしやすい季節になってきましたね。

 

これからどんどん長袖が活躍してくれそうです。

 

nonnative / CLERK POLO L/S TEE COTTON PIQUE -BROWN ¥15,000- (+tax)

 

nonnativeより、コットンピケ素材を使用した長袖ポロシャツ。

 

さらりとした生地感が心地良い...

 

襟部分とリブのトーンの濃さが、さりげないアクセントに。

 

大きく肩の落ちたビッグシルエットで、ゆったりとラフに着用できます。

 

長袖のポロシャツってなんだか新鮮な感じがします。

 

今っぽいビッグシルエットが、スタイリングに上手く組み込みやすい一着。

 

カラーリングも落ち着いていて、季節を感じる大人っぽい印象です。

 

アウターのインナーとしても使えますし、

 

今日みたいな日なら、一枚でさらっと着れますね。

 

秋服に、ボタンシャツやスウェットだけではなく、ポロシャツという選択もオススメです。

 

<credit>

Cap : COMES AND GOES / KNIT&MELTON CAP

Tops : nonnative / CLERK POLO L/S TEE COTTON PIQUE

Pant : nonnative / DWELLER 5P JEANS DROPPED FIT C/P 12oz DENIM STRETCH VW "BEN"

Shoes :  UNUSED × Suicoke / UH0455 Leather Slip-on

Bag : LIVING CONCEPT / OUTDOOR WAIST BAG

 

nonnativeの商品一覧へ

 

 

色んなパターンで。nonnative のハーフジッププルオーバー

 

こちらは昨夜から大雨でしたが、今は晴れ間が覗き、店からは大きな虹が見えています。

 

お盆期間中は、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

長い方だと日曜日まで、そんな声も聞こえております。

 

新作も増えておりますので覗いてみてください。

 

今日明日と暑さがやわらぎ、薄手の長袖がちょうど良い気温。

 

スタートしたばかりのnonnativeから、ハーフジップのシャツなんかが使えそう。

 

 

 

 

旬のグレンチェックは、さらっと気持ち良い薄手のシャツ生地で。

 

ハーフジップというと、90'sアウトドアなイメージを強く感じますが、

 

プルオーバーのシャツ生地だと、知的な印象でとても斬新。

 

ジップの開閉や、襟を立てたり折ったり。

 

両脇のポケットや、裾のドローコードで着丈を調節したり。

 

ざっと数パターン。様々なパターンでお楽しみいただける1枚です。

 

 

本来なら長めの着丈ですが、裾を絞ってふわっと溜めて着用しました。

 

ロングスリーブTシャツをタックインしたような、そんなニュアンス。

 

アウターが必要なくらい寒くなったら、襟を立ててハイネック風にしてインナーに。

 

パッと見ると難しい感じがしてしまいますが、着用してみると様々なシーンで着用できそうな優れモノです。

 

nonnativeらしいと言ったら簡単に聞こえてしまいますが、

 

いろんなギミックが隠れていていろんな表情を見せてくれる。

 

今すぐから、アウター必須の季節まで、ロングシーズン使える一着です。

 

nonnative / HANDYMAN PULLOVER SHIRT COTTON GLEN PLAID ¥33,000- (+TAX)

 

 

nonnative の商品一覧を見る

bean's HP

SEARCH THIS SITE.