<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
久しぶりのSK8-HIがグッときています。

 

本日発売の VANS × NONNATIVE / SK8-HI 早速試着してみました、かっこいいですね。

 

現行品には無い、70〜80's OGモデルをベースに製作されたこの一足。

 

ローカットの提案が多い昨今ですので、あえてのハイカットという提案もグッときます。

 

そして、便利過ぎるフロントのファスナーパーツも、紐を閉めるという煩わしさを取り去ってくれます。

 

久しぶりのSK8-HIですので、どんなスタイルに合うのか、いろいろ試してみたい意欲が湧いてきます。

 

サイズもだいぶ欠けてきましたが、お早めにお試しください。

 

 

 

"SK8-HI" nonative × vans

本日までの初売り期間は、沢山のご来店をいただき、誠にありがとうございます。


昼食の休憩もままならないくらいに、私達の想像を遥かに超えるご来店をいただき、本当に嬉しい限りです。

 

年末年始のお土産話や、初詣のおみくじが "凶" だった、そんな話もあり、新年そうそう沢山笑わせていただきました。

 

とても濃密で楽しい時間を過ごすことができました。

 

引き続き、ウィンターセールは継続しておりますので、ご覧ください。

 

息つく暇なく、物欲を刺激するスペシャル・デリバリーのお知らせです。

 

nonnative × vans SK8-HI

1月10日発売

 

- SPECIAL DELIVERY -

 

1月10日発売となります。

 

nonnatve × vans のスペシャルコラボレーション。

 

70's〜80'sの旧型のラストを用いたシルエットに、アッパーにはモンキースウェードと呼ばれる毛足の長いスウェード素材を。

 

更には、フロントにミリタリーブーツ等に採用されるジッパーパーツを付属。

 

極少数のみの入荷となりますので、お問い合わせお待ちしております。

 

※お電話やオンラインストアでのご予約は承る事ができません。了めご了承ください。

 

 

nonnative のフリースJKT。最高に便利そうです。

 

そんなに気温は変わらなくても、雪が視界に入っただけで、寒い感じがしてしまいます。

 

今日みたいなこんな日は、nonnative のフリースが最高に暖かい。

 

80'sや90'sのフリースジャケットを連想する一着。

 

見た目も着心地も、最高です。

 

裏地には PRADAやpatagoniaなど、名だたるブランドが採用している、着心地を高めるハイテク素材が。

 

敵なしの快適性と、包み込まれたい暖かさ。

 

ちょっとそこまでからしっかりキメたいときまで、何をするのにも、サッと着用できるこの一着。

 

ダウンは苦手、そんな方にも、最高に便利そうです。

 

nonnative / EXPLORER JACKET ACRYL HIGH PILE ¥56,000- (+tax)

COLOR : SOIL , LAVENDOR , OLIVE

 

nonnative こんな一着がきっと使いやすい。

 

カーディガンのようにさらっと、でもしっかり保温性もあって。

 

冬らしいフリース素材はグッドなカラーで。

 

重装備のヘビーアウターというよりは、気軽に着用できて重ねても良さそうな、こんな一着がきっと手に取りやすい。

 

その名のとおり、カーディガン感覚で着用頂きたい一枚。

 

nonnative らしい雰囲気で、 TROOPER CARDIGAN の紹介です。

 

nonnative / TROOPER CARDIGAN ¥55,000- (+tax)

 

ミリタリーのライナージャケットのようなディテールに、毛足の長いフリース素材をオン。

 

割とガッシリしたイメージが強い冬物の中でも、リラックス感が強く漂う雰囲気に。

 

パッとみるとそんな雰囲気ですが、モコモコっと可愛くなりすぎない。

 

フタ付きポケットや前たてに使用されている異素材のコントラストがしっかり引き締めてくれています。

 

本日は長袖カットソーと合わせていますが、冬にはスウェットパーカーやフードが付いたアイテムとの重ねなんかもいかがでしょうか。

 

オリーブ、ブラウン、グレーのnonnative らしいバリエーション。

 

どれもが悩ましいところですが、どれもが捨てがたいナイスカラー。

 

ブランドらしい素敵な提案、気分なカラーでお楽しみください。

 

 

 

nonnativeのハイテクパンツ。

昼間はそんな事ないですが、朝晩の冷え込みがかなり厳しくなってきました。

 

防風とか防水とか、そろそろハイテクウェアにも目が向いてくる頃でしょうか。

 

防風ですが、ストレッチする。

 

トレードオフの関係にあるように思える2つの機能を、見事両立させたハイテクパンツの紹介。

 

nonnativeより、PLIANTEX というハイパフォーマンス生地を使用した一本が入荷しています。

 

nonnative / ADVENTURE EASY RIB PANTS TAPERED FIT POLY TWILL Pliantex ¥28,000- (+tax)

 

あまりスポーツな匂いのしないディテールです。

 

シュッと細身でギャザーの寄った仕様は、奥行きのある立体的な見え方に。

 

ハイテクウェアやジャージというよりも、カジュアルに落とし込んで頂きやすい、とても気軽なバランスです。

 

 

 

 

風が入らないこと。

 

雪国に住む私達にとって、これだけでもだいぶ過ごしやすくなるはずです。

 

さらっと軽量で快適なのに、とても不思議な感覚です。

 

風の強い日に試してみたい衝動に駆られます。

 

パンツとして純粋な良さにプラスして、ハイテク機能を組み合わせてくる、さすがnonnativeな仕様。

 

秋〜春までロングシーズンで、普段着からアクティブシーンにも。活躍が目に見えてわかる一本です。

 

サラッと持ち出したいシャツジャケット。nonnative

3連休は沢山のご来店、まことにありがとうございました。

 

現在夜の7時、外はだいぶ肌寒く感じます。

 

Tシャツの上から何か・・・、気軽な羽織りものをお探しの方がとても増えています。

 

機能的ですが、肩肘張らない、nonnative らしい雰囲気のシャツジャケットが入荷しました。

 

nonnative / TOURIST SHIRT C/P TWILL ¥28,000- (+tax)

(COLOR : DEEP SEA , SOIL / SIZE : 1 , 2)

 

 

アシメントリーなポケットが特徴的な、その名もツーリストシャツ。

 

新幹線や航空機、フェスのチケットなんかもスッポリ収まり、取り出しやすいサイズと位置。

 

実際に入れる云々はお任せですが、中心部のこの存在が、リラックス感を演出してくれています。

 

シワなんかもサマになる柄だったり、オープンカラーのラフさだったり、ちょっとした裾の仕様なんかも。

 

第一印象はやはり色の良さに惹かれましたが、着用してみて、なお良く見えるディテールが詰まっています。

 

オーバーサイズやドロップショルダーといった、気だるさを残した提案が多い今期は、シャツもコレくらいのちょうど良さがグー。

 

秋の行楽のお供に、サラッと持ち出したい良さのある一着です。

 

 

 

nonnative の商品一覧を見る

nonnative / TOURIST SHIRT C/P TWILL の掲載ページ

 

 

 

 

 

nonnative のブラックデニム。

nonnative / DWELLER 4P JEANS TAPERED FIT C/P 12.5oz DENIM STRETCH PIGMENT COATED ¥22,000- (+tax)

 

ワイドパンツや楽に穿けるパンツが旬ですが、そんな時だからこそ、スリムなパンツの良さを改めて感じます。

 

シルエットや加工感の良さで定評のある nonnative のデニムパンツですが、ブラックデニムの入荷がありました。

 

コーティングを施した、ストレッチスキニー。

 

ピグメント染めの、しっかり硬さの残る肌触りが綿100%を彷彿とさせますが、

 

ストレッチ入りの12.5ozで、快適ながらデニムの良さも感じていただける仕様に。

 

Lee型のヒップポケットや、フロントボタンがスナップボタンになっていたり、膝裏のダーツなども。

 

ポイントポイントでちょっとした拘りを垣間見ることが出来ます。

 

スキニーでもしっかりデニム感のある一本は、薄手のスキニーには無い、シワ感などの雰囲気が良いですよね。

 

色による説得力。nonnative のL/S Tee

 

今日みたいな気持ちのよい秋晴れには、サラッと一枚で軽快に過ごしたいです。

 

nonnativeより入荷のあった、明日発売のロングスリーブTが抜群の発色です。

 

いつにも増して、各ブランド様々なカラーの提案が多い今年ですが、その中でもnonnativeの発色の美しさは、ひときわ際立ちます。

 

左からラベンダー、セメント、ソイルの3色は、染色に染色を重ねたオーバーダイによるもの。

 

一枚着でも良さに納得してしまうのは、色による説得力があるからでしょうか。


color : CEMENT

nonnative / CLERK L/S TEE COTTON JERSEY OVERDYED ¥14,000- (+tax)

COLOR : LAVENDER

COLOR : SOIL

 

サイズ感は、ドロップショルダーでゆったり目、サイドにはスリットが入ります。

 

良い色味に加えて、旬なディテールなのも嬉しい。

 

それぞれの色によって、全く雰囲気が異なるので、そこもまた嬉しい悩みですね・・。

 

秋の第一歩は、色の所から入ってみてはいかがでしょうか。

 

今から楽しんでいただけそうな一枚。nonnative の Painter Pullover

 

 

お墓参りとか、親戚の集まりとか一段落した頃でしょうか、帰省の方も増えてきたような気がします。

 

連日、沢山のご来店ありがとうございます。

 

連休中は休まず営業しております。日々、秋物が増えていますので、覗いてみて下さい。

 

 

まだまだ夏の雰囲気を楽しみたい気がしますが、すでに長袖も楽しめそうな、絶妙な気候が続いています。

 

nonnativeから入荷のあった、Painter Pullover Long Shirt が多数の問い合わせを頂いております。

 

シルクやレーヨンに近い、滑らかなタッチのリヨセル素材の一枚は、この時期にうってつけの好素材。

 

 

 

優良な素材感に加えて、優雅でリラックス感を演出する落ち感と、ヘンリーネックと低い位置に設定されたポケットもナイスバランスです。

 

サラッと被るだけで、とても良い雰囲気を醸し出してくれそうです。

 

敬遠しがちなロングシャツというディテールも、こういった土臭さのあるカラーであれば、スタイリングにも取り入れ易い気がします。

 

天然素材からサンプリングされたカラーだけあって、インディゴとかそういった天然由来のカラーと相性は抜群。

 

最近はあまり提案の無かったトーンだけに、新鮮に映ります。

 

ダークトーンに偏りがちな秋冬のスタイリングは、意識的に鮮やかなカラーも取り入れていきたいところです。

 

nonnative の通信販売ページへ

 

 

nonnativeの一枚は象徴するカラーで。

先週末よりスタートした "nonnative" 沢山の方にご好評頂いております。

 

 

これからのスタイリングを考えつつ、秋物をご覧いただくのも良いですが、

 

 

今すぐ着用いただけるTeeが今シーズンを象徴するカラーで登場しています。

 

 

今季のテーマがプリントされたバッグプリントも、なんだか新鮮で気分が上がります。

nonnative / CIUDAD DE COLORES ¥6,800- (+tax)

color : soil , lavendor , jasmine 

 

nonnative が得意とする、絶妙なトーンのアースカラーがとても綺麗です。

 

 

様々なカラーを違和感なく着用できる今の流れであれば、nonnativeのカラーの提案もどんどん試してみたいです。

 

 

ラウンドカットの裾のディテールも、レイヤードに活きてきそうで、今すぐから先を見据えても使える一枚になりそうです。

 

 

国内でも数社しかないGORE-TEX社のファブリックを使用するなど機能面で優れたプロダクトを提案するnonnativeですが、

 

 

ちょっとナナメから色味という視点でご覧いただいても面白いブランドです。

 

 

手にとってご覧になってみてください。

 

 

nonnative の商品一覧ページへ

 

online store

instagram

facebook

SEARCH THIS SITE.