<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
要求の多い欲張りな貴方に。nonnative CYCLIST BLOUSON

nonnative より春のスタイリングに使える一着です。

 

サイクリストブルゾンと名付けられた通り、機能性とファッション性を備えた都会的な香りのする一着。

 

春らしくて、機能的で、着やすくて、、様々な要求を求める欲張りな方にオススメさせていただきたいジャケット。

 

nonnative / CYCLIST BLOUSON POLY RIPSTOP DICROS® dew OVERDYED ¥49,000- (+tax)

(size 2 , 3 , 4)

 

軽量で撥水性を持ちながら、陰影のある豊かな表情を併せ持っています。

 

ポリエステル素材の常識を打ち破った最新素材、 DICROS dew を搭載した一着。

 

そんな好素材に対して、ライダースのようにシャープに見えるフォルムが、nonnativeらしく大人な印象に。

 

表面はリップストップ生地で、裏地はメッシュ素材。

 

暑い日と寒い日が入り交じるこれからの季節に、汗ばむ気候でもサラリと着用いただける肌馴染みの良い素材感です。

 

春のアウターというと、着用期間が短いのではと思いがちですが、そんな心配もご無用。

 

さらりとカーディガン感覚で着用いただけるので、他ブランドには真似できないくらい、長くお使いいただけそうです。

 

いろいろと、良いことづくめの一着。

 

春のお供として、大車輪な活躍ではないでしょうか。

 

「サイクリストブルゾン」と銘打っていますが、もちろん自転車乗りでなくとも。

 

むしろタウンユースでも、その利便性を存分に感じていただける一着です。

 

 

 

nonnative の商品一覧へ

 

 

nonnative GORE WINDSTOPPER


 

nonnative から非常にハイテクな一着が届いています。

 

GORE 社のハイテク素材、「GORE WINDSTOPPER」を採用したこの一着。

 

雨や風、まだまだ雪も続きそうですので、こんなウェアは活躍必須かと思います。

 

防水に秀でたのが「GORE-TEX」なのに対して、「WINDSTOPPER」は防風と透湿に秀でたパフォーマンスを発揮する一着。

 

防風だけにとどまらず、半永久的な撥水性や、「洗える」というところもこれからの季節だと重要な要素の一つ。

 

さらに、生地が柔らかく着用しやすいのも、WINDSTOPPERならではのポイントでしょうか。

 

いろいろ説明しすぎてしまいましたが、純粋にブルゾンとしてもファッショナブル。

 

さすが nonnative と思っていただける一着だと思います。


CYCLIST JACKET N/P TAFFETA STRETCH WITH WINDSTOPPER 3L ¥73,000- (+tax)

 

 

当店ではサイズ2、3、4の展開。ビッグにお召しいただく提案です。

 

襟に収納されたフードや、フロントにアクセントとなるポケット、裾のドローコードなど、ハイテクウェアらしい仕掛けが面白いです。

 

各部分の調節で変化をお楽しみいただけるので、単なる雨合羽とかウィンドブレーカーといったニュアンスではなく、よりアレンジを効かせて着用いただけそうです。
 

ビッグですので、カットソーの上からコレ一枚で完結してしまう、重宝すること間違いなさそうな一着。

 

 

 

 

 

風が入ってこないだけでかなり快適なはずです。

 

3層構造のWINDSTOPPER となると、ちょっとしたスキーウェアやボードウェアより断然薄いのに、高機能かもしれません。

 

国内ブランドだと数社にしか扱う事ができない、8000m級の山岳など過酷な環境にも適応しうる、GORE-TEX PRO のライセンスを取得する nonnative 。

 

GORE社よりお墨付きを与えられた nonnative ならではの、高い技術力と優れたファッション性が融合した一着と言えそうです。

 

ハイテクウェアって、なんだかテンション上がりますよね・・。

 

夏以外の3シーズンウェアとして、いかがでしょうか。

 

ちらりと見える小花柄。久しぶりに良いですね。nonnative より

 

 

 

 

 

気持ちのよい週末でした。春の装いでご来店頂いているお客様もちらほらと。

 

昨日に引き続き nonnative の紹介。良作が多いシーズンです。

 

今年のペインターシャツは、風合い豊かな生地をベースに、裾に小花柄をレイヤード。

 

ワークなディテールが随所に見られますが、小花柄が春夏っぽく優しい見た目にさせてくれています。

 

最近あまり見なかった気がしますが、ちらっと見える柄物も、久しぶりに良いですよね。

 

おっと忘れちゃいけません。 

 

nonnative らしい絶妙な発色にもご注目ください。

 

ナチュラルなシワ感が特徴のタイプライター生地と、調和のとれた発色が素敵です。

 

思わず手に取りたくなる要素が詰まった、さらりと併せたい春を感じる一枚です。

 

nonnative / PAINTER PULLOVER LONG SHIRT COTTON TYPEWRITER ¥27,000- (+tax)

nonnative の商品一覧へ

bean's online store

 

 

nonnative × 金子眼鏡 日本人でもしっくりくるバランスに。

nonnative / DWELLER GLASSES by KANEKO OPTICAL ¥28,000- (+tax)

nonnative / DWELLER SUNGLASSES by KANEKO OPTICAL ¥28,000- (+tax)

 

外国の人って、眉毛までしっかり隠れてサングラスが良く似合うな〜なんて思っていましたが、さすが金子眼鏡謹製。

 

日本人でも眉毛までカバーするサイズ感で、しっくりくるバランスに仕上げられています。

 

ツルッとした素材じゃなくて、スムースでマットな肌触り、それに軽量。

 

普段眼鏡を掛けない私でも異物感があまりないというか、気持ち良くて病みつきです。

 

ヒンジ部分のロゴや、先セルの小ぶりなスターなどの、さり気ない遊びも効いています。


同じフレームで、クリアとサングラスの2パターン。どちらもUVカットのレンズになります。

 

今年は雪が多くて、車移動でも眩しいと感じる事が多いような気がします。

 

晴れの日のスキー場は紫外線が2倍と云われていますが、今年は市街地でもそれに近いような環境でしょうか。

 

雪のある今の季節はもちろん、夏でも軽快にお使いいただけそうです。

 

あまりなかったような、ナイスなバランスです。試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

nonnative の商品一覧へ

bean's online store

 

 

 

 

程よい違和感が、新鮮。nonnative のブルゾン。

 

生地やディテール、ならではの良い雰囲気です。

 

先日のスタートからご好評いただいた、nonnative からブルゾンが届きました。

 

アメリカの「働く男」がテーマの今季なだけあって、土臭さと機能的な仕掛けがドッキングした仕上がりです。

 

製品染め、さらにヴィンテージウォッシュを施した、退色が美しいバックサテン。

 

さすが nonnative を感じられる、ヴィンテージさながらの雰囲気に。

 

絶好の雰囲気を纏った生地に対して、脇下と袖口にはベルクロを設け、機能的で都会的なディテールがプラスされています。

 

この生地でこのディテールとなると馴染みやすさと新しさの二面性があり、程よい違和感があります。

 

ネイビーとオリーブの2色、アタリやパッカリングがそれぞれ最高です。これは迷いそうな仕上がりですよ。

 

親しみ深いミリタリーファブリックも、ひねりの効いたこんなアイテムだったら、とても新鮮に感じていただけると思います。

 

nonnative / GARDENER JACKET COTTON BACK SATIN OVERDYED VW ¥43,000- (+tax)

color : navy , olive

 

 

 

nonnative の商品一覧をみる

bean's online store へ

久しぶりのSK8-HIがグッときています。

 

本日発売の VANS × NONNATIVE / SK8-HI 早速試着してみました、かっこいいですね。

 

現行品には無い、70〜80's OGモデルをベースに製作されたこの一足。

 

ローカットの提案が多い昨今ですので、あえてのハイカットという提案もグッときます。

 

そして、便利過ぎるフロントのファスナーパーツも、紐を閉めるという煩わしさを取り去ってくれます。

 

久しぶりのSK8-HIですので、どんなスタイルに合うのか、いろいろ試してみたい意欲が湧いてきます。

 

サイズもだいぶ欠けてきましたが、お早めにお試しください。

 

 

 

"SK8-HI" nonative × vans

本日までの初売り期間は、沢山のご来店をいただき、誠にありがとうございます。


昼食の休憩もままならないくらいに、私達の想像を遥かに超えるご来店をいただき、本当に嬉しい限りです。

 

年末年始のお土産話や、初詣のおみくじが "凶" だった、そんな話もあり、新年そうそう沢山笑わせていただきました。

 

とても濃密で楽しい時間を過ごすことができました。

 

引き続き、ウィンターセールは継続しておりますので、ご覧ください。

 

息つく暇なく、物欲を刺激するスペシャル・デリバリーのお知らせです。

 

nonnative × vans SK8-HI

1月10日発売

 

- SPECIAL DELIVERY -

 

1月10日発売となります。

 

nonnatve × vans のスペシャルコラボレーション。

 

70's〜80'sの旧型のラストを用いたシルエットに、アッパーにはモンキースウェードと呼ばれる毛足の長いスウェード素材を。

 

更には、フロントにミリタリーブーツ等に採用されるジッパーパーツを付属。

 

極少数のみの入荷となりますので、お問い合わせお待ちしております。

 

※お電話やオンラインストアでのご予約は承る事ができません。了めご了承ください。

 

 

nonnative のフリースJKT。最高に便利そうです。

 

そんなに気温は変わらなくても、雪が視界に入っただけで、寒い感じがしてしまいます。

 

今日みたいなこんな日は、nonnative のフリースが最高に暖かい。

 

80'sや90'sのフリースジャケットを連想する一着。

 

見た目も着心地も、最高です。

 

裏地には PRADAやpatagoniaなど、名だたるブランドが採用している、着心地を高めるハイテク素材が。

 

敵なしの快適性と、包み込まれたい暖かさ。

 

ちょっとそこまでからしっかりキメたいときまで、何をするのにも、サッと着用できるこの一着。

 

ダウンは苦手、そんな方にも、最高に便利そうです。

 

nonnative / EXPLORER JACKET ACRYL HIGH PILE ¥56,000- (+tax)

COLOR : SOIL , LAVENDOR , OLIVE

 

nonnative こんな一着がきっと使いやすい。

 

カーディガンのようにさらっと、でもしっかり保温性もあって。

 

冬らしいフリース素材はグッドなカラーで。

 

重装備のヘビーアウターというよりは、気軽に着用できて重ねても良さそうな、こんな一着がきっと手に取りやすい。

 

その名のとおり、カーディガン感覚で着用頂きたい一枚。

 

nonnative らしい雰囲気で、 TROOPER CARDIGAN の紹介です。

 

nonnative / TROOPER CARDIGAN ¥55,000- (+tax)

 

ミリタリーのライナージャケットのようなディテールに、毛足の長いフリース素材をオン。

 

割とガッシリしたイメージが強い冬物の中でも、リラックス感が強く漂う雰囲気に。

 

パッとみるとそんな雰囲気ですが、モコモコっと可愛くなりすぎない。

 

フタ付きポケットや前たてに使用されている異素材のコントラストがしっかり引き締めてくれています。

 

本日は長袖カットソーと合わせていますが、冬にはスウェットパーカーやフードが付いたアイテムとの重ねなんかもいかがでしょうか。

 

オリーブ、ブラウン、グレーのnonnative らしいバリエーション。

 

どれもが悩ましいところですが、どれもが捨てがたいナイスカラー。

 

ブランドらしい素敵な提案、気分なカラーでお楽しみください。

 

 

 

nonnativeのハイテクパンツ。

昼間はそんな事ないですが、朝晩の冷え込みがかなり厳しくなってきました。

 

防風とか防水とか、そろそろハイテクウェアにも目が向いてくる頃でしょうか。

 

防風ですが、ストレッチする。

 

トレードオフの関係にあるように思える2つの機能を、見事両立させたハイテクパンツの紹介。

 

nonnativeより、PLIANTEX というハイパフォーマンス生地を使用した一本が入荷しています。

 

nonnative / ADVENTURE EASY RIB PANTS TAPERED FIT POLY TWILL Pliantex ¥28,000- (+tax)

 

あまりスポーツな匂いのしないディテールです。

 

シュッと細身でギャザーの寄った仕様は、奥行きのある立体的な見え方に。

 

ハイテクウェアやジャージというよりも、カジュアルに落とし込んで頂きやすい、とても気軽なバランスです。

 

 

 

 

風が入らないこと。

 

雪国に住む私達にとって、これだけでもだいぶ過ごしやすくなるはずです。

 

さらっと軽量で快適なのに、とても不思議な感覚です。

 

風の強い日に試してみたい衝動に駆られます。

 

パンツとして純粋な良さにプラスして、ハイテク機能を組み合わせてくる、さすがnonnativeな仕様。

 

秋〜春までロングシーズンで、普段着からアクティブシーンにも。活躍が目に見えてわかる一本です。

 

SEARCH THIS SITE.