<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
歩くための夏のサンダル「JOJO」

昨年から取扱を初めて、2シーズン目を迎えた「JOJO」

 

今年はすでに、昨年以上の多くの方々に興味を持っていただいています。

 

京都発の履物なだけあって、

 

ちょっぴり和なテイストが落とし込まれていますが、

 

でもそこまで本格的すぎない、親しみの湧くプロダクト。

 

太いパンツからスキニーパンツまで、スラックスなんかにも

 

パンツを選ばずに使っていただける、万能な夏のシューズです。

個人的に、昨夏の1シーズン着用してみました。

 

足を入れた第一印象は、めちゃめちゃ気持ちいいとか、

 

そんなことはありませんでしたが、他のサンダル等との違いを感じたのは、

 

一日が終わってからでした。

 

立ち仕事であるにもかかわらず、他のサンダルを履いている時と比べて

 

足が疲れが少ないことに気づきました。

 

更には、東京への展示会出張でも丸一日、

 

原宿や中目黒を歩きまくりましたが、

 

スニーカーを履いているときと疲労度に違いが無いことに気づきました。

 

JOJOが提案する前傾姿勢になれることや、

 

前ツボ、ソール、鼻緒、インソールの適材適所な素材のチョイス。

 

日本人の古来からのライフスタイルをベースに、

 

動くことにフォーカスした理にかなった仕様が、

 

歩きやすさや、履きやすさを実現させてくれます。

今年は新たにインソールにコルクではなく、

 

人工スウェードを用いたタイプがリリース。

 

シックな見た目とソフトな肌触りが、クセになりそうなスウェードタイプ。

 

昨年から引き続き提案する、ブラックとネイビー、

 

レディースで展開するラグを用いたタイプも、今季も変わらず届きました。

歩くための大人なビーチサンダル。

 

京都発の履物屋なだけに、馴染みの薄い履物なんですが、

 

プロダクトの秀逸さは逸品です。

 

今年の夏も、当店は「JOJO推し」。

 

まずは履いて試して頂きたい逸品です。

 

JOJOの商品一覧を見る

 

PRODUCT REPORT #1 老舗「祇園ない藤」が手がける一足 "JOJO" を紐解く

今年の一足として、 jojo のサンダルを提案致します。

 

 

 

楽しみにしていました。

 

新しく取り扱いを致しますブランド、東北初上陸となります。

 

京都・祇園の老舗履物匠「ない藤」が手がける、「 jojo / ジョジョ 」のご紹介。

 

ビーチサンダルや草履という履物のカタチにフォーカスし、長年培われた技術と知恵に、最新のテクノロジーや素材を巧みに取り入れた逸品。

 

近年流行した、スポーツサンダルやシャワーサンダルとは一線を画す、全く新たな取り組みです。

 

人間本来の体の使い方に近い歩行を可能とする、見た目にも履き心地にも最高の一足。

 

今年の一足として、 jojo のサンダルを提案致します。

 

 

 

いかがでしょうか。なんとも言えない、クールなフォルム。

 

そして次に、気になるテクノロジーの紹介。

 

足裏が触れる部分にはコルクを。

 

指の股の部分には哺乳瓶の飲み口に使われる柔らかいシリコンを。

 

ソールは耐摩耗性に優れた、タイヤにも使用されるSBRを、芯材には反発性が強いEVA素材を。

 

適材適所といった言葉がぴったりな素材を採用し、しっとり吸い付くような極上感触に。

 

 

 

着物好きの間では羨望の眼差しを向けられる、祇園ない藤の草履。

 

明治時代から続く老舗が、日本人の動きに着目します。

 

日本人は指の股に力を入れて、指がしっかり踏ん張れると正しく歩ける。

 

それを実現したのがこの一足。活動的に一日歩いても疲れないサンダルなんです。

 

5つ星ホテルからロサンゼルスやパリまで。日本式のこれが広がっています。

 

実際に履いてみると、しっくり足に馴染み、やや前かがみに。

 

本日一日着用していますが、歩きやすく、足が痛くならない。

 

デニムやスラックスにも、見事にマッチしてくれるフォルムなのも素晴らしい。

 

メンズサイズからレディースサイズまで取り揃えました。

 

週末は暑くなるようです。まずはお試しください。

 

 

JOJO の商品一覧へ

 

 

 

 

 

SEARCH THIS SITE.