<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「s2w8」土臭いアイテムから、遊びの効いたアイテムまで。 | main | 春は GRAMICCI の新型一本で。 >>
一つ一つの瞬間に良さが伝わるジャケット。「KAPTAIN SUNSHINE」
今シーズンから取扱を始めています「KAPTAIN SUNSHINE」。


今週も入荷がありましたが、画像やカタログで見たものよりも、現物を見ると段違いにかっこ良く見えます。


毎回、良い意味で期待を裏切る仕上がり、ギャップを感じます。


60'sのA&F サファリシリーズにインスパイアされた「Field Wrap Jacket」も抜群の仕上がりです。


まるでシルクのようにも見える、超極細の糸を高密度に打ち込まれたコットンの生地。それと、包み込まれるかのような、新感覚な着心地。


生地の良さや着心地の良さを言葉で伝えるのは難しいですが、自然と笑みが溢れてしまうような、そんな良さがあります。

KAPTAIN SUNSHINE / Field Wrap Jacket / Double ¥38,000- (+tax)





着心地の良さは生地だけでなく、作りこみにもあります。


40'sのドレスウェアにも用いられる特殊な折り伏せや、裏側を見ると、まるで一枚の生地がつながっているように見える緻密で計算高い作りこみ。


そういった手間のかかる仕様が着用時の負荷を分散させ、包み込まれる(=Wrap)着心地を実現しています。


現代では誰もやりたがらないような、素材使いや縫製に妥協しない姿勢は、洋服の完成度にも比例しているのが良く分かります。


手にした時、袖を通した時。一つ一つの瞬間に良さが伝わってくるアイテムです。


グッとくるオリーブのジャケットは、ベージュのパンツとサファリカラーで渋くまとめてみました。


インディゴのデニムパンツ、さらには、暖かくなったらショートパンツで合わせても栄えると思います。


色んな想像をして頂いたかと思いますが、実物が格段によく映ります。


生地や縫製、裏側まで、そして着用してそのクオリティを確かめてみてください。



-credit-
jacket : KAPTAIN SUNSHINE , Field Wrap Jacket / Double (Olive , 36) 
shirt : USED&REMAKE
pants : KAPTAIN SUNSHINE , Riviera Trousers (Khaki , 30)
shoes : Pataboot , Chambord (GrTaupe)


Bean's HP
Bean's オンラインストア
Bean's Facebook
Bean's Instagram
COMMENT









Trackback URL
http://beans1989-1.jugem.jp/trackback/1510
TRACKBACK
SEARCH THIS SITE.