<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 道具としての "Paraboot" | main | orSlow の顔。欠けていたサイズが揃っています。 >>
無地には無地の飾らない良さが。SAINT JAMES


SAINT JAMES のウエッソン、ソリッドタイプが揃いました。


説明不要の名品セントジェームスですが、らしくない無地のタイプ。


ボーダーもやっぱり欠かせないですが、無地には無地の、飾らない良さが。


キメすぎず、抜きすぎずの佇まいが使えそうです。

毎シーズン買い足したくなる不思議な魅力がありますよね。


洗濯で縮んだり、ボートネックからインナーが見えてしまったり、バリっとしていたり。


頑丈であることに加えて、そんな個性があるからこそ、いつまで経っても飽きが来ないのかなと思います。


徐々に徐々にですが、春物も入荷が始まっています。

 

COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
SEARCH THIS SITE.