<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Engineered Garments × Dr.Martens "Ghillie Lace" 世界一斉発売 | main | SOPHNET. visvim 2017ssがスタートします。 >>
タフであり上品である。Whitehouse Cox が一番得意とする一本。


タフであり上品である、紳士的な一本は、乗馬用の道具製作から始まった、Whitehouse Cox が一番得意とするところ。


ブランドの代名詞とも言える、ブライドルレザーを表と裏の両面に用いた贅沢な仕様。


ブラックという色でありますが、エイジングは色気が増していく様な、深みの増した艶が見られそうです。


28mmというバランスの良い太さは、スーツスタイルはもちろん、デニムパンツ にも良く合う。


装いは軽く、予期せぬ時にベルトも見え隠れする、そんな季節が着々と近づいてきました。


男の品を上げてくれる、少し緊張感のあるこんな一本も素敵です。

WHITEHOUSE COX / B8665 SELF LINE ¥17,000- (+TAX)




COMMENT









Trackback URL
http://beans1989-1.jugem.jp/trackback/1778
TRACKBACK
SEARCH THIS SITE.