<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< blurhms 凝ったモノ造り。 | main | Kaptain Sunshineの一枚は60's西海岸のイメージで。 >>
KIJIMA TAKAYUKI 機動力の高い逸品。

パリッと、軽くて、たためるハット。


気候の変化が激しい今であれば、機動力の高いこんなハットの良さを確実に感じていただけそうです。


"KIJIMA TAKAYUKI" というと、キャップ、ベレー、そんなアイテムも取り扱いがございましたが、ブランドの強みはやっぱりハット。


秀逸な作りの良さは被ったその瞬間から感じて頂けると思います。


本日紹介の逸品も、「春と夏」という2シーズンを良く理解した、利便性に富んだ仕様。

KIJIMA TAKAYUKI / 171224 バケットハット ¥12,000- (+tax)
color : navy , khaki






コットン/ナイロンのパリッと張りの強い、型崩れの少ない生地。


シワも良く映る素材感は、折りたたんでカバンやポケットに、日除けやスタイリングのワンポイントに。


アイレットは☆型で、さり気ない遊びが心を掴みます。


被ってみて分かりましたが、驚きの軽さはもとより、程よく下に向いたツバもバランスの取りやすい一因に。


このハットも例に漏れず、完成度の高さを感じて頂ける良作です。
COMMENT









Trackback URL
http://beans1989-1.jugem.jp/trackback/1914
TRACKBACK
SEARCH THIS SITE.