<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Jackman からフリースでほっこりと。 | main | 良い意味でらしくない。GRAMICCI のWOOL PANTS >>
気楽だけど一枚で完結する。good on のハーフジッププルオーバー。

 

 

一枚で完結するような、気楽なウェアが気になってしまいます。

 

暖かくて気軽で良いです。

 

ド派手なロゴや配色のハーフジップウインドブレーカーを思い出すような、

 

90'sな香りのする、good on のハーフジップ。

 

そんな雰囲気を、お得意のピグメントダイにて染色した一着。

 

ゆったりしたスウェットやロンTeeなんかも今年らしいと思いますが、

 

フード付きのハーフジップも他とちょっぴり差の付く一枚です。

 

 

良くも悪くも、good on らしからぬ一枚。

 

シンプルなポケTeeだったり、ベースボールTeeだったり定番物なイメージでしたが、

 

good on製となると、イレギュラーなこんな一着も手に取りやすいような・・。

 

絶妙なカスレ感のあるピグメント染めによる色味も、親しみやすく、合わせやすい。

 

ヘビーオンスのボディに、裏起毛、長めの着丈、ボリュームのあるフード周りなど、

 

一枚で完結してしまうような、保温性とディテールに仕上がっています。

 

ちょっと手の加えられたそんな仕様だからこそ、重ね着でもしっかりアクセントとなってくれそう。

 

3連休前に入荷があり、コレいいねぇ〜とすでに沢山の反響をいただいているこの一枚。

 

気軽にさらりと、挿しのアイテムとしていかがでしょうか。

 

COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
SEARCH THIS SITE.