<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Blundstone 足元には防水性を。 | main | N.HOOLYWOOD 必ず触れたくなる素材感。 >>
新感覚な薄手フリース。REMI RELIEF

 

REMI RELIEF のフリースが使えそうです。

 

カットソーの延長線くらいの厚すぎないフリースに、

 

ナイロン素材をドッキングして、一枚でも主役を張れる雰囲気に。

 

フード付きとクルーネック、2色ずつの2型で揃いました。

 

 

フリースというと、部屋着的なイメージが強くありますが、

 

ドッキングされたナイロン素材や肩のワッフル使いが、

 

しっかりオシャレな一枚として成り立たせるバランスに。

 

そして、厚すぎないこの生地感も抜群に使いやすい。

 

 

REMI RELIEF / フリース×ナイロンパーカー ¥16,000- (+TAX)

 

ポケット付きなのも嬉しいところ、

 

付いていないと云われればそれまでですが、

 

やっぱり手を突っ込んで歩きたい時もある。

 

それと、裾を調節できるスピンドルも便利。

 

上から羽織るアウターに併せて、着丈を調節したり。

 

ふわっとボリュームを出してみたり。

 

 

REMI RELIEF / フリース×ナイロン クルーネック ¥13,800- (+TAX)

 

ぐだぐだと長くなってしまいましたが、

 

まだニットって感じでもないし、カットソーは心もとないし。

 

フリースというとレトロXみたいな、肉厚で上に羽織るイメージがあったので、

 

カットソーのような薄手のフリースっていうアイテムが新感覚に感じます。

 

そして、これだけ手の込んだ一着もブランドならでは。

 

旬のフリースという素材感、レミレリーフならではの雰囲気で落とし込んでみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://beans1989-1.jugem.jp/trackback/2471
TRACKBACK
SEARCH THIS SITE.