<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2月5日は臨時休業致します。 | main | EG 無骨さが際立つ男の一本。 >>
アートな一枚が使いやすい。

永遠の定番アイテム、プルオーバーパーカー。

 

誰しも一着は持っている、最高に使える一着ですが、

 

シンプルすぎても派手すぎても...と、

 

定番だからこそ、拘りを持ちたくなる。

 

今回はUEの春物からピックアップした、

 

無地と柄の微妙な隙間を埋めてくれるような、

 

こんなパーカーをご紹介します。

 

uniform experiment / DRIPPING HOODIE -Gray ¥27,000-(+tax)

 

「ドリッピングフーディ」と、その名の通り、

 

絵の具を飛散させたような、ドリッピングプリントを施した一着。

 

グラフィティアートのようにも捉えれますし、夜の星空のようにも見えてきます。

 

全体ではなく、さりげなく散りばめられているのも、

 

主張しすぎないデザインで、馴染みやすい。

 

お馴染みのミルスペックも、サイドにさらりと。

 

季節の変わり目にも大活躍する、使えるアイテム。

 

UEらしい高いデザイン性を備えた、こんな一枚が着たくなります。

 

 

uniform experimentの商品一覧へ

COMMENT









Trackback URL
http://beans1989-1.jugem.jp/trackback/2592
TRACKBACK
SEARCH THIS SITE.