<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< CURLY 極上の着心地。 | main | SOPHNET. 軽く羽織れるこんなシャツが今の気分。 >>
ハットやキャスケットで新鮮に。KIJIMA TAKAYUKI

本格的な夏はまだこれからっていうのに、

 

日差しが強いなって時が増えてきました。

 

店内も沢山のレパートリーで帽子が揃いました。

 

ここ何年かキャップの提案が多かっただけに、

 

ハットとかキャスケットが逆に新鮮に感じます。

 

KIJIMA TAKAYUKI から、夏らしい素材感で届きました。

 

KIJIMA TAKAYUKI / Typewriter 6Panel HAT ¥12,000- (+tax)

 

まずは、超軽量な6パネルハット。

 

着用してみると、ほんとうにノーストレスなぐらい軽くて被り心地抜群。

 

締めつけ感もほとんどありませんので、それこそ夏に重宝します。

 

見た目にも軽さを感じられるような、パッカリングとかシワ感とか、

 

そんな作り込みがKIJIMA TAKAYUKIらしくて粋を感じる仕様。

 

 

ツバは広すぎず、上品過ぎない雰囲気がありますので、

 

様々なスタイリングへの応用力も高いハットかと思います。

 

かなりコンパクトに折りたためますので、

 

鞄に詰めておいて、日よけにお使いいただく。

 

そんな気の利いたハット。

 

 

KIJIMA TAKAYUKI / Ear Flap Casket ¥13,000- (+tax)

 

一転して、ひと癖あるイヤーフラップ付きのキャスケット。

 

麻が混ざった夏素材の使いやすいキャスケットをベースに、

 

今年らしく、イヤーフラップが付いた仕様。

 

キャラが立つアイテムだと思いますが、

 

夏だからこそお楽しみいただけるクセの効いた一点です。

 

夏の味付けにキャスケットを、たまにはどうでしょうか。
 

 

KIJIMA TAKAYUKIの商品一覧を見る

 

COMMENT









Trackback URL
http://beans1989-1.jugem.jp/trackback/2759
TRACKBACK
SEARCH THIS SITE.