<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ワイドでズドンとストレートシルエットが今の気分。 | main | South2West8のクセになる柄モノ。 >>
「COMES」&「KIJIMA」 帽子から秋を。

気がつけば、9月ももうそこまで。

 

朝晩もだいぶ涼しくなり、快適になってきました。

 

店内も入荷ラッシュで、小物まで秋物が揃い始め、かなりのボリューム感。

 

秋物豊作で、どれを紹介したら良いのかすでに分からなくなってきていますが、

 

小物から秋を加えてみてはいかがでしょうか。

 

KIJIMA TAKAYUKI と COMESANDGOESから、秋の被り物が届きました。

 

COMES AND GOES / CORDUROY CAP ¥9,200- (+tax)

 

KIJIMA TAKAYUKI / Washable Leather Casket ¥15,000- (+tax)

 

 

 

一番上に持ってくると、一気に秋らしく感じていただけるコーデュロイという生地。


特有の、程よく土臭く、柔らかな雰囲気は、

 

ウール等のこれからの素材に良くマッチするはず。

 

春・夏だけじゃなく、秋冬もキャップを。

 

こんな雰囲気だったらコーディネートもまとめやすいはず。

 

 

新鮮に感じられるキャスケットという提案は、KIJIMA TAKAYUKIから。

 

キャスケットにも、ハンチングとしても、2WAYでお使いいただけます。

 

写真ではハンチング風に。

 

渋さを与えてくれるような、ブランドらしい大人な提案。

 

あまり被ったことが無いだけに、いろんなアイテムに合わせたくなる帽子。

 

超新鮮に感じられるハンチングという提案が唯一無二でしょうか。

 

 

本体の生地感も、オイルドのようなマットな生地に、

 

ウォッシャブルレザーを用いた背面ストラップの組み合わせ。

 

バブアーとか、シェットランドニットとか、

 

正統派なアイテムとも良く合いそうな印象です。

 

古くからあって、敷居の高さを感じていたアイテムですが、

 

着用してみると、良い意味での違和感が楽しいアイテム。

 

老若男女、お楽しみいただける逸品だと思います。

 

 

どちらも帽子メーカー謹製なだけに、着用感は間違いない。

 

慣れた形をコーデュロイの素材感で楽しむのか。

 

手にとったことが無いハンチングで、化学反応を起こすのか。

 

一番最初に目につく帽子というアイテムだけに、最良の選択を。

 

ユニークな形、季節感ある素材で多数揃いました。

 

色々と被り比べてみてくださいね。

 

KIJIMA TAKAYUKI の商品一覧を見る。

 

COMESANDGOESの商品一覧を見る。

COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
SEARCH THIS SITE.