<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サラリと合わせたい、秋の羽織りはnonnative | main | UNUSEDのスラックスなら間違いない。 >>
Future Primitive 架空のツアーを題材にした一枚。

9月前半の残暑がやっと落ち着き、

 

長袖が心地よい気候になってきました。

 

そんなタイミングで、Future Primitive からパーカーが届いています。

 

架空の音楽ツアーを題材に製作された、

 

「The Magical Mysterious Tour」シリーズの第二弾。

 

無地も飽きてきて、洒落の効いたこんな一枚を着たい。

 

そんな方も多いのではないでしょうか。

 

これから秋冬春と3シーズン着用できそうな、軽く柔らかな着心地のボディに、

 

バッグとフロント左胸にプリントが入ります。

 

Future Primitive / FP TMMT HOODIE ¥12,000- (+tax)

 

架空なだけに、ジャンルとか音楽性とか、

 

そんな事にとらわれずに着用していただけるのも、"架空"ならでは。

 

スウェットとかパーカーとか着用したいこんな気候に、

 

いつものパンツにサラリと併せても、

 

語呂の良いプリントが入ると、見栄えのするスタイリングに見えちゃうはず。

 

Future Primitive らしいセンスの一枚。

 

たまにはこんな一枚も良いじゃないですか。

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://beans1989-1.jugem.jp/trackback/2881
TRACKBACK
SEARCH THIS SITE.