<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 当時のデザインを現代に。多機能で男心くすぐる一足が手放せない。 | main | ユニークな仕掛けが目に留まる、一癖効いた一着に一目惚れ。 >>
SGGM

 

新しく取り扱いがスタートした大阪発の 「SGGM / エスジージーエム」

 

オーセンティックなアイテムを軸として

 

サイズのバランスや素材のチョイスなど、

 

ありそうでなかった提案にグッときています。

 

今シーズンはブルゾン、シャツ、パンツの3型の提案です。

 

 

 

 

「なんだか良いですね」

 

目の肥えた大人のお客様からも早速そんな感想が届いています。

 

まずは皆様にも共感していただきたい3型。

 

ざっとこんな感じでしょうか。

 

 

 

【SGGM / Loop-top Shirt Flap Pocket ¥24,000- (+tax)】

 

気に入っていた上質なシャツを着込んで洗い込んで、

 

油の抜けたキシっとしたような質感。

 

そんな雰囲気が魅力の綿100%のシャツ。

 

大きな蓋付きポケットはシャツジャケットとしても魅せてくれて、

 

これはきっと使える一枚。

 

 

 

【SGGM / M-17 Poly Trouser ¥20,000- (+tax)】

 

こちらもポリエステルならではの揺れと軽さを備え、

 

夏にはビーチサンダルと、冬には革靴にも。

 

とろみのあるドレープ感が魅力的。

 

シーズンレスで併せていただける便利な一本。

 

 

 

【SGGM / Worker Zip Blouson ¥30,000- (+tax)】

 

シワになりにくく、日常に寄り添った嬉しいポリエステル100%素材を採用。

 

しかしながら、おおよそそう思わせない微起毛のある肌触りや、

 

ウールのそれに似た表情が魅力のブルゾン。

 

収納力に優れたポケットや、程よくふわりとしたサイズバランスにもご注目を。

 

 

 

ブランド自体も、初めて聞いたって方が多いはずですが

 

まずは手にとって、袖を通してご確認ください。

 

写真以上に実物は優秀。

 

これはヘビーローテーションだな、

 

そんな丁度よいアイテムを、ぜひお試しください。

 

 

 

 

 


 

COMMENT









Trackback URL
http://beans1989-1.jugem.jp/trackback/2892
TRACKBACK
SEARCH THIS SITE.