<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
気軽に羽織れるnonnativeのカーディガンは表情も楽しめます。

 

サッとカーディガンでも羽織りたくなる季節。

 

ヴィンテージウォッシュ加工で仕上げられた、USEDのような独特の雰囲気は、

 

デニムやジャケットなんかでは見たことがありますが、

 

カーディガンという綺麗目なアイテムで、この加工感はなんだか新鮮です。

 

ムラだったりフェード感だったり、男心くすぐる味のある一着、いかがでしょうか。

 

nonnative / HUNTER CARDIGAN COTTON YARN VW -Navy ¥24,800-(+tax)

 

 

カットソーやシャツの上から気兼ねなく着れる丁度良い厚み。

 

不安定な気候の中、こんな羽織りモノがあると本当に助かります。

 

光の当たり方で濃くなったりと、この独特な表情をも楽しめちゃう。

 

リラックス感のあるシルエットに、裾はカットオフ仕様。

 

綺麗すぎない、ちょっとした土臭さみたいなものを感じるくらいが、

 

様々なアイテムとの相性が良いのではないでしょうか。

 

朝晩はまだ肌寒かったりするので、ロングシーズン重宝する、

 

nonnativeのカーディガンが活躍するはずです。

 

 

nonnativeの商品一覧へ

nonnativeのGORE-TEXコート。これは最強だと思います。

nonnativeからリリースされた、GORE-TEXのコート。

 

今シーズンは、リニューアルされた、

 

GORE-TEX の PACKLITE PLUS素材を採用しています。

 

いつもと違うのは、防水性に加えて、超軽量、そして柔らかい。

 

固くて、バリッとして、、、

 

アウトドアには良いけど、普段使いしずらい。

 

そんなGORE-TEXのイメージを払拭した、

 

まさにこれからの春先にうってつけの1枚。

 

 

nonnative / SCIENTIST COAT NYLON RIPSTOP WITH GORE-TEX 2L ¥81,800- (+tax)

 

「PACKLITE」その名のとおり、パッカブルできるし、軽量。

 

そんな高素材を携えて、スタンドカラーのコートで登場。

 

ミリタリーコートのような雰囲気がありながらも、

 

スーツの上からなんかも合わせられそうで、ON/OFF問わず着用できる。

 

そういえば、GORE-TEXのコートっていうのもあんまり見たことありません。

 

nonnativeらしさのある、スモーキーな色味も絶妙ですし、

 

なんだか良いところばかりのこの一枚。

 

いざって時に、全身守ってくれますし、これは最強だと思います。

 

 

 

 

 

 

パンツにロンTやシャツに、さらりとこのコートで。

 

パッと羽織れば格好が付いちゃいますし、スペックも申し分無いし、超快適。

 

これだけ優秀な一枚があると、コーディネートを考えるのもサボりがちになりそう。

 

いろいろと細かな機能も備わっていますが、まずは袖を通していただきたい一着です。

 

軽さと、着やすさには、びっくりしていただけると思います。

 

nonnative の商品一覧へ

nonnative×金子眼鏡の間違いないコラボレーション。

毎シーズンのことながら、最高の仕上がりです。

 

眼鏡の名産地”鯖江”の職人が、一本一本丁寧に作り上げた、

 

職人技の光るアイテムだからこその、抜群のフィッティング。

 

少しレトロな雰囲気を楽しめる、ボストンタイプのシンプルなフォルムに、

 

一日中付けていても、ストレスの無い軽さ。

 

間違いなく病みつきに。

 

 

カジュアルにもビジネスにも馴染みやすい、

 

雰囲気を和らげる、知的なクリアレンズと、

 

光をしっかり遮り、日差しや車移動の際の手助けをしてくれ、

 

紫外線を99%以上カットしてくれる、サングラスの2パターン。

 

フレームカラーはブラックとブラウンの2色展開。

 

しっくりくるバランスと言いますか、本当に掛けやすく、

 

様々なヘッドウェアにも良く馴染みます。

 

自然と笑みがこぼれる最高の掛け心地を、ご体感ください。

 

nonnative / DWELLER GLASSES by KANEKO OPTICAL (Black) ¥28,800-(+tax)

nonnative / DWELLER SUNGLASSES by KANEKO OPTICAL (Brown) ¥28,800-(+tax)

 

nonnativeの商品一覧へ

nonnative タウンユースなミリタリージャケットにGORE-TEXを採用。

nonnativeから届いた、無骨なアーミージャケットはGORE-TEXを採用。

 

フードの無いGORE-TEXって、なんだか新鮮に感じます。

 

アウトドアなイメージを持つ高機能素材を、

 

こういった街着で重宝するデザインに落とし込めるのは、nonnativeならではです。

 

防水、防風、透湿性に優れた、非常に高い機能性を持ちますから、

 

蒸れとか気にせず、雨風に悩まされることもありません。

 

 

 

GORE-TEXと聞くと、それなりにボリュームが伴うのかな。なんて思ったりもしましたが、

 

新テクノロジー「GORE-TEX PACLITE  PLUS」を搭載しており、

 

「これ本当にGORE-TEX?」と思ってしまうほどの生地の柔らかさは、

 

コンパクトにバッグへの収納が可能なほど。

 

しかもシワになりにくい素材のため、どこにでも持ち運べてしまう利便性を持っているんです。

 

nonnative / COMMANDER JACKET POLY TAFFETA WITH GORE-TEX 2L -Navy ¥83,800-

 

 

ミリタリージャケットがモチーフとなっており、

 

各所様々なポケットディティールだったり、

 

着脱が楽な、軽い力で外せるスナップボタン仕様。

 

中でも一際注目すべきは、軽さです。

 

ポリエステルタフタ生地を使用しており、上品な光沢感を持ちながら、

 

気軽に着用しやすい軽量な素材。

 

着ていて疲れないというのが、暖かくなるこれからの季節に一番ありがたく、

 

申し分のない高機能素材とあらば、そっと手が伸びそうです。

 

 

nonnativeの商品一覧へ

【迷う季節もどうにかしてくれそうな存在感】nonnativeのコットンセーター

 

 

春夏シーズンのニットが凄く良いです。

 

気持ちいいし、ならではの凹凸ある表情や、生地の落ち感も良い。

 

すでにご覧いただきましたように、さすがnonnativeな、

 

色の抜け方も最高に素敵な一枚。

 

nonnative / HUNTER MOCK NECK SWEATER COTTON YARN VW ¥22,800- (+tax)


 

色も最高ですが、ネックや裾のカットオフされた仕様もちょうど良い。

 

冬から春への移り変わりに、お使いいただきやすいディテール。

 

はっきり言い表せないような、絶妙なトーンの2カラー。

 

何を着ればよいかわからない季節も、どうにかしてくれそうな存在感があります。

 

ニットというと敬遠しがちですが、ロングスリーブTeeや薄いスウェットと思っていただければ。

 

暦の上では春に突入しました、こんな一枚をサラリといかがでしょうか。

 

 

nonnative の商品一覧へ

 

 

【ウルトラスウェードのコンビが、良い】nonnative のフェイクスウェードブルゾン。

本日からスタートしている nonnative の春夏コレクション。

 

生地チョイスの良さや、発色の鮮やかさといった、

 

業界でも随一の良さは春夏こそ強く感じていただけそうです。

 

どうしてもシンプルになってしまう季節に、

 

作りの良さによる説得力を感じていただけると思います。

 

入荷があった中でも、今すぐお召いただけそうな、フェイクスウェードのブルゾンの紹介。

 

 

 

 

ひらひらっとシャツのような軽快感のある素材に対して、

 

袖は重みのあるウルトラスウェードのコンビ。

 

2面性を備えたコンビネーションが、様々な季節に対応してくれる万能さがある一着。

 

シャツのような、アウターのような良い意味でのどっちつかずな一枚ですので、

 

肌寒い今は重ね着に対応し、ゴールデンウィークくらいになったらTシャツの上からさらりと。

 

ロングシーズンの着用を可能にさせてくれます。

 

nonnative / EDUCATOR BLOUSON NYLON TAFFETA WITH ULTRASUEDE ¥58,800- (+tax)

 

 

サファリやハンティングといったキーワードの2019SSシーズンだけに、

 

BeigeとかKhakiといったカラーも気になります。

 

明るすぎない、深みの強いベージュですので、土臭くメンズらしく合わせていただけそう。

 

nonnativeらしい淡いトーンの組み合わせも良くまとまりそうです。

 

スタートしたばかりですが、さっそく誘惑に負けそう。

 

お試しくださいなんて言葉が要らないくらいに、自然と手が伸びてしまう出来栄えです。

 

nonnative の商品一覧へ

【春物の欲が・・】nonnative 2019春夏

本日からスタートした、2019年春夏コレクション。

 

SOPHNET. 、uniform experiment.、 visvimの立ち上げに

 

沢山の皆様にお越しいただき、ありがとうございました。

 

少量ですが、nonnativeからも、春物が届きました。

 

 

ファーストデリバリーは、キャップとTシャツとなりますが、

 

ブランドらしい、鮮やかで美しい色からのスタート。

 

春物の欲を掻き立てる絶妙〜な仕上がりです。

 

昨年の夏も好評だった、6パネルのキャップに、動物のロゴと鮮やかなカラーのTシャツ。

 

ついこの前まで、冬の訪れを楽しみにしていましたが、

 

春らしいこういうアイテムを見ると、早く春が着てほしい一心です・・。

 

店内も毎日少しずつ春物が増えてきました。

 

セールになっている冬物を見つつ、春物もお楽しみください。

 

 

 

nonative の商品一覧へ

 

この厚さだからこそ良い、nonnativeの極上セーター。

 

雪から雨に変わり、冷え冷えとした1日でしたが、

 

屋内は暖房が暖かく、厚着しすぎると暑い...なんてことも。

 

そんな中、こんなセーターが主役級に活躍。

 

厚すぎず薄すぎない生地感が絶妙です。

 

屋内では一枚で、外ではアウターを羽織って...

 

温度調整のしやすい、こんな一着を求めている方も多いのでは?

 

nonnative / HIKER SWEATER W/C YARN -BEIGE ¥29,000-(+tax)

 

素材は上質なコットン×ウール。

 

軽くて柔らかくて...ずっと着ていたくなる極上セーター。

 

柔らかいアクセントの効いたリブもポイントです。

 

端々のみならず、サイドにも。

 

シンプルながら一枚で大人のスタイリングに。

 

着膨れせずに暖かく、重ね着のしやすいセーターが、

 

スタイリングの幅を広げてくれそうです。

 

 

nonnativeの商品一覧へ

 

@1989_line
友だち追加

nonnative 圧倒的な軽さで快適に。

「やっぱり楽なのが一番。」

 

そんな声を耳にしますが、快適な着心地というのは、

 

一度味わうと癖になりますよね。

 

今の時期ですと、重ね着を気持ち良く楽しみたい。

 

軽くて暖かいアウターで、冬のスタイリングを快適に。

 

 

フワっと気持ちの良い、アクリルパイル生地を使用。

 

これが非常に軽くて暖かい。

 

タートルやフード、シャツの上からさらりと。

 

軽量アウターの使いやすさを感じていただけるはず。

 

nonnative / SOLDIER LONG CARDIGAN ACRYL HIGH PILE -BLACK ¥62,000-(+tax)

 

軍モノのライナージャケットが、ベースとなっているこの一着は、

 

ディティールにも抜かりはありません。

 

オールブラックながら、袖口とポケットの切り替えがアクセントに。

 

なによりノーカラーの首元が、

 

これからのレイヤードをより楽しくしてくれそうです。

 

< credit >

Tops : nonnative / SOLDIER LONG CARDIGAN ACRYL HIGH PILE

Shirt : nonnative / OFFICER PULLOVER SHIRT COTTON DOUBLE TWILL

Pant : nonnative / CYCLIST EASY RIB PANTS TAPERED FIT POLY TWILL Pliantex

Accessories : nonnative / HIKER NECK WARMER POLY FLEECE POLARTEC

 

nonnativeの商品一覧へ

 

@1989_line
友だち追加

nonnative ソルジャーコート

 

nonnative の冬物が出揃いました。

 

本日ピックアップする「SOLDIER COAT」は、モッズコートをベースにしつつ、

 

しっかり nonnative らしさを残して現代的にアレンジが加えられています。

 

当時用いられていた生地や機能美はしっかり踏襲しつつ、

 

洋服と合わせやすい雰囲気に仕上がったナイスバランス。

 

今年も様々なタイプのアウターが揃いましたが、やっぱり視線は軍モノに。

 

 

 

 

フードを排除したミニマルなデザインは、

 

今日くらいだとそのままスッキリと合わせられるし、

 

雪降る頃には、フードやネックウォーマーなんかとの重ね技も。

 

ゆったりシルエットですので、気温の低下とともに、インナーで調節していく。

 

この季節から、しっかり真冬まで、そして来春までも見込める一着です。

 

 

真冬の防寒アウターも気になりますが、車移動が多い経験上、

 

さっと羽織れるウェイトのアウターは重宝するはず。

 

軍モノの良さにオリジナリティが加えられ、

 

都会的なレイヤードを可能にする一着。使えそうですよ。

 

nonnative / SOLDIER COAT C/N OXFORD ¥65,000- (+tax)

 

 

 

nonnative の商品一覧ページへ

SEARCH THIS SITE.